奈良から明石海峡大橋

[ リスト | 詳細 ]

奈良から ハルカス 明石海峡大橋
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

2015年10月25日 京都府木津川市山城町 三上山(さんじょうさん)標高473mから80km離れた、明石海峡大橋へ沈む夕日です。

イメージ 1

夕日が小豆島に掛かった瞬間、海面が光り出し浮島状態になりました。
撮影場所の条件次第では、明石海峡大橋のバックにダルマ夕日!という写真も撮影できるかも知れません。
イメージ 2

決定的瞬間を動画でどぞ!↓

イメージ 3


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2015年9月29日 十三峠から明石海峡大橋とコスモタワーの後ろへ沈む夕日の撮影に成功しました。
雲一つ無い最高条件での撮影です。
正確な場所は十三峠から北(生駒山方向)へ500m移動した所です。

イメージ 1

 
動画です↓                                              


イメージ 2


この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

2015年9月27日と28日、半日違いで同じ場所から、明石海峡大橋へ沈む夕日(27日夕)とスーパームーン(28日朝)を撮影しました。
撮影場所は信貴生駒スカイラインの立石越付近です。

肉眼では殆ど見えませんでしたが、パソコンで画像解析をすると写っていました!
激コントラスト調整をしたとはいえ、奈良から明石海峡大橋と満月が超望遠レンズ内に収まったのは初めてです。
イメージ 2

明石側主塔へと沈むスーパームーンです(9月28日朝)
イメージ 1

イメージ 3


淡路側主塔へと沈む夕日(27日夕方)
イメージ 4

イメージ 5

どちらも完璧とは言えませんが、両方カメラに写ったのは奇跡です!
イメージ 6

イメージ 7
                                                         ↑ カシミール3D

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2015年9月14日 奈良県天理市 龍王山から78キロ彼方の明石海峡大橋の後ろに沈む夕日です。

思えば 私の遠望撮影の原点の地であり 関西から富士山撮影の基礎はこの場所で培われたと言っても過言ではありません。

よく奈良からの富士山と明石海峡大橋の撮影は どちらが難しいですか?
と聞かれますが 太陽を重ねた撮影に関しては全く同じ条件で見えます。
太陽を重ねずに普通に撮影する場合でも 少し富士山の方が見えにくい程度です。

イメージ 3

                                                ↑画面クリックで動画サイトへ移動
反射望遠レンズ1000mmの大迫力映像です。
橋の上を走る車や海上の船の動きが面白いです。

イメージ 1

イメージ 2

今シーズンの奈良県内陸部から見られる 明石海峡大橋の夕日撮影は龍王山が最終ですが これから奈良/大阪県境の生駒山系や大阪中心部の高層ビル(あべのハルカスなど)から明石海峡大橋へ沈む夕日が見られます。

主な撮影場所

十三峠 9月27日/28日/10月1日(真後ろ)

あべのハルカス展望台 10月1日(真後ろ)/5日(淡路側主塔は小豆島の島影で少ししか見えません)

生駒山山頂 10月6日/7日/(10日の淡路側主塔は小豆島の島影でシュルエットになりません)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年の奈良から五山の送り火は、天理市のいつもの山(龍王山)からです。
本当は別の場所から撮影予定でしたが、天気が微妙すぎて断念しました。
イメージ 1

悪条件と思いきや?!肉眼で57km先の舟形が確認できる好条件!
写真にも確り写っています。
やはり撮影は行ってみないと分らないものです。

舟形万灯籠
イメージ 2

左大文字
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事