地震くるみる■規則微動停止→静穏期間→発生■地震参考情報

危険度カラー◆緑=低/黄=要注意/オレンジ=警戒/赤=厳戒◆twitterアカウント@kurumiru_michi

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全783ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

平成29年06月20日23時31分 気象庁発表20日23時27分頃地震がありました。
震源地は豊後水道(北緯32.9度、東経132.1度)で、
震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は5.0と推定されます。(気象庁)
最大震度5強
有感地震は前日の21時台を最後に停止していて
地震発生まで1個もなく日付を変わる勢いだった。
微動も全くなく静穏そのもののなかから発生したが先だって

18時30前後に、立っているときにふっと瞬間、軽く沈む感覚
19:49,68秒微動が出て続いて91秒微動が出た。
20:15,9秒微動がひとしきり繰り返した、多分15回。

これらの動きが地震発生前のラストワンという、一時的な復活の現象とも。

▲【B79】停止21日目【B66】停止24日目【A9】停止9日目 の厳戒期間内の発生。
この地震は瀬戸内海を陸域とみなすとして【A9】領域、と推測。
したがって海域大型地震の領域【B79】【B66】の厳戒は継続。
海域大型地震に警戒をつづけたほうがよい。
今回の地震は海域大型地震に先行する陸域地震と推測。
大雨のこともあり、微動が長期にわたって継続した上に
震度5強を観測したことも考慮すると、山腹の崩落などの危険性は高まっている、
大型地震に先行しての崩落現象も発生しやすいと考えますので、
山間部の通行には要注意。

今朝からは200秒微動が1回出た以外は静穏のまま。
引き続き警戒を続けます









この記事に

昨日、19日、グリーンランドで地滑りによる津波が発生し、
四人が行方不明。大きな地震があったわけではなく
地滑りの跡が発見されたということにとどまる。

発生地点付近ではさほど大きな地震が発生するようなところではなく
地滑りの原因もよくわかっていない。
このあたりでは氷山や氷河の崩落でも津波が発生することがあるが
いずれにしても崩落現象があったことは間違いない。

氷山は気温の変化で崩落することがあっても
地滑りそのものは地殻変動の可能性もあるのでは、と。

翻って国内では66秒微動がすでに24日停止を迎えた。
79秒微動も21日目で、大きな地震が発生するなら
このくらいの時期だろうかというところに来ているが
今のところ目立った家鳴りなどもない。
おおむね静穏が続いている。

静穏が続いているということが重要で、
新たな微動が発生したり次の地震に向けての動きが
「出てきていない」ということは、
詰まっていて身動きできない状態、と推測する。

ここまで溜めると相当規模になってくると考えなくてはならない。
とはいえ、日本近海でM6レベルの地震が頻発しておらず
その意味では最大で海域M6.6程度までに収まるのではないかと。

ただし、重い家鳴りが出たりM6地震のあとにさらに強く重い微動が出るなら
後続が大きいことも。

もう少しの間警戒しつつ様子見。

















この記事に

6/12■M6.3ギリシャ東部
6/14■M6.9グアテマラ

ギリシャ(トルコに近い)の地震では多くの建物被害、1人が死亡とのこと。
この地震の兆候としてか、
次のようなツイ記録がある
================
23:48、ミシ、と粘る家鳴りから明瞭な9秒微動が1回きり。
家鳴りがするから、1回きりでも海外ではないのか。
あるいは1回きりなので海外の大型地震の兆候だけど、
台湾やフィリピン、インドネシアだとかでのかなりの大型なのか。
(でも衝撃波のような微動とは違ったし・・・)

posted at 23:50:48
========================
家鳴りがなければ「トルコ以東フィリピン以西」という領域での
被害地震の予測を確信を持って発信できたはずなのに
漠然と日本に近いのかと判断してしまった。
今後は海外地震のケースでは家鳴りを重視しすぎない方向にしたい。

今日6/14にはグアテマラでM6.9地震、これはわりと深かったようですが
被害のほどはわかっていない。
6/13におおむね静穏の中から1回だけ79秒微動が発生。
=================
16:23,いまゴ、ミキ、などと数回家鳴りを伴いながらの79秒微動。何日ぶりだか。
posted at 16:25:44
========================
今考えるとこの79秒も一回きりなのでグアテマラの地震の
兆候であったか、とも。

これらの微動がおおむね静穏のなかから不意に1回だけ出ているのが特徴。
このほかに9秒微動までが停止局面に入った。
今日で停止3日目。高知中部でM4.4地震、最大震度3もあって、
ここ岡山で震度2となり久々の自身の有感となった。

まだ厳戒は継続中。3つもの微動が停止局面。
いまいちど防災点検を。










この記事に

6月9日に橘湾でM4.2の地震で震度4を観測(気象庁)
その前日の8日から、この地震を含め、今日11日までの4日間に
M4クラスの地震が8個に達していて、
わりと活発な状態で推移している。
発生場所は北海道から西は西表島付近までと広範囲。

この状態ならM5クラス地震が普通に発生するレベルで
M6地震もありうるくらいですが今のところそうした地震はなく
また停止中の微動の再発も全くない状態。
9秒×15回の微動だけがスポットで出続けている。

詳しいツイッター記録はまたUPしますが
阪神大震災の微動停止も少なくとも20日間に及んでいたこと、
東北巨大地震も継続カウントで停止22日目あたりの発生であったことを
忘れないでおきたいところ。








この記事に

今朝は千葉東方沖M4.7で震度3の地震があったが
それ以上の動きはほとんどない状態。
微動も低調で、おおむね静穏続き。
ただし9秒の微動と思われるものがスポットで不明瞭に出ている様子。

停止期間が長くなってきたので規模としては海域の大きな地震の可能性も。
静穏すぎてそんな地震が発生する気がまったくしないのですが
淡々とカウント。

この記事に

全783ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事