川尻陽平 世界選手権を目指す!エンジニア・アスリートの陸上日記

プロジェクト経緯については、書庫「プロジェクト発足の経緯」をご覧下さい!

全体表示

[ リスト ]

東京国際女子マラソン

東京国際女子マラソン。見ました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000934-san-spo

ちゃんと見たのはラスト5kmくらいだけだったんですけど
野口みずき選手、強いですね。たまげました。

「野口 vs 渋井」の対決が注目されていましたが
終わってみれば野口選手の圧勝。
すごいスパートでした。あの上り坂をグイグイ進む感じがたまりません。


今大会のニュースを色々な媒体で見て、まず出てくるのが
「自分しかできないトレーニングをやってきた自信がありました」
という言葉でしょう。

サンモリッツやら昆明で合宿をして月間1200kmも走ったそうです。
一日平均すると…
毎日ほぼフルマラソン!?
驚愕の数字です。


でもそれだけ走ったから生まれてくる自信があり
その自信が合ったから渋井選手やコスゲイ選手の揺さぶりにも着いていけて
上り坂でのスパートも光ったのでしょう。


逆に渋井選手の敗因はなんだったんでしょうか?
直前の会見では調子も良さそうで、練習も積めてきていたようですけど。。

やはり野口選手を意識して前半行き過ぎたのか、後半ガクッと失速してしまいました。
五輪王者は気になったんでしょうか!?
そりゃあ気になりますよね。
厳しい言い方をすると、野口選手が気にならないほどの自信が持てなかったということです。
といっても、私の勝手な予想ですけど。


結局、王者を倒すにはそれ以上に練習を積むことが必須で、
でも王者は誰よりも練習しているからトップにいるわけで、
どんあ練習をしたか、どれだけ練習したかが勝負を分けるんですね。
レース前からもう勝負の大半は決まるのです。

ロードは今がシーズンなので、夏の練習が物を言うのでしょう。
トラック&フィールドは冬季練習が勝負の分かれ目なんですね。
ここで一番頑張った人が夏に笑える。
そう考えるとモチベーションがグンと上がります!!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事