全体表示

[ リスト ]

BBC Newsは2014年01月23日に、イギリスの科学者によれば、世界で最古の確認できた生きている癌は、11,000年までさかのぼることができたと報告した。

それは単一の犬の中で発生し、連れ添う場合に、動物間で感染する癌細胞と共に、犬歯(canines)の中でその後ずっと残存した。

ケンブリッジの近くのウェルカム・トラスト・サンガー研究所(Wellcome Trust Sanger Institute near Cambridge)が率いるチームは、癌のDNAを解読した。

それは、最初にその病気にかかり、古代の殻の類似の犬の「遺伝アイデンティキット(genetic identikit)」を明らかにした。

「我々は、なぜ特にこの個体が伝達可能な癌を生じさせたか知らない。」と研究主任エリザベス・マーチソン博士(Dr Elizabeth Murchison)が言った。

「しかし、それは、そのうちにふり返って見て、かつ古代の犬と同一性を改造するために魅了している。そのゲノムは、現在も、それが大量に産んだ癌細胞として、まだ生きている。」

研究された癌は非常にまれで、2つの既知のタイプだけの疾病のうちの1つとして、両方とも動物の中で、それは性的に伝達可能であった。

おそらく、その後、それは探検家と航海に同行している犬によってもたらされ、過去500年に世界中で広がった。

それが、癌細胞というのが,実に興味深い。
癌を退治するのが,どれほど大変かが明確になった。

http://time-az.com/main/detail/43846

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/36/86/5649fa76f109933a5f5dadf2daa8768d.jpg  

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事