ここから本文です
jinsen99のブログⅡ!
jinsen99雅虎部落格Ⅱ・ 歡迎參觀我的部落格。
イメージ 1

イメージ 1

 今日の花は「ラナンキュラス (花金鳳花) 」
寒い時期に一番華やかなラナンキュラス。
大きな花にカラフルな花びら葉っぱはレタスみたいな人参の葉みたいな葉も賑やかな花です。

 ヨーロッパの南東部から西アジアが原産です。
 園芸品種も数多く作出されています。
 大きく分けて8種類有ります。
 和名では「はなきんぽうげ(花金鳳花)」と呼ばれます。
 キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、
              英名は Persian buttercup。




 今日は何の日(皇紀二千六百七十九年二月十五日(金))

 記念日・行事・お祭り
▼涅槃会
 涅槃会(ねはんえ)は、涅槃講や涅槃忌とも称し、陰暦2月15
 日、釈迦の入滅(にゅうめつ)の日に、日本や中国などで勤修
 される、釈迦の遺徳追慕と報恩のための法要である。
 現在では、3月15日に行なわれているところもある。

 歴史上の出来事
▼元明天皇、新京造営の詔を出す(708)
▼清原夏野ら養老律令の注釈書「令義解」完成(833)
▼藤原清衡が平泉に中尊寺を建立(1105)
▼江戸幕府が異国船打払令を発布する(1825)
▼西南戦争が始まる(1877)
▼全日本スキー連盟創立(1925)
▼電子計算機ENIAC完成の報道(1946)
▼婦人警官、誕生(1947)
▼長野冬季五輪、ジャンプ・ラージヒル 船木「金」 原田
 「銅」。スピード男子千 清水2個目のメダル「銅」(1998)

 今日の誕生日
▼一遍(僧・時宗開祖・1239)
▼ガリレオ・ガリレイ(天文学・物理学者・1564)
▼ヘンリー・スタインウェイ(ピアノ製造家・1797)
▼井伏鱒二(作家・1898)


 クローズアップ!

チェリャビンスク州に隕石が落下

2013年のこの日、直径17mの小惑星が地球の大気圏に突入、ロシアのチェリャビンスク州に隕石が落下しました。
1000名を超える負傷者、衝撃波による建物の破損など多数。
落下の模様はインターネットの動画サイトに多数アップされ、世界中で大いに話題となりました。



    ーー−−−−−お知らせ&メモ−−−−−−ー
    こちらは、次の更新までのメモ&日記+ぼやき

□平成31年2月17日(日) 稲沢市国府宮はだか祭り。
 朝、起きて最初に思うのは天気。
 風の有無、強さに温感。
 と、云うのも参加させられた経験が有るから。
 男の厄年は数えで前厄24歳本厄25歳後厄26歳。
 嫁さんとの結婚を決めた年が正に25歳。
 相手の御両親の出身が稲沢市オマケに数ある宿(出発から最後
  迄面倒を見る)役に決まってた。
 更なるオマケが後の義兄(故人)と大親友のN氏と三人一緒に
 参加を決められた。
 アノ時、断れば後の人生が大きく変わったかも・・・
 人それぞれに初体験は数有れど並み居るおじさんおじいさん達
 が並ぶ中でスッポンポンにされ初めての晒し六尺褌を巻かれて
 白足袋姿。
 入浴後とは云え寒いし恥ずかしかった事を今でも鮮明に覚えて
 て、まぁ良い思い出かも?
 宿立ちには、飲めない酒を寒さ予防にと寿司屋さんの大きな湯
 飲みに、なみなみと注がれたのを飲まされ集まった人達約15
 人で難追い竹を担ぎ国府宮目掛け大声でワッショイワッショイ
 と叫び走る走る(寒さから)酒は寒さ対策にはナランと思いな
 がら走り付いた途端に用意された冷水を寄ってたかって浴びせ
 掛けられ神男に触ると厄除けに成ると言われて見ず知らずの
 裸男の群れに飛び込んでみたものの触れず出るに出られぬ状態
 が神殿に神男が運び込まれる迄僅かに思える時空を揉まれ続け
 て、ウヲオッの大歓声が聞こえたら即解散。
 それからは皆の足が速い、早く風呂に入り暖まりたい!
 なにが寒いかと思ったら、白足袋が鼠色に成り重く水浸しの
 状態で足下の寒さ。
 後から聞いた話しでは沿道や神社の周りの家々の二階からの
 見物客が凄い数だった!そうな。
 宿に戻り順番に風呂に入り禊ぎの筈が超温めの湯温度。
 入って気が付いたのは参道に入った時に浴びせられた冷水に
 細かな砂が混じっててソレが揉み合う時に擦れ体中に無数の
 擦り傷。(汲み置き水の入ったバケツで手足を洗った輩のせい
 だ)
 超ぬるま湯でもピリピリと身体に響いた。
 先人の知恵か温い湯温を納得した。
 サッパリとした後にサッパリとした精進料理が用意されてて
 御馳走に成りました。
 今では懐かしい思い出に成ってます。
*神社の発表ですが25万人の人出が有ったそうです。
 
□平成31年2月20日(水)00:54時頃スーパームーン。
 
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事