ここから本文です

書庫日々の泡

記事検索
検索

平成最後の日、「平成駅」に朝から行列 入場券求めて

4/30(火) 10:39配信 

「平成最後」の空疎な大洪水が終わり、明日からは「令和最初」がメディアや街中に溢れかえるのだろう。

この国では「時代」とは常にお上が決め、民はそれを疑問の余地なく喜んで受け入れるだけの存在でしかないようだ。

米軍基地問題も、原発事故も、疑惑にまみれた政権も、あらゆることが何も変わらずすべて置き去りのままの「新しい時代」とは、一体何が新しいのだろうか。

4/23(火) J-CAST

逮捕されるかどうかと、起訴されて有罪判決を受けて刑罰を受けるかどうかは全くの別問題ではないか。

捜査の一手法にすぎない逮捕自体が、罪を犯した人間への懲罰のように勘違いされているからこのような言われ方をするんだろう。

警察が現場で逮捕が必要だと判断すれば、即座に逮捕していたはずだ。そこに「上級国民」かどうかを確認しているような時間的余裕などない。

とっくに一線から身を引いた旧通産省の一官僚にそんな特別扱いがあるとも思えないが、一度「上級国民だから逮捕されないんだ」と信じ込んでしまうと、それを否定する情報がいくら論理的なものであっても、無根拠で恣意的な理由付けで反射的に拒否してしまうんだろうな。

その一方で、最高位の現役「上級国民」の皆さんが特権をフル活用して身内に優遇の限りを尽くしても、逮捕どころか何の咎めもなく最高権力者であり続けていることについて、彼らは何も思わないようだ。

8万円くれても断る

安倍総理『桜の会』芸能人続々のウラに「招待状8万円」の闇ルート

4/16(火) FRIDAY

毎年満開の時期を過ぎほぼ葉桜になってから行われる「桜を見る会」。
そこに群がるのは、権力者に招待されて喜んで恭順の意を示しに出かける人々、そして招待状を売り捌いて儲ける人々だという。
桜よりもカネと権力が大好きな、本質的に下品な人間ばかりに思える。
自分なら8万円もらっても行きたくない。カネだけはありがたくいただくかもしれないが。

なぜ『ハズキルーペ』のCMは視聴者にインパクトを与えたのか

4/6(土) OROCON

個人的にこのCMにはあらゆる点で嫌悪感しかないが、世間ではそうではない人のほうが多数派であることを再確認した。

小泉Jr.や武井はどうでもいいとして、渡辺謙までこんなのに出て俳優としての価値を貶めないでもらいたい。

これに関連して気になるのが、「本麒麟」のCMだ。
鈴木京香に「おーいしい!」「好きぃ!」と、最近のCMではちょっと考えられなかったベタな台詞を言わせている。

素人が作ったハズキルーペCMの思わぬ好評ぶりに「えっ、これでいいのか!?」と衝撃を受けたプロのクリエーターが、悪影響を受けて開き直ったとしか思えない。

「最近の新人はすぐ辞める」、実は毎年恒例 今の新入社員も20年後には完璧な会社人間に?

4/8(月) THE PAGE


新卒で入った会社は2週間で辞めた。その後に入った会社も1か月くらいで「君はこの仕事に向いてないから明日から来なくていい」とクビになった。
ただ20年後の今も会社人間だとは思っていない。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事