ここから本文です
jinsen99のブログⅡ! *NIFTY H/Pサービス無し*
jinsen99雅虎部落格Ⅱ・ 歡迎參觀我的部落格。 **ニフティのホームページは2016/9/13に移行**
イメージ 1

イメージ 1

 今日の花は「時計草と種」
今年六月にアップした時計草は酷暑の最中でも咲き続け全体の色合いこそ薄れてきてるのに実が三つ四つ出来ている。
開花直後に綿棒で受粉を手助けしても実になるのは1割に満たない。
庭で出来たパッションフルーツは味見をしたけれど、この実は試した事は無い。

 英名では十字架に見立てて「パッション(キリストの受難)
 フラワー」と呼ばれます。
 トケイソウ科トケイソウ属の常緑蔓性低木で、
                 英名は Passion flower。



 今日は何の日(皇紀二千六百七十八年八月十日(金))

 記念日・行事・お祭り
●帽子の日(ハットの日)(協同組合東京帽子協会)
●健康ハートの日(厚生労働省、日本心臓財団)
●道の日(国土交通省)
●国民皆泳の日(〜15日、日本水泳連盟)


 歴史上の出来事
▼和同開珎、発行(708)
▼ポーツマスで日露講和会議(1905)
▼警察予備隊令公布(1950)
▼森永製菓、インスタント・コーヒー発売(1960)
▼全米女子アマチュアゴルフ選手権で服部道子が日本人として
 初優勝(1985)
▼韓国の李明博大統領が竹島に上陸(2012)


 今日の誕生日
▼大久保利通(薩摩藩士・政治家・1830)

トピックスはオヤスミして
中日新聞朝刊より「メメント・モリ」の紹介。

 風呂上がりの高齢男性の髪を、ドライヤーで乾かして整える。「すてきですね」「ありがとう」。東京都小平市にある在宅療養支援施設「ケアタウン小平」。市内に住む島本多江(かずえ)さん(59)は、ボランティアでデイサービスを手伝い始めて十一年になる。

 多江さんは二〇〇七年七月十一日、夫の一道さんを五十歳で亡くした。米国に留学して経営学修士(MBA)を取得し、独立して人材斡旋(あっせん)会社を経営していた四十九歳のとき、脳腫瘍を発症した。手術を受け、放射線治療を約五カ月続けたが、主治医は多江さんに「これ以上やれることはない。ご主人との時間を大切にしてください」と告げた。

 断ち切られた希望。「まだ中学生の息子がいるのに、どうしたらいいのか」。それでも現実を受け入れるしかなかった。覚悟を決めたときに思い出したのが、元気だったころの一道さんの言葉。「最期を迎えるときは、わが家がいい」。多江さんは訪問看護を利用しながら、夫を自宅で看取(みと)ろうと決めた。

 市役所でもらったケアマネジャーの名簿を頼って電話をしたが、「そこまで重い症状の方は、うちでは難しい」と口々に断られた。その中の一人に「相談してみては」と紹介されたのが、ケアタウン小平だった。〇五年に開設し、訪問診療や看護、デイサービスで在宅での看取りを支えている。同様の施設は当時、全国にほとんどなかった。

 「これから奥さんも同じチームとして一緒にやっていきましょう」。ケアタウンの医師にそう言われ、多江さんはほっとした。オーストラリアとフランスに留学していた長男と長女は「父さんと過ごす」と帰国した。当時中学生だった次男と家族五人。一道さんは周りのことが徐々に分からなくなっていったが、家族みんながテレビを見て笑っていると、その姿を見てうれしそうに笑った。

 「最期まで耳は聞こえています」。医師の言葉でベッドを囲み、泣きながら「お父さんありがとう」と別れを告げて、一カ月が過ぎたころだ。

 お礼を言うためにケアタウンを訪れた多江さんは、職員に「ご主人、デイサービスでよくこの場所に座っていましたよね」と声を掛けられた。「確かにそこにいた」と思うと悲しくなった。ただ、生前の夫を知る人たちと話をすると、心が癒やされた。ボランティアを始めたのも、施設にいると生前の夫とつながっている気がしたからだ。

 多江さんは週に一度、生前の夫が通っていた水曜日にデイサービスを手伝っている。利用者の送り迎えや話し相手、入浴後の身支度の補助、食事の盛り付け…。「今日のデザートはあんみつですよ」と伝えると、利用者の男性は「子どものころから甘い物が好きで」と、照れくさそうに笑った。

 「夫の命が限られていても、私たちは幸せな日々を送れた」。それはこの施設があったからだと、多江さんは思っている。「今度は自分が」と通い始めたケアタウンの利用者は、かつての夫と同じように死と向かい合って生きている。

*メメント・モリとは
 ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を記憶せよ」「死を想え」などと訳され、芸術作品のモチーフとして広く使われる。



    ーー−−−−−お知らせ&メモ−−−−−−ー
    こちらは、次の更新までのメモ&日記+ぼやき

□平成30年8月10日(金)
  10日午前10時ごろ、群馬県草津町の草津白根山付近の上空を飛行していた県防災ヘリコプター「はるな」が行方不明になり、午後3時ごろ、群馬、長野県境の山中で墜落しているのが見つかった。県によると、ヘリには県所属の防災航空隊員と消防署員ら計9人が乗っていた。
このヘリコプターの機体の破片のそばで8人を発見したということです。しかし、その8人の容体は分かっていません。

2011/7/20。七年前に無線仲間でありゴルフ仲間でも有った一人の友人をヘリ墜落で無くした。
事故調の報告書コピーを今も保存してます。
30年近い付き合いが有ったのに彼の事も一文残して記録としたい
彼は三菱重工関係の営繕会社を父親から引き継ぎ大きく発展させ56歳迄(死亡時)仕事に遊びにと頑張り一人で中国西安へ免許を取りに出掛けヘリポートも新設し指導もしていた。
一年に一度は無線仲間とファミリーを集めBBQと遊覧飛行を楽しませくれた。
時には富山へランチしに行くからとか千葉へ福岡へと誘ってくれもしたが、仕事にかこつけて同乗はしなかった。
事故調の報告書が出てから3年位して全て結着が着いた。
事件性、操縦者特定、保険の問題等々徹底しての捜査だった。
同乗者は激突地から4m操縦者は20m離れた場所で発見され最初は身元確認も出来なかったそうだ。
ボーリングもゴルフも上達はしなくてもイタズラは上手かった。
一緒に家族を忘れ遊び回った彼との思い出。
ある日、突然に来て今から三和へ行くから一緒に来てくれと言い
ポルシェを買うと言い出し初のポルシェだから一番安いナンバーが欲しいと言い出し今ミツビシのデボネアに乗っててコルトを買うのかと云ったら怪訝そうな顔をした。
カレラがイヤならせめて911だよ!
格納庫にはホンダ2000、ダイハツ軽三輪も入って後日911も並んでた。
葬儀の時は、あたかもR・Cの全国大会みたいに各地から機長が
見送りに来てくれた。

 白根山はスキーで行った事が有りヘリと共に目に付きアップ。

□平成30年8月11日(土)祝日 山の日。
 今朝のニュースから
 ヘリ墜落事故。
 九名全員発見され新たに二名の死亡確認計四名。
 ニュースで視る限りでは墜落時に火災爆発は視られ無かった。
 不幸中の幸いと言ってもよい!
 友人の事故では爆発火災が起き二人の身元確認にも時間が掛
 かった。
 五人の方々の快復を心より願ってます。

*九名の方々の死亡が確認されました。
 悔しい思いですがご冥福をお祈りします。

 *明日12日は
日本航空123便墜落事故は、1985年(昭和60年)8月12日、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46が、 ボーイング社の不適切な修理が原因とされる後部圧力隔壁の破損により、垂直尾翼と補助動力装置が破損し油圧操縦システムも全喪失、結果迷走飛行へ陥った末に群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落し、乗員乗客合わせて524名中、520名が死亡した、単独機で史上最悪の航空事故で、史上最悪の墜落事故である。

□平成30年8月12日(日) 日航ジャンボ機墜落事故。

 生々しい状況を取材陣等が記録してます。
 
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49441

 友人も似たような状態で発見されました。
 
□2018年8月13日(月)
 五日には姉と姪っ子達に我が家の四人で坊様に来て戴き家経

 昨12日の午後は少しも涼しく無い集中雷雨に見舞われ珍しく
 停電した。
 この時期の停電で窓は開けられないエヤコンは停まり灯りも無
 しは辛かった。

 十三日は娘夫婦とお墓に出向き墓経を御願いした。
 5日の墓参会は猛暑ゆえ午前の早めに切り上げたい。
 と少し早めに二台の車で出掛けた。
 息子は11日から代休有給含め16連休とかで昨日から奈良県
 と三重県境へキャンプに出掛けてしまった。
 お墓に着いて掃除して墓石も洗い供物を用意して読経を御願い
 して坊様も僕等も汗だくの墓参だった。
 
 その後、喫茶店でモーニングサービス付きの朝食。
 なんと、ソコに無線仲間のEKP御夫婦が居た。
 ビックリの出会いに双方が驚き僕だけ席を移動して話しが盛り
 上がり時間が過ぎるのも忘れ嫁さんに促されて昼食。
 さて、この○○アツイ最中にナニを食べる?三人がソバ〜と
 口を揃え蕎麦屋さんへ向かいそれぞれがナンタラ蕎麦を戴き戻
 り娘夫婦はTVを見ながら仮眠して帰った。

□平成30年8月15日(水)
 日本降伏 -- 終戦記念日
1945年8月15日、満州事変に始まり15年の長きにわたった戦争が終結した。
この日、昭和天皇の「堪へ難キヲ堪へ、忍ビ難キヲ忍ビ、以テ万世ノ為ニ大平ヲ開カムト欲ス」(玉音放送)の詔勅がラジオで流れ、国民に日本の無条件降伏が知らされた。1963年から毎年この日、政府主催の全国戦没者追悼式が各地で行われる。
*この日。
 日本人として「終戦記念日」が正しいのか「敗戦記念日」が
 正しいのか、はたまた感情として受け入れやすいのか?
 
*加齢だ!
 年を重ねると新しい名所に建物群と新製品から目を逸らす。
 小学校入学から就職する迄中区で育ったせいか百貨店は松坂屋
 長じて三越と決まって居た。
 駅前も駅裏も縁が無かった最近の笹島貨物基地跡のホテルへ結
 婚式のお呼ばれに行った位だった。
 今日は靴を買いにデパートへ行こうと嫁さんと出掛けた。
 嫁さんが行き慣れたタカシマヤへ行きたいし僕は何処でも好み
 の靴が有ればと連れられて行った。
 ナント以前に来たマリオットホテル。
 口に合わない有名シェフのフレンチを思い出し25,000円の
 ディナー(馬鹿馬鹿しい)。
 そのビルに入り電動階段で上り紳士用品売り場を探したら7階
 紳士用品は3・4階に有るのが松阪屋。
 明らかに設計と違う通路帯にも出店が並び入り口が狭い。
 好みのマドラスには無くてDAKSのを買った。
 これで用は済んだと思いきや嫁さんはデパ地下へと促し金魚の
 糞、これまた所狭しと出店が有り落ち着かない人出が多いし何
 処も長蛇の列。
 タカシマヤは女性用に設計された百貨店と云うか不動産業。
 長居をしたのか用を足そうとトイレを探して右往左往。
 男用のトイレが地下にも1・2階にも無いけどトイレマークは
 各階に掲示されてても女性用のみで四階でやっと用を足した。
 どの階も混んでて眼を凝らせば狭いし数少なく飲食店の待ち
 合いのイスがトイレ通路にも並び客の気が知れない。
 やっぱり松坂屋の方が僕には合ってる。
 名古屋駅から離れた場所の喫茶店でやっと落ち着いた。
 とんだ終戦?記念日だったなぁ。

□2018/08/16
 

□2018年8月16日
 
 
 
 
 
 
  
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事