おゆみ野自転車共生会議

自転車で暮らしやすい街をつくろう

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

通行実験結果報告

今日は、昨日ほど暑くも無く、穏やかな一日でしたね。

おゆみ野の街では、つつじが満開です。
花の蜜を吸って、遊んでいる、子ども達の姿が、
あちこちで見られます。今も昔も変わりませんね。

 連載第二回目は通行実験を行うまでの経過について、
簡単に記してあります。では、どうぞ!

********************

【1】通行実験に至るいきさつ。

 市営鎌取駅駐輪場の再整備につき、
おゆみ野住人として、市に施策提案することを目的に発足したおゆみ野自転車共生会議であったが、
その後、遊歩道の放置自転車についての課題を追求する中、
遊歩道において、歩行者と自転車との接触事故の懸念にたどりついた。

 特に危険と思われる個所は、泉谷小学校と泉谷中学校との間の「なかの道」で、
登校の時間帯における、両校の登校生徒と、鎌取駅に向かう通勤通学の人たちとの錯綜が、
最も危険であるとされた。

 当会は遊歩道においての通行ルールを探ってみたが、
前述の通り、道交法でも補完できるものではなく、
従って、遊歩道に当てはまる、新たなルールの策定に迫られた。

 長い議論の結果、当会は「遊歩道通行ルール」を考え出すことが出来た。
ルールの内容は「歩行者は右側相互通行。自転車は中央を走行」とした。

 そこで「遊歩道通行ルール」について、おゆみ野地区自治会44連協に問うてみたところ、
危険個所について通行ルールを実施してみた上で、
より認められやすい形で少しずつ浸透させてはどうかとアドバイスを受けた。

 こうしたいきさつで、「おゆみ野地区遊歩道四季の道」の「なかの道」において、
登校時間に歩行者と自転車との棲み分け通行実験を行うことにした。

*********************

さあ、次回はいよいよ実験箇所について、具体的な記述に入ります。

「なかの道」の通勤通学時間帯、泉谷小中学校付近の、様子は、
いったいどうだったでしょうか?

次回をお楽しみに!

しみず

通行実験結果報告

みなさま、
しばらくご無沙汰しており、申し訳ありませんでした。

前回、予告していましたとおり、
通行実験の報告書内容について、ようやく準備が整ったので、
連載を開始いたします。

今か、いまかとお待ちになっていた皆様には、
大変お待たせして、スミマセンでした。

ブログの体裁も、赤壁の・・・に変えましたので、ご勘弁を。

では、第一回目です、どうぞ!

***************************

本計画はおゆみ野自転車共生会議が、平成20年6月下旬に実験計画を発表し、
同年7月上旬に実施しました。

このたび実験結果の詳細をまとめましたのでご報告いたします。
本実験実施に当たり千葉市緑土木事務所様には、
おゆみ野地区四季の道の使用に付きご了解いただいたこと、
資材の貸与をいただいたことに、この場を借りて深く御礼申し上げます。

                 記

はじめに

 本実験の結果、おゆみ野地区四季の道(以下、遊歩道と称する)において、
歩行者と自転車との棲み分けは可能であることが判った。

当会としては、全国的に問題となっている歩道での歩行者と自転車の事故増加が、
おゆみ野地区の遊歩道でも発生し、
さらに歩行者と自転車との対立に発展しかねないことを懸念している。

したがって実験の結果をふまえ、遊歩道の安全、事故防止をはかり、
遊歩道を利用する全員の共生を図るために早急に対策を実施することを強く望むものである。

 実施すべき事項は次の通りである。

 〕景眛擦砲ける通行方法ごとの通行場所の確立と文書化。

 隣に車道が隣接しない遊歩道の構造においては改正道交法でも、
歩行者、自転車の通行場所について明確にならず、
現在の錯綜状態に明確な回答を与えるものではない。

 従って未然に事故を防ぐ意味と、不幸にして事故が発生した場合のためにも、
通行場所についてルールを明らかにしておく必要がある。

◆ヽ惺刺婉瓩猟鵡埆乎羃媾蠅砲いて通行表示、通行標識を設置すること。

 本実験の趣旨でもあるが、登下校時の通行集中に的確に対処するために有効なことは、
白線等による通行位置の明記である。
 通行する児童・生徒達にはあわせて交通ルールを実践する、場所、機会を創出することになり、
ひいては法の遵守意識を涵養することも出来、
将来、一般道を通行する時のためにも重要な学習機会である。
 また、現在の様な自転車の無秩序な走行に対処するためにも必要である。

 遊歩道の不規則な構造を持つ場所について通行表示、通行標識を設置すること。

 狭隘部、トンネル、橋、車道を横切る場所、ロータリー状の地点、不規則な形状の交差点において、
通行位置を明示し事故を未然に防ぐ措置をとるべきである。
 そのためには路面表示、通行表示が有効であることは実験結果で明確である。

ぁ〕景眛纂回部において、通行位置を明示すること。

 遊歩道全体の通行秩序を利用者自身が守るためにも、
通行位置の明示が有効であることは、実験結果で明らかである。


 以上の4つが遊歩道の安全のためには実施可能かつ有効な項目である。
そのためにも、以下の実験報告について読み解かれることを強く希望する。

*************************

今回はここまでです。

Web力がつたないため、このブログをごらんの皆様には、
読みづらい部分が、多々あると思いますが、
辛抱して、おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

だって、まだまだ続くんだもん。

しみず

実験結果発表会

みニャさん、
本日は、当チャリ会の実験結果発表会に、
ご参加くださいまして、ありがとうございますニャ。

今回は、日ごろお世話になっている、新都市ライフの「Oさん」も、
報告会に参加してくれていたニャ。
そのためか、オヤジどんも、久し振りに水を得た魚のように、いっぱいしゃべっていたニャ。

(単におしゃべり好きなだけニャんだけどニャ)
(長々と聞かされていた、みニャさんは、本当に辛抱強いニャ)

新都市ライフの「Oさん」には、オヤジどんの話にお付き合いくださって、
この場を借りて、感謝いたしますニャ。

では本日の内容を、私、ドラが、
ニャんとか聞き覚えている部分を、ダイジェストでお届けいたしますニャ。

*******************

(1)通行実験結果発表

  (実験内容の詳細については、過去の記事を参照してくださいニャ)
  (実際の「報告書」の内容は、何回かに分けて連載するからニャ)

  この実験の結果、次のような成果があったニャ
   〕景眛擦如∧盥埃圓伴転車の共存は可能であること。
  ◆ゞβ犬里燭瓩痢対策について、ノウハウを得たこと。

(2)チャリ会の今後の方針について

   〕景眛察安全通行教室のプログラムを作り開催したい。
  ◆〕景眛残鵡團襦璽襪髻⇒景眛餐澗里砲いわたらせたい。
   遊歩道の別の場所で、通行実験を行いたい。
  ぁ,ゆみ野地区の車道において、自転車通行レーンを整備したい。

  これらになかで、安全通行教室開催に向けての動きについて、取り掛かることになったニャ。

(3)安全教室開催向けてのとっかかりについて
   
    嵳景眛三汰環鵡塋拔会」を8月までに開催する。
  ◆,泙今苅艦協に連絡をする。
   「街づくり協議会」の交通部会活動の一環とする。
  ぁ.船礇蟆颪糧議で、南署、行政、住民の参加を呼びかける。
  ァ〕景眛擦琉汰環鵡圓砲弔い董△修譴召譴領場から、意見交換する。
  Α(針を明確にする。
  А〔棲里砲覆辰進針に沿い、チャリ会の今後の活動内容を明確にしていく。

****************************

およそ、上記のような内容が、話し合われたニャ。

オイラたち、おゆみ野の遊歩道をねぐらにしている、ネコ族から見ても、
チャリ会が遊歩道で取り組んでいる内容は、日に日に進化しているニャ。

特に、実験を通じての、チャリ会の技術や、

裏づけとなった、中学生とのフリートーク内容、
小学生との、遊歩道安全通行教室などを経ての、チャリ会の基本方針は、

自転車と歩行者との共存に向け、益々確固たるものになっているように感じるニャ。

と言うのも、我々の、欧米仲間からの情報によると、
それらの国の、自転車通行対策の内容と、一致する部分が多いらしいニャ。

その意味で、チャリ会のメンバー達や、
このブログで、一緒に考えてきた、みニャさんは、
自転車施策の第一線を走っていると言って良いニャ。

それぞれのみニャさんが、それぞれの立場で、それぞれの出来ることを、
今まで培ってきた知恵と力と勇気で、
住み良い、おゆみ野の街づくりに、生かしていきましょうニャ。

ドラ

イメージ 1

みなさま、今日はきのうの嵐がうそのように、
穏やかな、暖かい日でしたね。

我が家では、お昼からママとパパで、末娘を連れて、
自転車にのって、蘇我のグローボに行ってきました。
(ケーズ電気のオープンセールと重なり、大勢のお客さんで賑わっていました)

さて、次回のチャリ会議が来週に迫ってきました。

遅くなりましたが、昨年7月に行った、遊歩道通行実験の結果報告会を開催します。
チャリ会は、いつでも、どなたでも会議に参加OKです!
ちょっと気になる方は、気軽に、遊びに来てください。

日程は、以下のとおりです。

日時  :3月22日(日)
      朝9:30〜午後13:00

場所  :コミュニティセンター
      2F サークル室

議題  前半:通行実験報告会   (10時〜11時頃)
    後半:自転車協議会準備会 (11時15分〜1時)

(オヤジぃ、今朝の風は凄かったニャ)

ああ、夜中からビュービュー吹いてたよね。
電車も軒並み止まってた、様子だよ。

(にも関わらず、この風雨の中、出かけて行ったニャ)

うん、ちょっと大事なイベントがあってね・・・

(どこに行ってたニャ?)

今日はねえ、コミュニティセンターで
『おゆみ野まちづくり協議会』の発足イベントがあったんだよ。

(何、ニャ?それは)

じゃ、簡単に言うね。

おゆみ野の街も、最近は成熟し、人口4万4千人の都会になってきたんだ。
(オイラの仲間も、どんどん増えているニャ)
でしょう?

でね、それに伴って、都会としての課題もまた、噴出しているんだよ。

(どんな課題なのかニャ?)

大きく分けて、三つのカテゴリーに分けられるね。

仝鯆
∋劼匹發竜鐓貊
K漂辧∨蛭函景観

(オヤジたち、チャリ会は、遊歩道の自転車通行ルールに切り込んでるニャ?)

そうだね、そういう意味では、,慮鯆未貌るよね。

で、この課題について、住民自らが、主体となって、
行政や、事業者と信頼に基づいた、協議を重ねて、
安全で安心な街づくりを進めていこうって、ことなんだよ。

(うーん、オイラ達ネコ族ニャんか、自分達の社会のことは)
(自分達で、やってるニャ)
(行政や、事業者や、まして住民ニャんて、分かれてないニャ)
(オヤジ達人間も、自分のことは自分ですることに、やっと気づいたニャ)

いやあ、ドラ、なかなか手厳しいね。

(とは言え、人間は、ニャンだか、わざわざ遠くの「会社」ってところで働いて)
(自分達の生活するこの街には、ほとんど居られニャから、しょうがないニャ)

うん、そうだね。
自分の住んでいるこの街に、いろんな思いを持つんだけど、
この街を離れて、仕事に行っている身には、
なかなか、自分たちのことを、自分達の街でするってことは、難しいんだよ。

(だから、オヤジ達、人間は、みんなで協力しているんニャ)
(できる人が、出来ることを、出来るときにすることで、)
(小さな力を、どんどん積み重ねて、実現しているニャ)

うん、わかったよ。
我々、チャリ会も、この街の課題に、出来ることをしながら、
取り組んでいくよ。

しみず


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事