荒野の狼

気張らずにありのままの自分でいよう。

全体表示

[ リスト ]

牧師の遺言とその母


松沢秀章という牧師は実におかしな牧師だった。頭は長髪ボサボサで、髭をたくわえ、いつでも黒のジーンズをはいてジーンズの後ろのポケットにウォレット・チェーンをつけたウォレットを押し込み、銀のブレスレット、銀の指輪、黒のウエスタンシャツの襟元から銀の十字架を覗かせて、ハーレーに跨り街を走り抜ける。
礼拝にもそのスタイルでメッセージをしていた。形にとらわれない自由な在りのままの人だった。 ある時、近くに在る光が丘公園をC型肝炎で疲れた顔をして散歩していたら、警察官に怪しまれ職務質問をされ、牧師だと名のったら信用されず教会へ電話して確認される始末。

キリスト教兄弟団の理事の先生たちは、パリサイ人がイエス様を見る様な眼でこの牧師を見つめていた。
でも、しかし、彼の口から出て来るメッセージはと言うと。

イエスさまの説教になぜ人々は魅かれていったか、それはパリサイ派や律法学者のように、律法を引用しながら長々とややこしく話すのではなく、誰の言葉も借りずに自分の言葉で話しをしていたナザレのイエスという人間に他の預言者とちがうものを感じていった。それが人々を信服させる力になっていった。

このことは、今、メッセージをしている牧師さんたちにも言える事。聖書を引用しながら長々とややこしく話す。稚拙な論理をふりまわして分かり難い、これが1パーセントの要因。ハートが無い!人を魅きつける魅力がない!

彼は違っていた。彼の口から語られるメッセージは自分の言葉でイエスの愛を語っていた。誰にもよく分かる言葉で話していた。松沢秀章の心の中には、松沢秀章を見つめていてくれているイエス様がいつも居た。だからイエスさまの愛を自分の言葉で語る事が出来た。愛の豊かな人であった・・・・。

彼が生前に母に言い残した言葉があった。

「おふくろ!今は牧師の母として大事にされているが、俺が死んだら、おふくろに辛くあたる人も出て来るぞ! そんな時は決して恨んだり、怒ったりしては駄目だぞ! それをやったら信仰が薄いんだぞ!」
て、お母さんは私に話してくれました。

「秀章の言ったとおりになった。親しくしてくれていた人から手のうらをかえすように、冷たくされ“教会のお墓によく入れるわね!”とまで皮肉を言われて挨拶もされなくなった。」て・・・・。
そんな時、秀章に言われた通りに祈った・・・。

私の目から見るとお母さんは偉かった。
私が寂しくて教会へ行けなかったのに、お母さんは回りの冷たい目線を感じながら、寂しい気持ちをこらえて、決して健康とはいえない身体を押して欠かさず教会へ行っていました。

でも三年が過ぎ相手方との民事賠償の問題も解決して落ち着きを取り戻したこの頃、冷たくしていた人の心もお母さんに優しい言葉をかけてくれるようになってくれて
「秀章の言った通り恨まず祈る事で、大きな恵みとなったことに感謝しています」と話してくれた。

その時、お母さんから一通の手紙を見せられた。お母さんによって、三年間封印されていた手紙だった。
その手紙とは、あの事件の時共に亡くなわれたS主婦のお母さんからの手紙だった。

しかし彼女も障害を持った娘さんを抱え、重荷を負った生活に疲れて死をも考えていた時期もありました、彼女自身もC型肝炎を患っていて苦しい立場でした。

それを救ったのが松沢さんでした。彼女にじっと寄り添い、同じ病の苦しみを分かち合い愛ちゃん(娘さんの名前)共々サポートしていたのです。(旦那は?と言っても名ばかりの人でした)あんな事件が起きてしまって、松沢さんは特に主婦達から強烈なバッシングをうけ教会を去って行った人もありました。

残された家族との民事保障の話し合いも三年ぶりに解決した今、松沢さんのお母さんは私に三年間封印してきたS主婦のお母さんからの手紙を私だけに見せてくれました。
その手紙には切々とS主婦と松沢さんとの思い出と彼によって救われた我が子への感謝の気持ちが一杯溢れ出てくるような素晴らしい手紙でした。××子は幸せでした。とまで書かれていたのです

表面でしか判断できない人の寂しさよ、その裏には隠された真実があるのです!

お母さんはその手紙を誰にも見せずに封印しておりました、交渉の手段に使われたくなかったのでしょう。ボロボロになって死んでいった松沢秀章にどこかイエス様の面影が見えるのは私だけでしょうか・・・・。

成増教会の皆さんへ・・・。

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

>表面でしか判断できない人の寂しさよ、その裏には隠された真実があるのです!

その真実が他の人の目に曝すことができないものであればあるほど、批判の中ではそういった真実はさらに隠れてしまいます。

残された私たちにできることは、彼のためにもその痛みと悲しみを魂に刻んで、生きることだけなのかなあと思っています。
その魂に刻まれた傷から、私たちが生きた福音を語るのであれば、松沢先生は何よりも大きな偉業を成し遂げたことになりますから。
一粒の麦のたとえのように。。。

2010/3/13(土) 午前 2:13 [ - ] 返信する

顔アイコン

ありがとう中川さん! 中川さんのような牧師さんに出会えた喜び、恵みはこれも「一粒の麦」のたとえのように、彼の死を通して私に与えてくれた、恵みだと思っています!
これから横浜の教会も益々魅力のある教会になっていきますね!私も遊びに行く理由が一つ増えました。ワクワクする気持ちでいます。
春の芽吹きと共に新しい一輪の花が植えられましたね!

2010/3/13(土) 午前 7:23 荒野の狼 返信する

顔アイコン

>彼の死を通して私に与えてくれた、恵みだと思っています!

私は松沢先生を通して恵みを受けましたよ。

世に対して体面を繕うのは教団の仕事ということにして、捨ててはならない大切なものを受け継ぐのは、他でもない「私」の役割ですからね。教団のきれい事に付き合っていたらやってられません。

2010/3/18(木) 午前 1:37 [ - ] 返信する

顔アイコン

アーサーさんの、熱いぶっ飛んだライブメッセージを聞いた後に、
フラフラとここに導かれました。
僕は、馬鹿だから良く分からないけど、荒野の狼さんのブログに癒されました。
ありがとうございます。また来ます。 削除

2010/4/21(水) 午後 5:25 [ kiyo ] 返信する

顔アイコン

kiyoさんありがとう!パソコンのパの字も知らなかった私が、松沢秀章という素晴らしい牧師が泥まみれのままで忘れ去られてしまうのが悔しくて、書き始めたブログでした。友達として、キリストへの導きの我が師としての彼にしてあげられる事はブログで多くの人たちに知って貰う事でした。だから[kiyo]さんのコメントぐらいうれしいものはありません!ありがとう!

2010/4/21(水) 午後 6:18 荒野の狼 返信する

顔アイコン

返信ありがとうございます。
アーサーさんの本を読み、松沢さんというクレージーな存在を知りました。
特に、お酒を飲む時に「ジーザス乾杯」って、シーンが好きで、心が救われました。
僕は、そんな牧師が好きです。
僕は、たまに教会の十字架に小便したくなる時があります。
こんな話をしてすみません。 削除

2010/4/22(木) 午前 9:19 [ kiyo ] 返信する

blog、本日ひょっこり見つけました。感謝…秀先生の礼拝には上京後(12年前位)渋谷とか新宿とかに日曜の午後お邪魔していました。もうすぐクリスマス…この時期になると又一段と秀先生のメッセージを聞きたくなります。先生の事は今でも大好きです。そういえば成増に注文しているテープ、いつできるのかなぁ…(笑)

2010/12/14(火) 午前 11:35 [ ひまわり ] 返信する

顔アイコン

ひまわりさん!
当然私とも会っているよね! 誰だろう?
皆が忘れ去っても、松沢秀章はわたしの心の中にいまも生きています。これからも荒野の狼のブログ覗いてね!

2010/12/14(火) 午後 8:25 荒野の狼 返信する

荒野の狼さん
はぁ〜い又お邪魔させてもらいます。
私の中でも生きてます。1番暗い所を歩いてたあの頃、秀先生のメッセージでどれだけ救われたかしれないです…わからないと思うんですけど席は後ろの隅とかで一人が多かったので狼さんご家族や秀先生の前とかってよくあったです。いつか同窓会?なんていいですねぇ(笑)ではではまた〜GodBlessYou

2010/12/14(火) 午後 11:29 [ ひまわり ] 返信する

顔アイコン

荒野の狼さん ずっとお会いしたいなあと思ってました。お願いされて千の風を歌ったわたしです。松沢先生は 荒野の狼さんと一緒にいるとき
すごく幸せそうで リラックスして子供のようでしたよね、、ブログ見つけて癒されました。
ありがとうございます。 削除

2010/12/31(金) 午前 2:45 [ 千の風 ] 返信する

顔アイコン

本当に久しぶりです!うれしいです!
私も機会があれば会いたいです!
そうでした、あの時はまだ『千の風』がヒットしない前でしたね。
新井満の歌を聞いた時、いい歌だなぁと思いました。もう一度聞きたいと思ってもその当時はなかなか聞くことが出来なかった・・・『千の風』の本の中に譜面と歌詞が載っていたので00さんにお願いしたんだったよね。そおしたら、新井満が歌うよりもっと素敵だった!
今でも、誰の歌っている歌よりも、00さんの歌う『千の風』が好きです!

2010/12/31(金) 午前 7:51 荒野の狼 返信する

顔アイコン

義也が歌が好きで、学校の先生に「きれいな声で上手に歌うね!」って誉められたて、自慢していました(^-^)親馬鹿かな!
いつかゴスペルを歌わせたいと思っています、その時はよろしくね!

2010/12/31(金) 午前 8:02 荒野の狼 返信する

顔アイコン

宗教ではなく、ただイエスを愛する松沢牧師のメッセージを忘れることは出来ません。なんてスイートな人なのかと思っていました。イエスもスイートだからこそ…ですね! 削除

2018/6/12(火) 午前 3:31 [ インマヌエル ] 返信する

松沢先生はもう20年以上前に開かれた学生キャンプの講師でした。太宰治が好きで、イエス様の事がもっと好きで。喜びのあまり酒盛りをして神学校の屋根から放尿したエピソードは忘れられません。 とかく、教会内で不祥事と言われるようなことは「つまずくから」と隠されてしまう傾向にある中、松沢先生の壮絶な晩年に何があったのか、事実を知らせてくださり心から感謝いたします。

2018/8/20(月) 午後 10:33 [ ich*c*i ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事