さて、開催まであとひと月ほどとなってまいりました。
気になる最寄駅より会場までの道のりをご紹介。
迷える方は迷う前にこちらをチェック!



この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


















写真:山下一夫

アミジロウ
俳優、ダンサー。俳優のたしなみとしてクラッシックバレエを学ぶが
身体は硬い。2005年頃からコンテンポラリーダンスを始める。
バー弓子、FOuR DANCERSなどのダンスイベント、Monochrome Circus、
schatzkammer の作品などに出演。
劇団ステージタイガー所属。小劇団への振付やワークショップの講師なども
行っている。

この記事に

開く コメント(0)

フード担当 島貫真実

イメージ 1

写真:石川耕平

島貫真実
「余白食堂」として京都を中心にケータリングを行う。
季節ごとの食材を取り入れた身体に優しい食事を届け、
作り手と食べ手との間に生まれる”余白”に新しい可能性を
見出しながら活動中。


初めてのじゅんじゅんSCIENCEとのパフォーマンスの時から
フードを担当してもらっています。もちろんお仕事内容については
事前に知っていたのですが、それでも会場に持ち込んだフードを
見た時の衝撃は忘れられず。個々のクオリティもさることながら
豊富なメニューに驚きました。確か15種類だったと思います。
しかも二日目はお昼のステージということでガラッとメニューを
変えてきた。こちらの予想をはるかに超えてこられます。
そして全てが美味い!今回も大いに楽しみにしています。

アミジロウ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

川井美奈
幼少より踊り始める。渡米、渡欧を繰り返すなか様々なダンスを
学びながら、多数のパフォーマンスに参加。
GYROTONIC?︎GYROKINESIS?︎ メソッド、VFP?︎セラピーの提供、
指導者の養成をはじめ、振付、演出等も行っている。
自身の作品のオブジェの製作も始め、様々なジャンルでの表現を
していこうとしている。
White Cloud Kyoto 主宰。


京都で踊っているうちにワークショップなどでいつの間にか
知り合いになり、気がつけばこうしてご一緒させてもらうように
なりました。会場である White Cloud Kyoto のオーナーでも
あるわけですが、ここはいつ行っても細かいところまでお手入れが
行き届いており実に快適。こういうところは踊りにも滲み出ており
素敵だなぁとほっこりしております。
また作品に自作のオブジェを用意するなど身体だけではない
表現スタイルも魅力。今回も楽しみです。

アミジロウ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ネコ ザ ポンティ
踊ったり、映画みたり、けっこう笑ったり、料理つくったり、演じたり、
冷たくあしらったり、マンガ読んだり、少し泣いたり、縄跳びしたり、
待ったり、待たれたり、教えたり、ハッとさせられたり、
足りたり足りなかったりしながら過ごしています。


僕が所属する劇団の後輩として出会いました。高校時代は合気道部の部長を
務めたりしていたそうですが、出会った時は総合格闘家でした。
僕の主催する森川弘和ワークショップに参加したところ踊りに目覚め、
以来高い身体能力を活かしてじわじわと活躍の場を広げていっています。
また一方で俳優としても映画に舞台にと忙しく動き回っています。
実は結構なインテリで後輩と言いながら教えられることも多いです。
力強さと繊細さを併せ持った動きと飄々とした雰囲気が魅力。

アミジロウ

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事