おゆみ野自転車共生会議

自転車で暮らしやすい街をつくろう

自転車学習会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

勉強会

イメージ 1

さて、勉強会の様子をご紹介していますが、本日は4回目ですね。

前回までで、
 ,ゆみ野の遊歩道は自転車も通行できる歩道であること。
◆,修海麓歩専(自転車歩行者専用道)と呼ばれること。
 車道に面していない自歩専は通行位置について道交法では規定がないこと。
ぁ.船礇蟆颪検証を重ね、歩行者は右側相互、自転車は中央と提案したこと。

そこで参加者である、住民、警察、行政それぞれの感想が発表されましたね。

警察は安全のため、何らかのルールは必要、
行政は、本来は自由であってほしいが、通勤通学時間帯は限定的に考えても良い
住民も、自由であるが、時限的、地域限定的に対応が必要'''としましたね。

今回はさらに突っ込んだ意見が発表されます。
それは、いったい?
(住民)

人の意識の問題だけでなく、損害保険などの補償条件で、遊歩道での事故の場合、
保険会社の保証内容についてはどうなるのか?
遊歩道のような通行位置の規定の無い道路での事故については、
警察は実績を持っているのか?

(警察)

遊歩道では、自転車事故現場検証等を実施する。
報告書をつくる。
命に関わる大きな事故になた場合自転車に違反があるかどうか、
事故処理する場合もある。
軽い場合はそこまでせず報告書作成のみ。
あとは示談にまかせるが事故証明書を発行するケースもある。

(千葉市)

事故に対する処置は行っていない
道路の瑕疵、管理者の責任での事故は対応している。
自転車も保険に入ることをお勧めする。

(司会)
遊歩道は、道交法で、自転車の通行位置について規定が無いが、
その場合、歩行者と自転車の事故について、
保険会社の保証があるのか?という視点については当会の宿題とさせて欲しい。
道交法で規定がない歩道で歩行者と自転車が事故を起こした場合、
保険調査の視点からして、どんな判断が下されるのか?

これは、チャリ会でも今までまったく気がつきませんでした。
法規定がないのなら、状況によっては、歩行者の過失となるのか?
それとも、歩道であるから、自転車の過失となるのか?

その後、保険調査の経験者に確認したところ、
通行位置について、ルールのあるなしにかかわらず、
歩道は、歩行者優先という規定を一番として、
歩行者0対自転車10という判断がされるとのことでした。
(0対10とは何かがよくわかりませんでしたが、自転車に責任ありとのことです)

したがって、自転車運転者が何らかの保険に入っていた場合、
歩行者に対して、保険金は支払われるとのことです。

このような保険に入っていない場合は、多額の賠償請求の例もあるので、
勉強会での発言にもあるとおり、自転車保険に入ることをお勧めいたします。
(住民)

遊歩道の通勤時間帯の混雑問題は、
危険であるという看板表示だけで対応できる範疇を超えている。

遊歩道の危険箇所でも、道路の交叉点と同じレベルでの対応が必要。
様々な会合で、危険であることを周知させ、指導はボランティアががんばるべき。

ルールを決めたぐらいでは守れない。
通勤の自転車の速度も止めようとしても止められない。

問題意識をもつ者が、行動するしかない。

(住民)

自転車のスピードに関して、
車道のスピードと遊歩道のスピードは変えたほうが良いのでは。
歩道でのスピードは?ルールがあるのか?
遊歩道にも適用できるか?

(警察)

具体的な速度のの規定は無いが、
道交法では、歩行者に危害を加えないような安全な速度と方法で走ること、
とされている。

(司会)

以上、遊歩道での自転車通行に関してでした。
次は、いったん休憩の後、車道での自転車の通行について考えていきます。
遊歩道の通行に関しては、
通勤時間帯の混雑について、問題意識が高いことがわかりましたね。

ただ、どうすれば良いのかについては、
「問題意識をもつものが行動するしかない」のでしょうか?

住民全員に知ってもらうことは、大変でしょうし、
問題意識を持ってもらうことは、さらに大変であると思われます。

遊歩道を通行する人は、住民に限りませんし、
まして、小さな子供たちもいます。

ルールを知らなくても、誰もが通行位置が判るようになるのはどうすればよいでしょうか?

後半からは、そのヒントを、一般の道路の状況を勉強することで、探ろうとします。

続きを、ご期待ください。

開く コメント(0)

勉強会

イメージ 1

チャリ会企画の勉強会をご紹介するシリーズですが、
今回で第三回目です。

前回では、全国的にも珍しい、おゆみ野の周回遊歩道「四季の道」において、
チャリ会提案の自転車と歩行者の通行ルールについて、ご紹介しましたニャ。

チャリ会が、長い時間をかけて探ってきたルールについて、
今までよりもはるかに多くのおゆみ野の住人に問う機会がやってきました。

住民の反応や、警察、千葉市の反応はいかがだったでしょうか?
(住民)
平常時はこれでいいが
登校時間は一方通行状態になる。
歩行者は右側、自転車は左。

(千葉市)
通学時間帯は、ある程度の棲み分けは必要。
他の時間帯にまで適用するのはどうか。
時間で区切ってみてはどうか。

(警察)
安全面から言えば棲み分けをするのが妥当。
住民は実際の利用状況から、千葉市は遊歩道の理念から、
警察は安全面の立場から。

それぞれの立場からの発言ではありますが、
限定的にはルールが必要と考えている様子がうかがえますね。

さらに対話は進みます。
(司会)
子供にはどのように指導するか?

(住民)
親が家庭で言うよりも、目で見えるルールがあれば良い。
道路に、見てわかるような楽しい仕組みがあれば良い。
学校が左側にあった場合、横断歩道も必要になってくるのでは。

(泉谷小学校保護者)
一般的に言って、登校中は一方通行になるから、
(歩行者を)右側に固めるとするのは良いが、
泉谷地区の「中の道」は、左右両側に小学校と中学校の校門があって、
どちらにもそれぞれ生徒が来る。
したがって、一方通行になるとは言いがたい。

22年度には第三中学校も出来る。
「冬の道」でも一方通行になるとは言いがたい。

(住民)
普段セーフティウォッチャーをしていて、子供たちの歩き方を見ている。
自転車にぶつかりそうになる子どもがいる。
後ろのほうもちゃんと見て、前後に気を配るようにその場で言ってあげる。

(南署)
学校側から、遊歩道の安全な通行について教えて欲しい、と言われる。
安全教室で教えていきたい。

(千葉市)
施設管理者の立場から言うと、
目に見えるものの表示で、対応していく部分があるのではないかと考える。
街のルールが決まるかどうかがポイント。
住民からは遊歩道のいろんなポイントで具体的な状況が発表されています。
それによると、場所によってかなりの違いがあるようです。

警察はその発表を受け、遊歩道の通行については交通安全教室で、
子供たちに教えていこうと考えている様子です。

千葉市はインフラの整備で対応できる部分があると考えているようです。

さらにチャリ会のルールについてはいかがでしょう?
(住民)
大人がちゃんとやっていかないと子供は聞かない。
喋りながら横一線で走っている。
ルールを決めても大人が見本を示さないとうまくいかない。

(司会)
住民が作ったルールと認められるのは、どういった場合か?

(千葉市)
地元の人たちと安全通行について協議していくことはしなければならないし、
出来上がってきたものを、この地区で採用することは可能。
今、出来る出来ないではなくて、まずどういうふうにやろうか、
協働で考えていく必要がある。

(住民)
車椅子や身障者のことも視点に入れて通行ルールを考えて欲しい。
段差や小石、がたがた道が工夫されているが、
車椅子がとおりやすいという視点も入れて欲しい。
千葉市では遊歩道の安全通行について、住民と協働で考えていきたい様子です。

歩行者、自転車にとって、より良い遊歩道の実現に向けて、
住民、警察、行政が一体となって、新しい一歩が踏み出せそうな予感がしますね。

次回は、遊歩道の自転車通行についてさらに踏み込んだ考えが示されます。
みなさん、お楽しみに。

開く コメント(0)

勉強会内容紹介

イメージ 1

さてさて、本日は勉強会の二回目だニャ。
前回でのポイントは何かニャ?

自転車は歩行者とは違ってクルマの仲間だって部分だね。

だから、弱者優先の考えで行けば、
自転車は歩行者を守って走らなければならないし、
クルマは、自転車と歩行者とを守って走らないといけないよね。

勉強会はいよいよ、本題に入りますニャ。
今回は、おゆみ野の財産である遊歩道での、
自転車走行についてだニャ。

みニャさんは、先ほどのポイントを理解した上で、
今回の内容を読み解いてくださいニャ。

【2】遊歩道での自転車の走り方

(司会)
自転車はどのように規定されるかが分かりました。
次に、日本でも珍しい、おゆみ野の周回遊歩道での、自転車通行について考えましょう。

遊歩道の管理主体は?

(千葉市)
千葉市が認定している道路、実質的な管理は土木事務所。
歩行者自転車専用の道路である。

(司会)
住民は遊歩道をどのように使っているか?
登下校歩行、防犯パトロール、犬の散歩、ジョギング
遊び、障害の方が歩行訓練に。

単なる通行路だけではなく様々な使い方がされているのが遊歩道。

(千葉市)
語句について明確にします。
自歩道=車道の脇にある歩道
自歩専=遊歩道

(司会)
自歩道はどんなマークであらわすか?

(警察)
標識による。(自歩道の標識を見せる)
標識は公安委員会で設置。

遊歩道についてはこのブログでも以前から何度も話題にしているニャ。
これまで自転車歩行者道(自歩道)だとおもっていたニャ。
勉強会では千葉市の自転車対策課長さんから、
遊歩道は自転車歩行者専用道(自歩専)だということを教えてもらったニャ。

さて、通行路としてや、公園としても利用される遊歩道の実際の様子はどうでしょうか?

(司会)
遊歩道の通勤通学時間帯はどのような様子か?

(パネルに絵を貼りだし、歩行者の絵を加えてみる。)
(そこに自転車の絵を通らせてみる。)

(住民)
登校生であふれている。
通路を離れ、芝生の部分を通る自転車もある。

(司会)
チャリ会では登校時間帯において、
自転車と歩行者との棲み分け実験を行った。

柵や通行位置の表示、さらにセーフティーウォッチャーの声掛けで、
歩行者と自転車の棲み分けが、可能になった。

また、登校時間帯の映像を中学生に見せて、
中学生はどう考えるか、フリートークを行った。
その結果中学生は、通勤通学時間には何らかのルールが必要と考えた。

ここで、これまでのチャリ会の活動の成果を発表だニャ。

そうそう、遊歩道の登校時間帯における、
歩行者と自転車とのすみわけ実験を行ったり、
登校の様子を中学生自らはどのように感じたかを明確にしたもんね。

その上で、自転車の通る歩道は道交法ではどんなルールになっているのでしょうか?

(司会)

ここで歩道での自転車通行ルールについて警察に聞きます。
まず一般の道路における、自歩道での自転車通行位置は?

(警察)
自歩道での自転車は車道寄りを走るとされている。

(司会)
自歩専と呼ばれる遊歩道では、
自転車の通行位置について規定はあるか?

(警察)
車道を伴わないおゆみ野の遊歩道では、
自転車の通行位置の規定はない。

(司会)
チャリ会では、通行位置を調べる実験を行った。

歩行者を道交法の規定どおり右側通行とし、相互通行させてみた。
その結果、この場合、自転車は自然発生的に、中央を通ることを実証した。

(司会)
遊歩道での通行ルールは
「歩行者は右側、自転車は中央」と提案する。

なんと、自歩専である遊歩道は、道交法では通行位置の規定がないことが判明しましたニャ!

そうなんだよ、そこでチャリ会が小学生とともに安全教室を行って、
歩行者と自転車がどんな通行位置で通れば、スムースにいけるか、調べてみたんだね。

そうすると、歩行者を右側相互通行させてみた場合、
速度の速い自転車は、中央を通るのが走りやすいことがわかったんだよ。

さてこれを基にチャリ会は、
「遊歩道では歩行者は右側通行、自転車は中央」を提案するが、
勉強会に集まった方々の反応はいかに!

次回をお楽しみに!

開く コメント(0)

勉強会内容紹介

イメージ 1

皆さん、お待たせいたしましたニャ!
先月の19日に行われました、勉強会の内容を、
これから何回かに分けて、ブログの読者の皆さんとシェアすることにいたしますニャ。

第一回目の今日は、開会の部分から、
自転車の法的位置づけについて、明確にした部分までですニャ。

おゆみ野まちづくり協議会「交通部会 第二回フォーラム」
自転車安全通行勉強会

【開会の辞】(まちづくり協議会会長)

今回のフォーラムは、
おゆみ野自転車共生会議からの提案で、
住民、警察、行政とが意見を自由に交換したい。

南警察署の出席者は、交通課長さんと交通係長さん。

千葉市の出席者は、
交通政策課長さん、自転車対策課長さんと、職員の方。

司会はおゆみ野自転車共生会議の代表です。
それではお願いします。

(司会)(あいさつをする)

進め方は、司会から質問を行い、皆が知っていることを発表しあう。
それによって新たな認識をもってもらいたい。

おやじィ、ついに始まったニャ、大丈夫ニャのか?

いやあ、それがねえ、実はこのころ職場の引っ越しなんかがあってねえ、
シナリオの作りこみが全くできなかったんだよ。

ええっ?あらすじは前から考えてたんでしょ?

そうなんだけど、原稿自体は全くなく、
結局は全て台本がない状態で始まったんだよ。

さっそくやってくれるニャア、このオヤジは・・・

【1】自転車とは?

(司会)

住民のみなさん、おゆみ野での移動手段は?挙手をお願いします。

(住民)
歩き。クルマ。自転車。(自転車が多い。)

(司会)
同じ人が全てに手を挙げているケースが多い。
これは一人の人が、ある時は歩行者。またある時は自転車。
さらにクルマの立場になることを示している。
ゆえにここでは、'''自分達の問題として自転車を考える。'''

(司会)
自転車は何の仲間か?

(住民)
クルマ。
オートバイ。

(交通課長)
車両(クルマ)の仲間です。

(司会)
自転車は歩行者の仲間ではなく、クルマの仲間だということです。
ではそれはどの法律で定められている?

(警察)
道交法です。
軽車両とされている。

(司会)
道交法の目的は?

(警察)
第1条により、
危険の防止、安全と円滑、障害の防止。

(司会)
道交法での保護すべき優先順位はどうか。歩行者、自転車、クルマ?

(警察)
交通弱者が優先される。
交通弱者は歩行者、次に自転車軽車両、自動二輪、クルマの順と考えてよい。

たいてい、おゆみ野の住人は、街の移動に、
徒歩、自転車、クルマを使い分けているみたいだニャ。

そうなんだよ、手をあげてって言うと、
歩きも自転車もクルマも手を挙げた人が多かったんだよ。

自分たちのこととして考えるってのは、実にチャリ会らしいニャ。

そうだろう?ドラ。

でもこの勉強会で、自転車のことを自分たちのこととして考えるってのは、
どういうことなのかニャ?
もうすこし詳しく説明しニャいとブログの読者には伝わらニャいニャ。

おっと失礼、そうでした。

えーっと、このような会議では、
議題について「問題」として、あれがダメだ、これだからいけないんだとか、
自転車の場合だと「マナーが悪い」とか「ルールを知らんない」だとか・・・

よく言われてるニャ。

そうだろう?
でもね、これって、自分からみて、誰か他人がやっていることで、
その他人の行動を何とかしなければって話になりがちなんだなあ。

そりゃあ、マナーが悪いなら、その人が直せば良いんじゃニャいの?

でも「他人」の行動を、変えることが出来る?
それより「自分」なら変わることができるでしょう?

うっ、そ、そうだニャ。

今回の勉強会の内容を見てごらんよ。
住民はあるときは歩行者、ある時は自転車、またあるときはクルマの立場になってるじゃないか。

そうだニャ。

「自転車のマナーが悪い」というのなら、
自分が自転車に乗っているときに、自分の何を変えれば良いのだろうか?

このような視点で課題に取り組んでいるのが、チャリ会の基本姿勢ニャんだよね。

そうなんだよ、ドラ。

ブログの読者のみなさんも「問題」と言われるものに対する事があったら、
「自分の課題」として自分が変わるという視点で考えてみてはどうでしょう。

さて、勉強会はこのあと、遊歩道の自転車通行について話を進めていきます。

その様子は、次回のお楽しみニャ。

つづく

開く コメント(0)

ニャあ、オヤジィ、この前、自転車のイメージってやってたニャ。
http://blogs.yahoo.co.jp/jitensyakyouseikaigi/27688321.html

ああ、そうだったね。

そんで、良いイメージに、
爽快とか、早いとか、風になるとか、あったニャ。

そうそう、自然を肌で感じて、軽快に走ってみなよ。
一瞬、風になったような、爽快な感じなんだぜ。

そりゃあ、オヤジの自転車は、
ロードレーサーや、ランドナーだから、良いけどニャ。

みんなが乗ってるママチャリなんかじゃ、
とても、そんなこと出来ないニャ。

なんだ、ドラ、ママチャリには出来ないって思い込んでる?

だって、実際におゆみ野を走ってる、ママチャリは、
あんまりスピード出して、走ってニャいよ。

まあ、そうだけど、自転車のポテンシャルは、本当はもっとすごいんだぜ。

だから、オヤジの持ってる、マニアの自転車のことでしょ?

いやいや、そうではないんだよ。

では、今日は、ママチャリでも軽快に走れる、簡単な方法を教えてあげるよ。


嘘くせ〜ニャあ。

ドラちゃん、まあ、そういわずに聞いてよ。

まず始めは、タイヤに空気をパンパンに入れること。

ニャんだ、そんなこと知ってるニャ。

だろうね、ここまでは、常識ってとこかな。

では、次に「歩く」ってことを考えてみてね。

同じ「歩く」でも、ハイキングや登山、競歩なんてのもあるけど、
普段、普通の人の歩き方と、同じかな?

いいや、違うニャ。

何のために、同じ歩き方は、しないのかな?

うーんと、ハイキングでは・・・・・
長い距離を楽に歩くからかニャ?

そう、いいぞ。では競歩なんかは?

ちょっと特殊かも知れないけど、早く歩くからだニャ。

うん。そのとおり。
長い距離を、早く歩くには、
それなりの歩き方ってのがあることが解ったかな?

うん、ニャんとなく、解ったニャ。

自転車も一緒でね、
長い距離を、早く走るには、乗り方があるんだよ。
まず、下の写真を見てね。

イメージ 1


これは、ママチャリで見かける乗り方ニャ。

そうだよ、よくわかるね。特徴はこんな感じかな?
 ‥湘櫃靴覆い茲Δ紡を地面にべったりつけている。
◆,修里燭瓠▲汽疋襪琉銘屬眥磴ぁ
 背筋をまっすぐに伸ばしている。
ぁ.魯鵐疋覦銘屬鮃發している。

これはね、自転車をゆっくり、走らせるのに適した乗り方なんだ。


ああ、ママチャリは、買い物の荷物や、子どもを乗せてるもんニャ。
しかも歩道上を、歩行者を避けながら、ゆっくり走ってるニャ。

さて、そこでだ。自転車で走るのは、実は全身運動って側面があってね。

えっ、そうニャの?

驚いた?あのね、効率よく、ペダルに力を入れてまわすのには、
きちんとした姿勢があるんだよ。

今度は、下の写真を見てね

イメージ 2


サドルが位置が上がって、ハンドルが前かがみになっているのがわかるかな?
 ‖先が地面に軽く付く程度
◆,修里燭瓩縫汽疋襪琉銘屬鮃發する
 背中は前かがみ
ぁ.魯鵐疋覦銘屬蓮▲汽疋襪箸曚榮韻弦發

これはね、自転車を軽快に走らせる、乗り方なんだ

ニャんでそんな姿勢をとらなきゃなんニャいのかニャ?
サドルの位置は、ペダルを回すのに、ちょうど良いからだね。

前かがみの姿勢は、背筋のちからを使って、足に力を入れるからだよ。

ハンドルの位置は、背筋を使うときに体を支えたり、
体重を、サドルだけでなく、ペダルや、ハンドルに分散させて、
疲れを軽減する効果があるんだよ。
へーそうニャんだ!知らなかったニャ。

これだけのことで、ママチャリが早い自転車になっちゃうよ。

オヤジィ、でも、それホントかニャ?

本当だってば!
あのね、写真の自転車は、チャリ会の営業車ってことは知ってるよね?

ああ、知ってるニャ。見ての通り、うすのろの自転車ニャ。

ひどい言い方だなあ。ま、実際にそうだったんだけど、
そのうすのろが我慢できなくて、ハンドルを改造してみたら、
きちんと走るようになったんだよ。

え〜?うそでしょう?

本当だってば、
ドラ、キンタさん、知ってるでしょう?

ああ、知ってるニャ。
チャリ会でロードレーサーを持ってるもう一人のメンバーニャ。

そのキンタさんに乗ってもらったら、
「見た目と全然違う!安定して、ちゃんと走る!」って驚いてたんだよ。

キンタさんが言うなら、本当ニャ。

でしょう?では、ママチャリを軽快に走らせる、コツをまとめるよ。


 .織ぅ笋剖気をしっかり入れる

◆‖先が軽く地面に付くように、サドルを上げる

 姿勢をやや前かがみにする


これだけ。

これだけニャ?
う〜ん、目からウロコだニャ。

皆さんも、ちょっと驚きましたか?
もし、予算が許すなら、前かがみになれるように、
写真のように、ハンドルを、取り替えてみてくださいね。

なお、この体験は、
近々「チャリテク講座・目からウロコ編」として行う予定です。

みなさん、お楽しみに。 

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事