ジト目のレアコイルちゃん

レアコイルの磁力線を利用して、パソコンのデータを破壊する事件が多発しているという。
参加してまいりましたウツボット杯!



イメージ 1



まだ1回くらいしか会っていない(会ったと言っても挨拶くらいしか交わしていない)ネコアルツ氏が企画したツッコミどころ満載の対戦会。
しかも関西旧裏オフから少しの期間を経て開かれるということもあり、参加するものがそもそもいるのかというのが正直なところですが、あさりさんは関西旧裏オフの日にお仕事が入ってしまった影響で参加することができず。
どうせならばウツボット杯で入賞すればいいんだ!とプラスに捉えることに。


レギュレーションを見て閃いたカメックスデッキをブラッシングしてカメベトン型にチューンし、チンパンジーや地元の友人(ゆずハイボール大好き)と調整しました。


関東を発つ前日(金曜日)の昼休みにネコアルツ氏にまさかのデッキがバレる事案が発生するものの、煮詰めたものを無に帰す手間やこれからデッキを1から作る労力、カバンに荷物を詰める時間を考慮した結果、諦め、「ネコアルツに当たったらその時考えよう」と言い聞かせるのでした。


川越で飲んだあとに新宿へ向かい夜行バスへ乗り込むあさりさんとチンパンジー。
なんか関西方面吹雪いてるんだって。
無事に着くかねえ、大丈夫でしょ止まらんでしょ、だよねーなんて話してたらバスが定刻に着かないでやんの!




えっ?1回戦敗退すんの!?

僕の考えた結論デッキであるところのカメべトンがバスに負けるとは。
いやあ、メタを読み違えましたなあHAHAHA!
そんな心境をTwitterで叫んだ(呟いた)ら、参加者の方々からあさりさんはバスを乗り間違えられたんじゃないかと思われる始末。
今まで様々なポカをやらかしてきたとはいえ、バスの乗り間違えまではしないです、多分。


そんなこんながありつつも紳士のたしなみとお風呂に入って汗を洗い流し、服を着替えて向かうはいつもの公民館。
足を運ぶのは2回目なはずなのにいろんな方のオフレポートで見ているため、実家のように見飽きた風景になりつつあります。

主催者のネコアルツ氏に挨拶と受付を済ませると、対戦相手を決めるくじへ。
気になる対戦相手は・・・かかしくん!

イメージ 17






1回戦 かかしくん
   (エネエネRサンダー) 





こちらバトル場:カスミのニョロモ(ジム拡張1)
あちらバトル場:ビリリダマ(R)



イメージ 2


なん・・・だと?

ひかるリザードンやクリスタルリザードン争奪のウツボット杯をもってして
何故、目の前のリザードンコレクターはビリリダマを使っているのだろうか?
エネエネで炎エネルギー2個分になって「ほのおのうず」を連打してくるのだろうか?
雷エネルギーも採用してひかるリザードンで殴ってくるのだろうか?
どちらにしろメインアタッカーが見えていない以上、邪推は疲労をさせるだけだ。
そう考えていたら出てきたのはR団のサンダー。




この人、コテコテの雷使ってきてる!





今回の環境はカメックス等2進化が動かしやすい環境であるのは事実ですが、
わたくしとしてはメタの読み合いが進んだ結果、草か超、鋼がメタられるため、カメックスのマークは甘くなると読んでいました。
まさかここで踏みたくない相手を踏むことになろうとは!


ここで辛いのがR団のサンダーのHPが70ということ。
すなわち、カメベトンにおける火力では一撃で気絶させることが難しく、
逆に向こうは弱点を突けるためワンパンでほとんどを倒すことができるのです。
サイドカードを1-2で交換することになり、
下手をすると一気に押されてしまうのです。




イメージ 3


R団のサンダーでエネ加速しながらダメカンを乗せていき、「エレクトロバーン」で殴られていくのも辛い展開です。
70ダメージですとフリーザー(化石)もワンパンで沈んでいく高火力。
こちらの戦術プランの一段も二段も上から攻めていくかかしくんに苦しむあさりのみそしる氏。
4エネまとったフリーザーやカメックスが一撃で落とされるとエネルギーの供給が間に合わなくなります。
そして困ったことにいいタイミングでディフェンダーを貼ることにより、自傷ダメージを防ぐことに併せてカスミのニョロモなどで1エネで起動できるポケモンできぜつに持っていけないことです。
1ターン相手に渡してしまうことになるのです。ガクブル。


加えてサンダー(第一弾)も登場する始末。
サンダーのネックであるエネルギー供給をマルマイン(第一弾)で補うことで2ターンで起動ができ、あまごいカメックスと同等の、もしくはそれ以上のスピードで展開してきます。
HPも90あってワンパンできないですし、正直言って当たりたくなかったお相手です。




イメージ 4


エネエネマルマインだけの採用かと思ったらわるいマルマイン(R)も積まれており、30ダメージ与えてエネルギーを後ろにバトンされてしまいました。
最近現行レギュレーションで「ねがいのバトン」が出ましたが、イメージはそんな感じです。
サンダーが育ってしまって絶望するあさり氏。
以前、わるいマルマインを研究されている方に否定的な考えを述べてしまったことをここで悔やむことになろうとは。


本来ならば、お相手のまきちらせ!ベトベトガス(R)を使用したタイミングで進化させるのが筋なのですが、山札に眠る超エネルギー回収にアクセスしなくてはならないこと、カメックスがいつ突風で呼ばれて倒されるかが分からず、やむを得ず進化しております。
この後、バトル場のフリーザーは倒されてしまってエネルギーがますますなくなることに。

今回は超エネルギー回収を2枚積んでいたのに、序盤に手札に来てしまったがためにオーキドはかせで切ってしまったので回収手段がなくなりつつあります。



イメージ 5

何体ものフリーザーの犠牲のもとに出陣したカメックスと相打つタッツー(neo1)。
何故タッツーが採用されているのか・・・?
キングドラを採用するスペースを設けたのか??
確かに空けられると言えば空けられるのですが、これはなかなかトンデモな発想じゃないか!
関東勢は僕やてぃらくん以外まともなデッキを制作される方がほとんどだと思っていましたが、彼もこちら側の人間ではないかと思われます。

夜の廃品回収でよみがえったR団のサンダーに恐怖のあまり手が震えるあさりのみそしる氏。
心の乱れはエネルギーの貼り方を見ていただければ察してもらえるかと思います。

ディフェンダーを張り、R団のサンダーにエネエネマルマインをしても基本雷エネルギー扱いじゃないから自傷ダメージが乗らないという頭のいいロジックにやられました。
一矢報いようとカスミのニョロゾでマルマインをリムーブしたのが見せ所で、ポケモン交換おじさんで山札をサーチしたとき、水エネルギーがないことを悟り、負けを覚悟するのでした。


イメージ 6

最後はわるいマルマインで弱点60ダメージです。
どう見てもきぜつですありがとうございました。
サイドは5-6で、うまく捲られました。


関西オフ、またしても所詮勝利ならず・・・。
テストプレイでは切っていたR団のサンダーを使いこなし、こちらの反撃を押し返したかかしくん。
お見事なプレイングで完敗いたしました。

かかしくん、対戦ありがとうございました!



この後、対戦者同士でウツボット杯レギュレーションがキチンと守られているかを確認しました。
言い訳をさせていただくならば、敗戦のショックと、それによる精神的疲労から眠くなってきてしまい、脳があまり働かなくなっていたかというか・・・(ゴニョゴニョ)
R団のサンダーやマルマインに隠れてウツボットラインの枚数を確認し損なう(=気にも留めていなかった)始末。
それが後々、大きな問題になることをこの時はまだ知りませんでした。


ここでお昼休憩のBig Boyへ。
僕はあの佐々岡さんと首領さん、ソラさんとカカシさんとご一緒しました。
首領さんがカレーをたくさん召し上がられていて、たくさん食べられる人すごいなって思いました(小並感)



イメージ 7


会場に戻ってきてから、そういえば装飾を写真に収めていないことを思い出し、慌ててカメラ機能の準備をするあさりのみそしる氏。
入賞の盾はもちろんのこと、右にあるウツボット君のカンバッヂの存在感たるや!

毎度のことながら、未開封パックを含めた昔懐かしのグッズがポンと展示されているこの空間はやはりおかしいと思いの、わたくし。



2戦目のマッチングが発表され、席に着く参加者。
僕は先ほどの試合でサイドを5枚取っていたので、負けた人の中ではトップの成績でした。
気になるお相手は・・・ミラさん!!



イメージ 18





2回戦 ミラさん(スライ) 


こちらバトル場:ププリン(neo2)
あちらバトル場:ゼニガメ(拡張シート)


ミラさんとはほぼ初対面でして、男だらけの旧裏オフにおいて数少ない女性だなあという印象でした。
また、いつも一緒にいるボーイフレンドと仲が良さそうに見えて、「これが勝ち組というやつか」と勝手に納得していました。

ミラさんは現行勢ということもあり、今回はソラさんが組んだデッキを引っさげて参戦しています。
1回戦も接戦だったと思えるほど時間をかけていたので、気が抜けません。
また、ミラさんはゴーストタイプのカードを収集されていると耳にしていたので、ゲンガーやナツメスピリッツなのかな?と個人的に思っておりました。


イメージ 8


ププリンとタケシのロコンが出てきました。
タケシのキュウコンのばけるロジックを駆使するゴーストデッキだとナツメスピリッツで間違いない。
読みが鋭いぞあさりさん!調子が出てきたぞあさりさん!!
女子供にも手加減しないテクニックは川越のジムチャレで
磨いてきたから慢心せずにいくぞあさりさん!!!




(回想はじまり)


わたくし「ホエルオーEX出します。クラッシュハンマー使います。コイン表です。ロケット団の工作使います。表1回なので2枚トラッシュに送ってください。バトルサーチャーが落ちた!ヒャッホー!あっ、うねりの大海で体力回復させますターン終了ですどうぞ」

おあいて「チッ!!!


(回想おわり)





イメージ 9

ミ「ビリリダマ出します」


そして出てくるビリリダマ(R)。

あさりさん、雷タイプを踏むの巻(2回目)



ソ・・ソ・・・ソラさんの馬鹿っ!!
なんと言うことだなんと言うことだ。
何故ここまでみんなカメックスをピンポイントでメタっているんだ。
2進化ポケモンが立てやすい環境なんだぞ!炎タイプに殿堂ランクついているんだぞ!!
何故ここまで露骨にカメックスくんを警戒するのか!?

ビリリダマの登場に動揺が隠せないあさりさん。
ミラさんがドローソースを使うごとにビクンビクンし始めます。
イメージですとダンシングフラワーです。
カード使用宣言の度に体が反応しておりました。

それでも頭は意外と冷静でして、雷エネルギーとプラスパワー貼られたら終わりだなあとか
そういえばせつなくんとの最終戦でも同じシチュレーションだったなあ、
プラスパワーって害悪カードマジ害悪カードとか思っていました。
今思い返してみると冷静ではなかったです。




イメージ 10


それでもドローソースが止まったようで、ウツギはかせを宣言して手札をリフレッシュするミラさん。
この宣言によって九死に一生を得たことを思い出します。
お相手は結局わざの使用もせずにエンドしてくださったので、これはチャンスだとばかりに展開していきます。
カスミのニョロモを出しフリーザーを出し、あげくの果てにベトベターを出し、準備は万端です。



イメージ 11

この辺りになるとお相手がスーサイドライチュウロジックということも分かったので、ライチュウの準備が完了する前にフリーザーとカメックスをペチペチ準備をし、順当に殴って勝ち。

お相手の事故ということもありましたが、なんとか初勝利!
サイドが5-1(だったかな?)で大勝でした。

ミラさん、対戦ありがとうございました!



1勝1敗ですがサイドカードをたくさんめくったこともあり、上位卓に座れることはほぼ確実。
このまま前回の時のようにジャイアントキリングして、
あわよくばひかるリザードンを・・・。

周りを見ると白音紅さんや将棋さん、首領さんといった名が知られているメンバーが勝ち上がっております。
白音紅さんはわるラフポルター、将棋さんはカメックス、首領さんはネルトプスと相性はほぼ五分。
誰が対戦相手でも雷が出てこないことは確定。
あとは構築力と展開力で勝利をもぎ取るのです。

そんなわたくしの最終戦のお相手は・・・白音紅さん!


イメージ 21






最終戦 白音紅さん
   (わるラフポルター) 


こちらバトル場:マダツボミ(拡張シート)
あちらバトル場:ゴース(拡張シート)



イメージ 12


よりによって最終戦でこのバトル場とは・・・。


というのも、実はこの手札、マリガンをしてなってしまった手札だったのです。
その前の初手7枚がゼニガメ、カメックス、育て屋、オーキドはかせと良かったと言えば良かったのですが、お相手がわるラフですとカメックスをトラッシュに送ることは死を意味するのではないかと珍しく慎重になってしまったのです。
それならば手札をリスタートさせ、ストレスフリーな状態で最終戦を迎えたかったのです。

しかしふたを開けてみればマダツボミとフリーザー、ドローソースもありません。
あれ?これはどうすればいいんだろ?


しかも、しっかりと先攻を取られ、ゴース(拡張シート)でこわがらせてきます。
ドローしてトレーナーカードを引くも使用できず、フリーザー等で粘ります。
ゴーストに進化して「ポルターガイスト」を使った時が隙を見せる時だ。
でも、その前にこわがらせるゴースに対してカスミのニョロモで殴っていけばいいのです。
やつは所詮HP40のたねポケモン。
20ダメージを与え続ければきぜつすることを新潟アニバーサリーフェスタで学んだのです。
(この頃は怖がらせるゴース使っていたのです)


フリーザーが落とされたタイミングで出陣するカスミのニョロモくん。
これを見越してか白音紅さんはきのみを貼ってきます。



WCS2012実況のお姉さん
  「木の実をうまく使いました」



ここに来て計画が頓挫します。
ロックデッキの弱みとしては「ロックが切れたときに押し切られて負ける」があります。
ロックしている間は展開が自由にできないとしても、一度解除されてしまえば溜まりに溜まったトレーナーカードで暴れることができるのです。
そのための!そのためのゴース抹殺作戦が!!頓挫するなんて!!!


イメージ 13


この頃にはわるいラフレシアが登場し、ゴースくんも安心してゴースト(拡張シート)に進化しましたとさ。

しばらく時間を稼いで状況を変えるカード、つまりはベトベトンに賭けたい、もう賭けるしかない状況に追い込まれたあさりさん。
まだ負けたわけじゃない、しかし場にはマダツボミと有象無象しかいない。
マダツボミで時間を稼ぐだけ稼いで反撃の隙をうかがうしかあるまい!




あ「マダツボミのわざ「ゆれる」を使います!」


コイン、表!!



やったぜ!!!
(あさりさん、心の中で渾身のガッツポーズ)







白「ワープポイント使いますね」

イメージ 19






ゆれる、意味なし!w


イメージ 20

ああ、なんとひどいことを!
マダツボミ君の見せ場どころをつぶすなんて。


ここで心が折れかけたあさりさんですが、このあと3回くらい「ゆれる」が成功し、マダツボミ君って実は耐久力あるんじゃないか?と錯乱し始めます。

イメージ 14

結局、マダツボミがやられ、カメールの「あわ」で粘るもわるいクサイハナの「くさいかふん」で混乱してしまい、わざが失敗して終わるのでした。

0-6で完敗・・・っ。

正直、関東のフリーでは勝ち越していたため苦手意識がなく対戦できていたのですが、
今回はきっちりリベンジを決められてしまいました。

白音紅さん、対戦ありがとうございました!

すべての試合が終わって集計結果が主催者から発表されます。



優勝はネルトプスを使われ、安定したプレイングでサイドを多く取り全勝した首領さん!

2位はわるラフポルターロックをしっかりと実践し、このわたくしに(ここ大事)「ゆれる」しかさせなかった白音紅さん!

3位は同じくカメックスを使い、イワークの「いかり」にふっとばされなければもしかしたら・・・の将棋さん!


あとは他の方のブログを読んで、だいどんでんかえしが起こったことをご確認ください。笑



イメージ 15

途中で来られたはんしんこうそくさんとの1戦です。
あさり式カツウィンが関西に初披露です。


イメージ 16

こちらはソラルダン伯爵に対して、東京中のホビーオフからフーパを集めてぶん投げて中破させた図です。
塵もつもればリザードン★にだってなれるんだ!君も努力を怠ってはいけないよ(ニッコリ)


ここまで濃い一日を過ごすきっかけを作ってくださったネコアルツさん、本当におつかれさまでした。
ここまで準備するのに相当な苦労をされていたことでしょう。
わたくしにそれを図ることはできません。労をねぎらい、そして見るべきアニメを進めるだけです。
改めてお招きくださってありがとうございました!


さて、7月には新しい杯が開かれるとかなんとか・・・。
今度はどういったレギュレーションで行われるのか?
まさかデリバードにダブル無色エネルギーつけて殴り合う大会な訳ないですよね!?
レギュレーションが発表される日を楽しみにしつつ、オフレポートを終了されていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事に

開く コメント(0)

どうもこんばんは!お久しぶりです。
忙しい忙しいと言い聞かせていたらここまで放置してしまいまして。
更新ボタンを押しても同じ記事しか並んでいないブログに足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございます。

感謝の気持ちを込めて、書いたのは購入したもの。
ええ、お小遣い帳です。
買ってから数日経過しているため、お小遣い帳の意味をなしていないのは僕と君だけの秘密だよ!





(2月19日撮影)

イメージ 1

大量のルギア砲によりソラルダン伯爵を中破させたあさりのみそしる氏。
さらなる砲弾で次こそは大破させると意気込んで、1枚また1枚とフーパを回収するのでした。
(あさりさんがソラルダン伯爵を中破させたお話は、ウツボット杯レポートを読んでね!)

あとはLOのお供、ロケット団の工作のSRが安かったので購入しました。
このカード大好き!コインが表だともっと大好き!!
まんたんのくすりとみがわりロボはミラーだよ、安かったね。





(2月25日撮影)

イメージ 2

イメージ 3

最近日本20位になったゆうりちゃんとデート()に行って購入したものです。
デート中の会話はお嫁さんとの馴れ初めとかです。ノロケ話のオンパレードにたまに成仏したくなります。
昔お付き合いしてた人が「私の名前とマナフィが似てる!」と言われてからマナフィEXが使えなくなり、WTBが握れなくなった僕の話する?

個人的にグッときたのはルギア柄の水エネルギーですかね。
このエネルギーはソラルダン伯爵にぶん投げます!
首洗って待ってろ…。
あとは20thのリザードンが200円なのも個人的にアド。





(3月5日撮影)

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

3月3日に、関西オフで知り合った(=チンパンジーの話し相手になってくださった)あたまつくつくさんと東京でデート、もといチンパンジー呼び出してお買い物へ。

渋谷から秋葉原へ行き、最終的にあさりさんがデートで使う御徒町のお店で食事をし、恋バナで盛り上がるという友達と食事に来ましたチックな会になりました。
その日に買ったのがウツギの育て方とかマルマインexとか。
秋葉原ってたまに拾い物があるから目が離せないんだよなあ。


写真2枚目と3枚目は行きつけの接骨院の近くのホビーオフでしこしこと拾ってます。
昔のレギュのカード増えてきたわーい、たのしー。
ポケモンナースとかeシリーズレギュで重宝してるので、何枚あっても足りんぜよ。





(3月17日撮影)

イメージ 7

イメージ 8

診断が出たので、行きつけのジムチャレのお店(川越)で購入したら当たりでした。
ありがとう藤井さん!
僕、藤井さんに足向けて寝られないよ!!






(3月20日撮影)

イメージ 9

イメージ 10

多分チェルモで買いました。
アドーラ。






(4月15日撮影)

イメージ 12


確かこの時はにんじゃごっこコケコMミュウツーEXとか試していました。
だからミラーのソウルリンクを買いました。

なんでそんなことしていたのかは謎です。
おそらく疲れていたのだと思います察してください。




(4月18日撮影)

イメージ 11

メ●カリにて。
ポケモンカードWebって当時も含めて初めて買いました。
念願のWebデビューです。

当時は裏面が変わったものの、Web2や3といった形でどんどんと再販されるものだとばかり思っていたんですがね…。

バトラーのキルリアやカイオーガは持ってなくて購入。
ADVプロモもコンプリートに向けて動き出していこうと思ったのでしたとさ。





(4月23日)

イメージ 13

深夜ヤ●オクの悲劇。





(4月27日撮影)

イメージ 14

なんだかんだで会ったの2回だけど仲がいいネコアルツ氏とトレードしました。
何を出したのか…って記憶の片隅を探してみたところ、多分これ↓。

イメージ 15






(ある日のGW撮影)

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

GWセールだから、ゆっくりモーニング食べて歩いてお店に向かったらゆうりちゃんから電話がかかってきました。
朝から元気だなと思って出たらお店の前にいるとのこと。
ここで引き返せばいい睡眠が取れたのですが、すでに起きていることがバレた私は逃げられません。
そのままお店に行き、一番前で万札をひらひらさせている彼の話を聞きながら開店を待っていました。

開店と同時にショーケース前に行き、セレブの服の買い方みたいにこれ、これと示してなくなっていくカードたち。
嵐が去ったような状態になりましたとさ。

私も多少のおこぼれがありました。
ゆうりちゃんはなんだかんだで優しいのです。その優しさに騙されてはいけないのです。





(5月6日撮影)

イメージ 19

ホビーオフにあったので買いました。
よーし、ラフレシアロックしちゃうぞ〜。

レジェンド環境のデッキ、そういや持ってなかったので組まなくては。
ラフレシアロックってどういうデッキなんだ?
ジャンクアームが入らないのは最近習ったです。


時間を区切ってどこまでいけるか、とつらつら書いてましたが、まさかここまで買ってるとは思わなんだでした。
やばいな、どうりでお金がないわけだ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

どうもこんばんは。
遅ればせながらチャンピオンズリーグ千葉大会1日目に参加してきました。

この日に向けてよるのこうしんや白レック、ゲロジュナやジュナイパーヤミラミを試してきましたがしっくり来ず。
焦ったうえで組んだスカイリターンホLO(ライブラリーアウトデッキ)ですらボルケニオンに焼き焦がされたので大会2日前。本当に焦っておりました。
調整不足なのは眼をつぶるとして、環境に出てきた悪と速攻型として勢いがある雷に優位に立つことと、対戦した相手から大体回し方を理解することができたルガルガンを組んで参戦しました。
こちらの展開を早くするためにせせらぎの丘を、打点を上げるためにレジロックを採用した型です。

前日に会社の飲み会があり、家に帰ってきて最終調整してデッキシートを打ち出し出発したら肝心のデッキを家に忘れる痛恨のミスを犯して取りに帰るというハプニングもありつつもなんとか到着。
大会前日の飲み会はどんなことがあっても断ろうな・・・。



1回戦 ブルルラランテスウソッキー ××
バトル場オープンして悲痛な叫びが出る始末。
あちらブルルでこちらイワンコスタート。
お相手先攻でだいすきクラブからカリキリが並んでもう手のつけようがない。
前のイワンコ見捨ててベンチのイワンコエネ貼ってエンド。
次のターンにお相手からのNでテンポを遅らされ、ブルルのつのでつくを10耐える算段もにほんばれによって狂う始末。
エネついたブルルをGXわざで倒すものの、2体目のブルルが用意されて負け。
ブラッディアイでしばってコケコでばらまこうにもかるいし引かれて対応されて無念なりけり。
コケコじゃなかったか・・・。

2試合目もブルルに170しか打点がのびず、倒しきれなくて押し切られて負けました。
170までは常時出るものの。180ラインには届かないのは相当辛いです。
レジロックを厚くするかククイはかせを採用すればよかったと後悔しました。
この時点でデッキの不満点を発見したにもかかわらず、シートを提出したため変更ができないもどかしさを感じました。もっと強くできた・・・。


2回戦 カプ・コケコGXカプ・テテフGXサンダー ○ー
この試合もコケコGXやテテフGXが闘魂の回しを巻いて殴ってくるのと改造ハンマーでルガルガンのテンポが遅れる苦しさを味わっていました。
ただ、以前カプ・コケコGX+ホエルオーデッキを使用していたためわかるのですが、2体目のコケコGXが用意できない状態でアタッカーが落ちると防戦一方になることは理解できていました。
ワンパンできないコケコGXであればデスローグGXで葬り、押し切る戦術を取りました。
それでもただでさえ苦しい闘魂の廻しに加えてエーテルパラダイス保護区でワンパンできないのはきついの一言です。

1戦目をなんとか取ったものの2戦目はガン事故起こして防戦一方。
時間切れにより引き分けたもののあと10分あれば負けていました。



3回戦 不戦勝
となりの卓に旧裏オフで会うミラさんがいました。
ゲロジュナとお相手がダストダスでした。
僕もゲロジュナを握ろうとしていたけどユウリさんのジジダストにフルボッコにされてからあきらめたのです。
それほどまでにジジーロンGXが辛いのです。
もう隣に見たことある人が対戦していましたがどこであったかはわからなくてもやもやしながら席を立ちました。


4回戦 アロキュウジュナイパー ××
まさかのチムアチャにあたるとは・・・。
しかもヨネダさんの妹さんでしたか・・・。

フェザーアローの頭数を減らして殴り勝つしかないと踏んでせせらぎの丘→ウソッキー呼んで展開を遅らせていきます。
ジュナイパーにさせないようにフクスローを倒したところでワンダータッチ→エリートトレーナーで手札を減らされて展開が遅れます。
それでもイーブイをブースターにしてかるいしのついたジュナイパーを倒したりしてサイド1枚までしたところでNでサポートが流され、その間に立て直されて負け。
テテフに160しか出せなかったことが打点不足を物語っています。

2戦目もゲロゲをテテフで倒して先手は取るもののエリトレやNでテンポが遅れて負け。
エネくじが全く仕事をせず、毎ターン貼れなかったことがもうあれですね。実力の差です。


こうして2-2で幕を閉じました。
正直すべての準備が足りておりませんでした。
課題が見えたことはせめてもの収穫、次の池袋までは何かしらのデッキを一つ磨いて本番に臨みたいと思うのでした。
サイドイベントはさだこさんとチンパンジーとチーム組んで参加したり、川越のグッズロックおじさんを応援したりして楽しんでましたが疲れからか発熱をし、翌日仕事があったため大事を取って早めに帰りました。
ユウリさんが優勝でする瞬間に立ち会えなかったのが心残りです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

千葉大会まであと2週間。
握りたいデッキとデッキを握るためのスキルが足りないため修行の旅に出てきました。
この日は終日ゲロジュナを握りました。

まずは朝早くから開催されている保谷スピリッツ。


参加者:6人
1回戦 ダークライGXビクティニカラマネロ 6-0 勝ち
こちら後攻だったのでブルブル体勢整えてブルブルしたらお相手止まったのでジュナイパー立ててベンチを制圧。
シェイミとダークライGX、ビクティニ2体倒して勝ち。



2回戦 ライボダストナンス 4-1 時間切れ勝ち
あちら前ライボこちら前ゲロゲでスタート。
大海でのダメージ全回復を嫌ってこだわりハチマキブルブルしたらアサルトレーザーでたくさんダメが乗る始末。
アセロラで回復して盤面を整えます。
フラダリヤブクロンしてフェザーアローバラマキしようと思ったら返しにコイン表でエネルギー剥がされる始末。辛いです。
ダストダスになられるの面倒なのでヤブクロンを倒していきサイド残り2枚まで持っていきました。
しかしお相手の場にはMライボルト(100/210)がいます。


こちらの場:ジュナイパー草無無
こちらのベンチ:ジュナイパー×2カプ・テテフモクロー(ダメージなし)、ゲロゲ無無軽石(ダメージあり)
スタジアム:巨大植物の森
手札:巨大植物の森、エーフィEX、サーチャー、ハイパーボール、ジュナイパーGX
トラッシュサポ:プラターヌ、フラダリ、AZ、アセロラ、クセロシキ

山札にフクスローがいることは確認済み。
このターンでサイドを2枚取る方法を考えよ。


答えはサーチャー→アセロラによりゲロゲ回収
→ハイパーボールでかるいしゲロゲをトラッシュしてフクスロー選択
→空いたベンチにモクロー進化でジュナイパーまで
→フェザーアローすべて前からのジュナイパーはっぱカッターでMライボルトきぜつありがとうございました。

結局時間までにそれを思いつくことができずモクロー差し出してターンエンドしちゃいました。
昔のPCLに挑戦みたいな盤面でした。


その後は池袋→東長崎へと向かってバトルしました。
対戦数多いので簡易レポにて。

池袋アメニティードリーム
1回戦  初心者 6-0
最終戦 夜ルガルガンメレシー 1-6 負け


池袋ホビステ
1回戦  メタグロスソルガレオ 勝ち
2回戦  夜ルガルガン 勝ち
最終戦 エンニュートゲロゲテテフ 勝ち


ぶんぶく
・ミミッキュダスト  勝ち
・ジジーロンダスト 勝ち
・ジジーロンダスト 負け


対戦してくださった方、ありがとうございました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

腰をいわしているあさりのみそしるさん。
行きつけの接骨院に足を運びがてらジムチャレンジしてきました。


昼の部:参加者2人
使用デッキ:白レック

愛知でシニアが白レックで上位だったことに触発されて久しぶりに握ってみました。
構築も寄せてみてどう動くのかを検証したかったのです。

最終戦 ゲロジュナ 6-2? 勝ち
初手にサーチャー来るもののバトルコンプレッサーが来なくて、サポもクセロシキしかないため展開できずエンド。
お相手も事故っていたようで展開できずだったのでドローゴーをしばらく続けて展開スタート。
この時点で白レックの良さが発揮できていませんが、M参加して殴り続けて勝ち。

その後のフリーではゲロゲに蹂躙されたので、先ほどの勝利はたまたまみたいでした。


腰をしっかりほぐしてもらい買い物して夜の部に臨みます。



夜の部:参加者2人
使用デッキ:Mサナ

2…2人?!
八王子の人の少なさを嘆きつつ、昼の部と同じ方との対戦です。
その前に他店でばったりあってフリーしていたので手の内分かってるのですが。笑


最終戦 ボルケニオン 2-6 負け
シェイミスタートでフーパドローできてサーナイト持ってきて喜んでいたのもつかの間、ソウルリンクもエネも谷も引けない事案が発生。
3ターンくらいドローゴーしてたらお相手の小バルくんが仕事をし、大ボルにエネルギーがたくさんついていく。働きすぎだろ。

その後はポケモンを差し出し続けて負け。

プレイがガバガバのガバちゃんでデッキが泣いていると奴の言葉が刺さります。
すまない…力不足です。
時間ないけどお勉強ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事