ここから本文です
内房タイムス
昭和な原風景を求めて・・・

書庫全体表示

 
昭和な安房勝山自然公園
 
今回は「昭和的心の遺産を求めて・・・」にて以前投稿しました
「昭和な安房勝山にタイムスリップ」と
「安房勝山竜宮城水族館と勝山遊園地」の続編て、
当時の観光パンフレットと絵葉書から「昭和な勝山自然公園」の紹介です。
過去記事は、こちらをクリック
 
イメージ 1
昭和30年代、勝山町の観光パンフレット
小麦色に焼けた水着姿の女性に、勝山水族館と浮島を配置した表紙はグッドセンス!
 
 
イメージ 2
パンフレットを開くと、当時の観光地図が詳しく描かれています。
  鉄道を境に上側が鳥瞰図で下側が観光案内図になっており、当時の観光施設の様子を
  知る事ができます。
 
 
イメージ 3
勝山竜宮水族館
 大黒山の洞窟を利用し、ガラス張りにした水族館で珍しい魚類の生態が充分に観察出来る
 ようになっていました。入口にある竜宮門をくぐると先ず大きな海亀が悠々と泳いでいた
 そうです。地元の方の記憶では入場料は300円位だったとの事。
  
イメージ 4
 勝山自然公園 海浜とターザン島(浮島) 水族館
 
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 
 
イメージ 5
 勝山自然公園
スポーツランドと大黒山登山エレベーター
 
イメージ 6
 大黒山と佐久間川の中間の広場を利用して大規模なスポーツランドが作られました。
 飛行塔・観覧車・サークリング・ロータリーチェアー・豆自動車・自動木馬・豆汽車等が
 動き子供達に大人気だった。また地元の方の話しでは小動物園も併設されていたようで、
 猿・孔雀・象等が飼われていたようです。またボールを投げて的に当たると鬼が怒る遊具
 も有ったそうです。
 
イメージ 7
 大黒山登山エレベーター
 大黒山は100m程の山で、スポーツランドの横から登山エレベーターも建設されました。
 大黒山の山頂は公園になっていて、ここからの眺めは遥か伊豆の島々富士箱根の連山を
 一望することが出来、その勝景は房総半島に冠たるものです。
 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
 
イメージ 8
 勝山自然公園・パールアイランド真珠島入口  真珠島・海女
 はるばると志摩まで行かなければ見られなかった養殖真珠が房州勝山でも見物出来るよう
 にと、パールアイランドが建設されました。海女さんが海底に潜って採ってきた真珠入り
 のアコヤ貝を 買う事も出来、真珠料理も賞味できたそうです。
 
イメージ 9
 今だから話せますが、実はこの海女さん、本物の海女さんではなくてアルバイトだったそう
 地元の方にこの絵葉書を見て頂いたところ、ああこれは○○さんちの○○ちゃんだと・・・
 実名を聞かされてちょっと驚いちゃいました・・・
 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
 
イメージ 10
 勝山自然公園・海浜大浴場 田子荘   海浜の宿 頼朝荘
  
イメージ 11
勝山海浜公園は夏期限定の営業で、都会からの避暑客で大いに賑わいました。
 海の施設では東海汽船直営の海の家・海岸大浴場・無料休憩所・貸しボート・シャワー
 更衣室・飛込台・海水プール・遊覧船・宝探し等、夜になると納涼大会・地元芸能人の
 手踊り等が催されていたそうで、時には力道山や赤木圭一郎も来ていたとの事。
 
  
 
 勝山の観光事業に敏腕をふるったのは、平田未喜三氏です。平田氏は昭和25年〜29年の
 勝山町観光協会会長時代に、勝山自然公園・遊園地・水族館等の各施設を建設しました。
 東海・東京両汽船会社の支援もあり、勝山は夏期には一大レジャーランドとして、めざま
 しい発展をとげました。 映画俳優として「蟹工船」の船長役も演じた平田氏は、その後 
 鋸南町長となり、テレビのワイドショー等に出演し、個性的なキャラクターで地下足袋町
 長として名をはせました。
 
 
 
 次回「昭和な勝山の風景」に つづく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事