立ち上れ、私!のブログ

自立に向けて、ブログ始めました!
少しですが減りました。
イメージ 1イメージ 2













目標体重まであと−2.8キロ。がんばれたら良いな…

この記事に

開く コメント(0)

変化はありませんでした。
イメージ 1イメージ 2













目標体重まであと−3.2キロ。やる気が欲しい…

この記事に

開く コメント(8)

5月19日のおでかけ

5月19日の土曜日は、Whiteさんが私の住む県に来てくれて、私と私の両親とWhiteさんの4人でおでかけをしました。

風は強かったですが、朝から良く晴れていました。
Whiteさんに私と私の両親が前に行った隣の県にある大きな橋のことを話すと、

Whiteさんは行ったことがないということだったので、行くことになりました。

車の中では、Whiteさんが勤めているところで日曜にソフトボール大会があるという話しを聞いたり、金曜に放送されていた「かぐや姫の物語」の感想を話し合ったり、最近描いたイラストを見てもらったりと、おしゃべりを楽しみました。

大きな橋の側に着くと、お昼まで自由行動ということで、私はWhiteさんと一緒に橋を渡りました。

橋の真ん中にベンチがあり、そこでWhiteさんが私に見せたいと前に電話で話してくれていた動画をWhiteさんのスマホで見ることができました。
動画は一組のカップルが出会って結婚を迎えるまでの写真を順に追って見せるプロモーションムービーで、何と「君の名は。」の瀧くんと三葉ちゃんのナレーションが入り、「前前前世」のBGMが流れるという仕様になっていました。
Whiteさんは「君の名は。」がブームになる前から新海誠さんの作品のファンだったそうで、「君の名は。」が公開されたときに、私と一緒にぜひ観たいと言ってくれていて、お付き合いを始めてから2回目のデートで一緒に観ることができ、私にとっても「君の名は。」は思い出のある映画で、動画を見て二人で「良いね〜」とテンションが上がりました。

橋を渡ったあと、展望台への階段を上って、橋と海と山の眺めを楽しみました。近くの広場を「何もないねー」と言いながら、ぐるっと一周歩きました。

お昼は4人でバイキングのお店でいただきました。私はお寿司、チャーハン、たこ焼き、じゃがいもを蒸して丸めて茹でた感じの料理にデザートはソフトクリーム、いちご、オレンジ、キュウイ、マロンの4種類のプチケーキを選びました。どれもおいしかったです。

それから車で少し行ったところにあるテーマパークに4人で行きました。

そこでも自由行動となり、私とWhiteさんの二人でパーク内をいろいろ見て回りました。

きれいに咲く花を背景に写真を撮ると、人物と背景がそれぞれくっきりと写って、「合成写真みたいだね」と言って笑いました。
ホラーやバンジージャンプのVRを体験したり、大画面で地球の美しい自然や宇宙旅行を体感できる映像を見たり、観覧車に乗ったり、パーク内の運河を水上バスに乗って渡ったり、ステージで踊っているダンサーを見ながらまねてみたり、気が付けば夕暮れになっていました。

携帯で両親に連絡をして合流し、パーク内のレストランでカレーをいただきました。

レストランから出ると日が暮れていて、イルミネーションがあちこちで灯っていました。「きれい」、「昼間と全く違う顔になるんですね」と、驚きながら見て歩きました。

パーク内の橋を渡ろうとしたとき、運河にライトアップされた噴水が上がり、音楽が流れ出しました。しばらくするときらめく電飾を点けた水上バスがゆっくりとやって来て、橋の下を通って行きました。「ちょうど良いタイミングで見れて良かったね」と、みんなで喜びました。

帰りの車の中でも、Whiteさんとたくさんお話しをすることができて、とても、とても楽しい一日でした。

貴重なお休みの日に私の住む県へ来て、一日を一緒に過ごしてくれたWhiteさんと、この日の計画を立てて、車を運転してくれた両親に感謝、感謝です。

この記事に

開く コメント(6)

少し増えてしまいました。
イメージ 1イメージ 2













目標体重まであと−3.2キロ。夏にプールに行こうという話が出てきていて焦ります;どうしよう…

この記事に

開く コメント(10)

昨日のこと

昨日はWhiteさんに会いに、一人でバスに乗って、隣の県まで行って来ました。
バスに乗って少ししたところで、Whiteさんからメールがあり、Whiteさんは朝に勤め先から電話があって、少し待ち合わせの場所に着くのが遅くなるということでした。

待ち合わせの時間より15分ほど過ぎたころ、Whiteさんが急いだ感じで走って来てくれました。
「おはよう」と挨拶を交わして一緒に少し歩いたところで、Whiteさんが「あれ、何か怒ってませんか?昨日の電話で失礼なことを言ったりしてたら謝りますから」と、私に聞いてこられました。

本当なら土曜日に、Whiteさんが私の住む県へ来てくれて、私の両親と一緒に車でおでかけをする予定になっていたのですが、直前になってWhiteさんが土曜日に出社しなければならなくなったということで、変わりに日曜日に会いましょうとWhiteさんが提案してくれたのですが、日曜日には私の両親の都合がつかなかったため、私が一人でバスに乗り、Whiteさんの住む県に行くことになったのです。
正直なところ、一人でバスに乗るのはまだ不安なところがあります。なので、Whiteさんがこちらへ来てくれて会う方が気持ちが楽なところがあります。そのあたりのことが、私の態度を不機嫌にさせていたのかもしれません。

Whiteさんは人の微妙な心の変化を感じ取る能力の高い人なんだなあと感心し、気を使わせてしまったことを反省しました。

この日は母の日で、私が母へ贈るプレゼントを買いたいと伝えると、Whiteさんは快諾してくれました。
電車に少し乗ってデパートに行き、あちこち探してみたのですが、決めることができず、今度はバスに乗って、ショッピングモールへ行きました。
そこで大きさも重さも母が使うのに良さそうな手提げのバッグを見つけました。花のコサージュを持ち手の付け根のところに着けると可愛いと感じたので、合わせて買うことにしました。コサージュ代はWhiteさんが「出しますよ」と言ってくれたので、甘えさせてもらいました。

お昼はバイキングのお店に行きました。Whiteさんと私では、最初に選んで持って来たお料理がピザしか一緒ではなかったことに少し驚きました。応援している野球チームの試合の速報をWhiteさんのスマホで一緒に見ながら、バイキングのお料理を楽しくいただきました。

それからショッピングモール内をいろいろ見て回って、カフェでゆっくりして、バスターミナルへ向かうバスに二人で乗りました。 バスの中で、Whiteさんのお母さまへのプレゼントをWhiteさんに渡しました。
バスから降りると、雨は止んでいました。

「またすぐに会えますよ」と、私が帰りのバスに乗るときに、Whiteさんが言ってくれました。

夜に、Whiteさんのお母さまに贈ったプレゼントについて、「(Whiteさんのお母さまが)Purpleさんのイメージみたいな素敵な色のプレゼントで、とっても喜んでいました」と、Whiteさんからメールが来ました。メールには、この日のデートのことを、「すごく愛しい時間だった」と書いてくれてあり、さらに、「将来ももっと一緒に幸せな時間を過ごせたら嬉しい」と書いてくれてあり、私はとても幸せでうれしい気持ちになりました。本当にすてきな方と出会え、お付き合いを続けさせていただけていることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事