全体表示

[ リスト ]

地雷覚者の憂鬱

イメージ 1

「ぼっち飯」が染み付き過ぎて、誰かと一緒に食事をすると挙動不審になる地雷覚者です。

虹猫様をリスペクトして、画像から入ってみました。

さて、リアルでも「ぼっち」、DDONでも「ぼっち」と、安定の地雷覚者ですが、今日はクランのことを少々書こうかなと思います。

こんなことを書くと、地雷覚者は孤独好きと思われるからもしれませんが、そんなことはありません。リアルでもお友達ほしいし、DDONでも同じです。

リアルのほうは、ちょっと大きなライフイベントがあり、それが原因で元々の友達が足遠くなってしまったので、多少仕方ないかなと思うのですが、DDONのほうは普通に仲間はほしくて、クランにも入っているのですが・・・

このクランが現在、絶賛大過疎中でして、若干途方に暮れているというのが正直なところなんですよね。

私が入っているクランは、いわゆる「エンジョイクラン」と呼ばれる部類になるのかと思います。「みんなで楽しく遊ぼうぜ」的なクランですね。

私が加入した頃は、5人ほどの少人数でしたが、イン率は高く、クラン会話も多くて、なかなか楽しかったのです。私が加入したときは、1.3のときで、私はまだレベル上げの最中で、他の4人はすでに60になっていたので、直接一緒に何かすることはなかったのですが、クラン会話がにぎやかだと、それだけでも楽しいものですよね。

ところが2.0になった頃、クランメンバーの1人がインしなくなってしまいました。その頃、ようやく私がファイターをカンストしたので、頭数だけは、最低限のことをクランで挑めるようになっていましたが、緑職が他にいなかったため、色々と制約を感じながらのクラン生活でした。

そして、ついにクラマスが失踪。その後、クラマスを他のメンバーに引き継がせることには成功したものの、今度はその人も失踪・・・という感じで、ついにインするのは私だけの状態になってしまいました。

他のクランに移ることも考えているのですが、まずは地雷を卒業しないことには、どこにも拾ってもらえないと思うので、いまはほぼ空き家となったこのクランで、地雷脱出を図っております。

話としては、よくある「過疎クランの終焉」なわけですが、当事者になるとやはり物悲しい部分はありますね。オンラインゲームなのに、挨拶する相手もおりません。

このブログを読んでいらっしゃる覚者の皆様も、それぞれにクランに加入されていると思いますが、ご自身のクランがうまく運営されているのあれば、クラマスの方に感謝しましょう。ご自身でクランを運営されているのであれば、色々とメンバーには見せられない苦労もあろうかと思いますが、頑張ってくださいませ。

地雷覚者も、いずれかは仲間のいるクランに巡り合いたいと思っておりますが、いまは下積みと思い、しばし辛抱しようと思います。



僭越ながら、ランキングに参加しております。よろしければクリックをお願い致します。
↓    ↓     ↓    ↓     ↓
https://game.blogmura.com/dd-on/ranking.html ←にほんブログ村 ドラゴンズドグマオンライン

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事