ここから本文です
人生バックドロップ歯科医のアコギでGO!
Stay hungry, Stay foolish (Steve Jobs)

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


今日は、気がつけば5000件以上の訪問件数になりました。学術的なことが多いし、他の記事に支えられている面もありますがこのブログを始めたのは、歯が全身と関連しているという事実を多くの人に知ってもらいたいという主旨であります。科学的な裏付けはまだありませんが、体は正直に反応することを見てもらいたいと思います。今日は、非常にめずらしいと思われる症例写真でチタン、パラジウムという金属の体への影響を紹介します。

 写真1枚目は左下の奥歯の部位のX線写真です、右下の方に白く映っているのがチタンのプレートです。この患者さんは重度の受け口で成人してから外科手術を行って改善しました。下顎を切断したあとに固定するためにチタンのプレートとねじで骨を固定しています。重度のものは健康保険がききますし、入院も2週間程度で済みます。術後に来院してもらって、SLRしてみたところです(写真2)同じ場所で写真を撮りましたので後ろの白いアルミサッシとブラインドの位置と足先の位置をよく見ておいてください。足首が曲がらない、膝が伸びていない所にも注目してください。

※ SLR(straight leg raising 仙腸関節の前屈が起こる。) 痛みやスパズムの再現した角度の確認
  筋肉の緊張や関節の可動域の変化をみるために行う。角度が増すほど体には良い影響があると判断している。

 3枚目の写真は右手にパラジウムという金属の1gのサンプルを持ってもらっています。明らかに2枚目の写真より曲がらなくなっているのがわかると思います。足首も曲がらなくなっています。痛みが強いために左手で合図しています。

※ パラジウムという金属は現在日本の健康保険診療で最も多く使われている金銀パラジウム合金に20%含まれています。ただしパラジウム、銅はアレルギーが起きやすく、ヨーロッパではしだいに使われなくなってきています。10数年前に某大学で金銀パラジウム合金で歯の治療を行った後に血液検査を行ったところ多くの人に3か月程で異常が見られたという研究結果が報告されたことがあるそうです。ところが事が重大だけに、その後の研究は打ち切られ、この件を扱うことは上の人間から待ったがかかったようです。変わりに使える合金が保険診療に見合った低コストではまだできていないからだと思います。それまでは、隠しと通すつもりなんでしょうね。

 4枚目は、チタンのプレートを除去する手術後に来院したときの写真です。90度弱まで曲がり、膝が伸び、足首もよく曲がるようになっています。治療は前回から何もしていません。チタンプレートを除去しただけです。わずかの差なのかもしれないけれども明らかにチタンプレートをはずした方が体は楽になっていると考えてよいのではないでしょうか。チタンが体に優しい金属と言っている研究者の人たちにもこの結果を検討してもらいたいです。パラジウムはもっとひどい材料と言えるかもしれません。すぐに病気につながる訳ではないですが、体は良くない影響を受けています。血流、リンパ液、気の流れが悪くなっていると私は推測しています。インプラントを入れても同じようなことが起きると思います。私がインプラントを中止している理由がこれです。これはあるホームページで見たんで信憑性に欠けるかもしれませんが、インプラントを入れてから8年くらいすると口腔外の臓器に多くの人が炎症を持ってくるそうです。これは血液検査のデータでもわかるかもしれませんが、そんなこと研究されていないか、恐ろしくて公表出来ないのだと思います。これはインプラント治療を止めた元インプラント専門医の意見です。

 細胞レベルで体への影響を実験をしてもダメなことわかります。もっと細かいレベルで体は反応していることになります。これを波動レベルと考えています。今の科学では確認することの出来ない、あらゆる物質が持っている固有の振動とでも説明しておきます。口の中に入れる材料は吟味するべきだと思います。治療よりも虫歯予防を重視するべきという先進国の考えがおわかりいただけるでしょうか。

 この患者さんは前歯に2本被せ物があり、審美的に直して欲しいということでしたが、パラジウムの入っていない金属での治療を希望されたので、自由診療で、体が曲がる用になる金属とセラミックで治療しました。もちろんくっつけるセメントも体が曲がる物を使用しました。

 今後とも皆様の役に立てる記事を載せていきます、訪問よろしくお願いします。どんなコメントでもかまいません、答えられる範囲ですべてお答えしたいと思います。


https://sick.blogmura.com/bone/ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ(文字をクリック)

この記事に

  • アバター

    かずさん、自分はまだまだですよ。ただ勉強している方向性が明らかに一般の歯科医とは違うと思います。歯科治療が人間の体をダメにしていることに気づき、それを改善するには従来の科学的な根拠のある治療方法だけでは解決できなかったことです。波動治療で治療方法がないと言われている難病でも何処かに解決法がみつかるかもしれません。それに向かってこれからもがんばります。

    ♪人生バックドロップ♪

    2007/9/8(土) 午前 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    半年以上前の記事にコメントつけてすいません。
    まさに、そのチタン関係の手術で劇的に体が良くなりました。
    健康と仕事と言う記事で書いているので、なにかの参考になれば幸いです。

    <六> (raipon_92)

    2008/4/26(土) 午前 10:48

    返信する
  • アバター

    六さんこんにちは!古い記事でも、情報として発信してますので、コメントいただいて結構です。チタンの除去で体調が良くなったんですね!インプラントやっている先生にも見て貰いたいと思うので、トラックバックしてよろしいでしょうか?記事楽しみにしてます

    ♪人生バックドロップ♪

    2008/4/27(日) 午後 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    是非トラックバックしてください。
    記事もほぼ書き終えました。
    できるだけ広く認知して欲しいものです。

    <六> (raipon_92)

    2008/4/28(月) 午後 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。5年も前の記事にコメントで申し訳ありません。
    実は、先日ドイツの検査機関に爪ミネラル検査を依頼したところ、チタニウムの値が許容範囲を大幅に超えていました。許容範囲は0.00〜6.00ですが21.88mg/kgでした。昭和の時代にした歯の詰め物や被せものはたくさんあるのですが、ブリッジ、インプラントはしていません。チタンを使っているとしたら、日焼け止めぐらいしか考えられません。チタン以外にも、パラジウム、銀、銅、チタン、ニッケル、アルミニウム、アンチモン、ヒ素、バリウム、蒼鉛、カドニウム、水銀、鉛、すず、ウランなども許容範囲内でしたが検出されました。
    原発事故により、ウランなども放出されていたということをネットで知り(天然由来の非放射性物質も入っているかとは思いますが)心配になっています。(子供の爪からもウランなどが検出されました)
    ブリッジやインプラントなどをしていないのにチタンの値がこれ程高くなるということはあるのでしょうか。先生のご意見をお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

    [ - ]

    2012/2/5(日) 午後 4:50

    返信する
  • アバター

    kooke77777さんコメントありがとうございます。
    どこからきたんでしょうね?
    シャンプー、歯磨き粉、化粧品、調理器具、食器(キャンプ用に多い)眼鏡フレーム、時計ベルト、ネックレス類、絵の具、食品添加物(チーズやチョコレート)薬のカプセル・・・・・
    電磁波障害に気をつけて下さい。

    ♪人生バックドロップ♪

    2012/2/5(日) 午後 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    国産インプラントを入れていましたが、割れて撤去しました。このインプラントはレスキューキットがなく、ネジが壊れたらフィクスチャ―に沿って歯槽骨1mmくらいと一緒にくりぬくしかないというものを入れられていました。大学病院で撤去しました。後、同じようなフィクスチャー2本あります。これはネジは壊れていないので使えると言われましたが、ネジが破損したときを考えたら、この上から入歯をつけてもらう予定にしています。が、こちらの記載文を読み、入歯を入れる前に撤去したほうがいいでしょうか、まだネジがあるのでレスキューキットが使え、左回しで抜くことができるかもしれません。どうしたらいいか、迷っています。こんなインプラントを製造する会社が一番悪いのですが、歯科医も国産とどうして言ってくれなかったのおか、今になってはどうしようもありません。何か良い方法はないものでしょうか。

    [ ]

    2013/1/28(月) 午前 0:09

    返信する
  • アバター

    >maririnnさん
    おはようございます。
    簡単にはインプラントは折れないはずですが、歯ぎしり食い縛りのある方にとってはその限りではないと思います。

    インプラントは清掃状態が悪いと炎症を起こしやすいので、年齢や健康状態を考慮して60歳以降にはインプラントは撤去したほうがよいと自分は考えてます。それまでは定期的に歯科医院に通院して管理して貰って下さい。ただし電磁波過敏症状が疑われる時にはすみやかに撤去することをオススメします。電磁波過敏症は下の記事を参考にしてください。

    http://blogs.yahoo.co.jp/nagatarock614/19828477.html
    http://blogs.yahoo.co.jp/nagatarock614/14376564.html

    ♪人生バックドロップ♪

    2013/1/28(月) 午前 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ご返事ありがとうございます。歯ぎしりはなく、他にもセラミック義歯のインプラントがあるもので、要注意でナイトガードをし、歯がかみ合わないように枕なしで寝ています。割れた原因は炎症をおこし義歯が脱落しネジが壊れたのでそのネジを取るために歯科衛生士が麻酔をかけ、歯茎の中をガリガリかきまわして取り出そうとしたためではと思っています、1年10か月の間脱落を繰り返しそのたびにネジを取り出す作業をされ、歯周炎を起こすと抗生物質を飲み、昨年末、先生にいつまでこの治療をするのか尋ねるとチタンが自然に抜け落ちるまでします、レスキューキットはないと言われ、大学病院で2本骨ごととってもらい回復を待っています。60歳は過ぎています。インプラントは骨にしっかりついているそうです。残りの2本ネジが壊れていないけど、除去手術が大変そうなので、決心がつきません。やはり除去が賢明かもしれません。飛行機によく乗るので電磁波も怖いです。時期を決めるのに迷っていますが、迷いに迷っています。

    [ ]

    2013/1/28(月) 午後 3:15

    返信する
  • アバター

    >maririnnさん
    高齢者のインプラントは歯科医の間でも問題になってます。
    インプラントが入ってる患者さんがたとえば寝たきりや施設に入所している場合に訪問診療をすると口腔清掃に関する物は混合診療にあたり健康保険が使えません。かなりの経済的負担になります。また認知症などになってしまった時にも管理が難しく全身麻酔での撤去ということになりかねません。職業的に取り外し式の入れ歯で満足できない人以外にはインプラントは必要でないと思います。もう少しすれば再生医療の分野から歯を作ることが出来る時代になると思います。

    ♪人生バックドロップ♪

    2013/1/28(月) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    再度のご返事をありがとうございます。早く再生医療が発達するといいですね、さめのようにまた歯が生えてきたら歯医者さん儲からなくなります。これから介護施設に入るとき、インプラント老人はお断りと言われるかもしれませんね。
    インプラント上層部の金属歯を4本はずしています。はずして2か月後体温が36度4分になりました。ずっと低体温で34度前後で内科で食事療法できましたが、インプラント撤去手術のときは36度4分で低温やけどと思っていた腕、肩の豹柄模様がほぼ消えています。これって金属アレルギーだったのでしょうか。any way今は良く眠れています。歯の治療だったのか歯医者さん救済に行っていたのかわかりません。金属も相性があるのですね。

    [ ]

    2013/1/29(火) 午後 1:35

    返信する
  • 顔アイコン

    記事の掲載日から大分年月が経っていますが、コメントに気がつかれましたら教えて頂けると嬉しいです。

    私は病気の対症療法で声帯にチタンが嵌められています。どうも電磁波のアンテナになっている気がして、体調不良に悩まされています。異物が首にある事自体が身体に負担ですけれど、チタンを抜くこともできません。10年物です。

    特にパソコン、Wi-Fi、オーディオ類、動画、テレビはひどく疲れ体調が悪くなります。スマートフォンをやめてガラケーにしようかとも思います。何か、首への電磁波の影響を防ぐ方法はあると思いますか?
    気をつけることを思いつくだけ教えて頂けませんか>_< 削除

    [ みこ ]

    2016/7/24(日) 午後 0:15

    返信する
  • アバター

    > みこさん
    電磁波過敏症の症状だと思います。
    手術で埋め込まれたチタン、口腔内の歯科材料、全身の細胞に取り込まれた金属類等々いろいろ原因が考えられます。オーリングテストの出来る歯科医を受診することをお勧めします。私の所では電磁波対策の製品も販売しています。使った方の感想です。
    http://blogs.yahoo.co.jp/nagatarock614/27447080.html

    ♪人生バックドロップ♪

    2016/7/25(月) 午前 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > ♪人生バックドロップ♪さん
    早速のお返事ありがとうございます。誰に相談していいか分からなかったので、感謝です。
    西洋医学不信なので、この記事の話を書いてくれるような人がいることに、安心します。

    オーリングテスト、実は東洋医学の先生に一度してもらったことがあり、首に反応していました。
    電磁波カットのリップスティック、いいですね。試してみたいです。そんな簡単にカットできるんですか⁉

    又、ガラケーからスマホにしてから体調が悪化したような気がしますが、やはり携帯はガラケーの方が良いでしょうか? 削除

    [ みこ ]

    2016/7/25(月) 午後 1:12

    返信する
  • アバター

    > みこさん
    残念ながら病気を治さないで儲ける医者が多いです。
    恐ろしいことに新たに病気を生むような薬を飲ませています。最近週刊誌でも特集が組まれ相談に来る患者さんも現れました。電磁波は多くの病気と関連があり、腸内環境も悪くなります。ゼロ磁場製品は電磁波をカットする製品ではありません。人体に影響のないように細胞の電子の放出を抑えることができます。

    ♪人生バックドロップ♪

    2016/7/29(金) 午後 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > ♪人生バックドロップ♪さん
    そうですよね。東洋医学という素晴らしい考えがアジアにはあるのに私は無知で、身体に負担を沢山かけてしまいました。

    なるほど、カットの類は試したことがあり隙間など疑問がありましたが、違った視点の製品なんですね。試してみたいのですが、バックドロップさんのお店はどちらにありますか? 削除

    [ みこ ]

    2016/7/31(日) 午前 0:21

    返信する
  • アバター

    > みこさん
    私のオフィスは青森市です。
    大半の方は通販です。
    FAXかメールで注文お願いします。

    ♪人生バックドロップ♪

    2016/8/1(月) 午後 9:56

    返信する
  • 顔アイコン

    > ♪人生バックドロップ♪さん
    通販でお願いしたいと思います。メールアドレスなどご指示頂けますでしょうか?
    よろしくお願いします。 削除

    [ みこ ]

    2016/8/3(水) 午前 10:16

    返信する
  • アバター

    > みこさん
    こちらのブログ記事に連絡先の詳細が出ています。
    宜しくお願いします。
    http://blogs.yahoo.co.jp/nagatarock614/27977151.html

    ♪人生バックドロップ♪

    2016/8/3(水) 午後 0:56

    返信する
  • 顔アイコン

    > 内緒さん
    すべての人にインプランントがダメと言っているわけではありません。職業柄どうしてもインプラントでなければいけない人もいると思いますし、体に問題が出ない人もいると思います。
    歯科インプラントは純チタンではなくほとんどがチタン合金です。チタンを鋳造して製品化できるようになってまだ日が浅くチタンが人体に対してどのような影響があるのかまだよくわかっていないのが現実です。臨床的にわかっているのはもともと患者さんが持っているアレルギー症状が強くなる傾向があることです。インプラントをするなら問題が起きたら外してくれる先生か確認してください。金儲けでインプラントとしている先生が多すぎます。

    ♪人生バックドロップ♪

    2017/4/11(火) 午後 10:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事