楽山日記

本、映画、ドラマ、音楽、人生、思想、生活…など、風の吹くまま気の向くままに綴ります。

全体表示

[ リスト ]


思い起こせば、自分がハマっていたカルトは、人間の本質については次のように規定していた。

・人は神の子であって、神と同一の性質を有する。
・人の内奥には神性が宿っており、それを顕現させれば神と合一できる。
・人は自らの霊性を磨き、高めることで進化し、神となることができる。
・人は心の曇りを晴らすことで、天上界と同通し、高級諸神霊のメッセージを受け取ることができる。
・人は心の曇りを晴らすことで、霊道を開き、霊能力を得ることができる。
・人の本質は霊であって、永遠の生命を有する。
・人の能力に限界はない。思ったことは実現する。だから自分にはできないと自己限定をしなければ、無限に発展してゆくことができる。
・キリスト教でいうところの原罪だとか、罪の子などという考え方は間違いである。人の本質は神とつながっている。

これらをまとめていえば、人は本来、神であって、永遠、無限の存在であるということ。高度な悟りを得れば、意識は宇宙大に広がり、宇宙即我、梵我一如、神我一如というような境地に達すると…。

   

自分は信者だったので、上のような人間観を信じていたわけだけども、今になって冷静になってみれば、
このような人間観は、自己肯定感を高め、より積極的な生き方を後押しするという良い面もあるだろうけれども、
鼻持ちならぬほどの高慢さを生み出すという一面もあったのは確かだ。

まあ上の思想を信じたゆえに、高慢になったり、反省しなくなったりする者が出たとしても、
それは上の思想が悪いというよりも、その者の解釈、理解がまちがっているとも言えるわけだけれども、
たとえそういう場合であったとしても、上の思想自体が、そういう勘違いを生みやすいという欠点を持っていることは否定できない。

こう考えると、思想というものは本当にやっかいであるし、それを信じるときにはよくよく注意しなければならないんだなあと思う。

   *

ちなみに自分みたいなお調子者は、人は神の子か、罪の子かは証明しきれないことだろうし、
それだったら真ん中を取って、その時々で二つの考え方を活用したらいいんじゃないかと思ったりもするが、
多分これは、無宗教的な考え方であって、熱心な信者からしたら受け入れ難いものだろうなあと想像する。
やっぱこの種の問題は難しい。

〈了〉

閉じる コメント(90)

顔アイコン

> 自由さん おはようございます

「教えは絶対ではなく、その反対の考え方にも理がある」

そうですね。
教えはすべて相対的で、一長一短、それも状況によって変わるのですから、教えそのものによってマインドコントロールされることはなく、その人、人格に対するマインド・コントロールされると教えが絶対化され、心の自由を失ってしまうから怖いですね。
教えをいくら批判しても、「アンチは悪霊悪魔だ、アンチの言うことを聞き入れてはいけない」「もっともらしいことを言ってるけど、決して騙されないぞ!」となるので、
カルトやカルト的な人と話すと、問答集に従って話していて言葉が通じないことがほとんどですね。

あちこちの記事を読んで足跡コメントを残していますが、見過ごししてくださっていいですよ。

2019/1/31(木) 午後 0:02 [ shalom ]

顔アイコン

何といったらいいか、全部が全部そういうわけではないのだけど、信者さんのなかには、現実を教義に合わせて変換してしまう人がいるんですよね。

現実には、アンチにはいろいろな人がいて、いろいろな考え方があるわけだけど、そういう信者さんは、アンチが何を言っても、「アンチはこういう考えを持ち、こういうことを言うものだ」という教義に合わせて変えてしまう。
アンチの言葉をそのまま聞き、理解するのじゃなくて、必ずと言っていいほど、「アンチはこう言う」という教義に合わせて変えちゃう。これは本当にやっかいです。

最近は、「悪魔の論理との戦い方」という本が出たようで、信者ブログを読むと、悪魔が何を考え、どんな言葉で惑わしてくるか分かったというようなことを書いてたりするので、上の傾向はますます強まるのだろうなあ……。

2019/1/31(木) 午後 7:31 [ 楽山 (自由) ]

顔アイコン

なんか、愚痴っぽくなってますね。失礼。

2019/1/31(木) 午後 7:32 [ 楽山 (自由) ]

顔アイコン

>あちこちの記事を読んで足跡コメントを残していますが、見過ごししてくださっていいですよ。

そう言ってもらえるとありがたいです。どうも。

2019/1/31(木) 午後 7:33 [ 楽山 (自由) ]

顔アイコン

> 自由さん こんばんは

「アンチの言葉をそのまま聞き、理解するのじゃなくて、必ずと言っていいほど、「アンチはこう言う」という教義に合わせて変えちゃう。これは本当にやっかい」

ですからカルトなのですが、カルトは批判を胎盤として誕生しているのですから、カルトを正そうとして批判しても、「よく悪魔が何を考え、どんな言葉で惑わしてくるか分かったと・・上の傾向はますます強まるばかりになることが多いようです。そういうとき、イエスさまは私たちを“裁いてはならない、裁く(批判する)あなたも同じことをしている”という聖書の言葉(マタイ7章冒頭)の真実に向き合わせられたりすることがあります。批判している時の自分の姿って自分には見えない、気づきにくいですから、ついこちらもムキになったりしてしまうことがありますから。(◎_◎;)

2019/1/31(木) 午後 9:48 [ shalom ]

顔アイコン

自分の姿が見えず、むきになってしまうというのは、確かにありますね。
人を裁くな、立ち向かう人の心は鏡なり、人の心は変えられない、変えられるのは自分のこころだけ…戒め、教訓はたくさんあるけど、議論が白熱して、言い合いみたいになると、そういうことはつい忘れてしまうという。
そういや、スッタニパータにも論争から距離をおくべしというような話はありましたね。

2019/2/1(金) 午前 6:36 [ 楽山 (自由) ]

顔アイコン

> 自由さん おはようございます。

ぶろぐ「 釈迦仏教の根本思想について」のdyhさんによればッスッタニバータは仏陀の語った元の言葉であるということで、アートマンの存否については無記として、争いのもとになるから、一切議論しないと考えられていたようです。dyhさんは涅槃寂静?の体験をされ、一切の議論から退かれ3年ぐらいになるでしょうか。でもdyhさんの記事を読んでコメントすると丁寧にコメントされますね。

2019/2/1(金) 午前 9:20 [ shalom ]

顔アイコン

仏陀の根本仏教ではアートマンの存否について無記とし、死後の世界も無記、当然仏像信仰もなかったのでしょう。ひとりの人間の瞑想修行によって生老病死という四苦と愛する者との別れや、嫌な人に会わずにはいられないなどの八苦からの救いを修行によって悟りを得、涅槃寂静に至る出家修行仏教の小乗仏教か、またはアートマンであるアートマン?的な阿弥陀如来による本願成就による救いを信じる在家大衆救済大乗仏教に分かれているようですね。大乗仏教は長い歴史の中で仏典結集が繰り返される中で、仏陀の教えから離れ変遷を経て産みだされた仏教の新興宗教だったのかもしれませんね。今は真の仏陀による根本仏教はネパールやスリランカ(旧コロンボ)などのほかではほとんど残っていないとも言われているようです。

2019/2/1(金) 午前 9:23 [ shalom ]

顔アイコン

シャロームは、批判からカルトが出来るようなことを言っています。批判に何も答えることが出来ず、反論も弁明も出来ないものだから、シャロームは、自己正当化のために、批判が悪いということにしたいようです。

シャロームは、誰からも批判されず、好きなことを言い続けたいようですが、もうしそうなれば、キリスト教も、キリスト信仰も、救いも、シャロームの幼稚な妄想に付き合わされることになり、また、人間の、理性も、情性も、真実追求も、正義も、言論も、善いものは全部、妄想に取って代わられてしまいます。それは、人類の堕落と神への背きが支配する世界です。

2019/2/1(金) 午前 9:47 st5402jp

顔アイコン

何度でも言います。シャロームの、罪は悔い改めなくても赦されるから気にしなくていい、という言説が、妄想であることは明らかです。もしすべての人が信じたら、シャロームのように我欲のままに、嘘を吐き、偽善を働き、人を無視して、誰もが勝手なことして悔いないような破滅的な世界になります。シャロームは、自分が何を言っているのか、分からないようです。

2019/2/1(金) 午前 9:47 st5402jp

顔アイコン

またシャロームの詭弁です。批判は、カルトの偽善者であるシャロームに向けていますが、シャロームは、それを教えを批判していると言っています。このような、すり替えを平気でしてくるのが、シャロームです。したがって、言葉が通じないのは、シャロームのほうです。

2019/2/1(金) 午前 9:48 st5402jp

顔アイコン

カルトは、批判を胎盤とはしていません。カルトは、シャロームも含めて、自説絶対の訂正不能を胎盤として生まれ、正当な理路と情緒を滅ぼしてゆきます。そうして、シャロームは、自分で人間としての説明が出来ないものだから、先手のように、悪魔を登場させ、超常世界の妄想によって、それを批判者に向けて、正論を滅ぼしてゆく狙いのようです。

2019/2/1(金) 午前 9:48 st5402jp

顔アイコン

妄想と訂正不能にどっぷりとつかっているシャロームこそ、自分の姿が見えない、気づかないのです。それを、いかにも、自分が正論で柔和であるかのように見せかけるために、ムキになることを戒めていますが、シャロームは、向きになる代わりに、動じない信仰ではなく、不感不応の無視を生業として、自分が反論できないことの正当化をしているのです。
恐ろしい詭弁家がいたものです。これが、ずうっと、シャロームの生業なのです。

2019/2/1(金) 午前 9:49 st5402jp

顔アイコン

(自由さん)
自分の姿が見えず、むきになってしまうというのは、確かにありますね。

(私)
むきになって、心を乱すほうが、セメントのように無反応になって、代わりに「(笑い)」を入れるよりは、よっぽど、人間らしいと言えるでしょう。

2019/2/1(金) 午前 9:55 st5402jp

顔アイコン

(自由さん)
人を裁くな、立ち向かう人の心は鏡なり、人の心は変えられない、変えられるのは自分のこころだけ…戒め、教訓はたくさんあるけど、議論が白熱して、言い合いみたいになると、そういうことはつい忘れてしまうという。

(私)
議論は何のためにあるのでしょう。テーマについて掘り下げてゆくことで、是非、正邪、適否、善悪、そういったものを、人間として目一杯判断するための材料を提供するためです。「人の心は変えられない、変えられるのは自分のこころだけ」を前提にしてしまったら、現出するのは、何も変えられない世界、進歩も成長もなく、悪や偽善が好きなようにはびこる世界です。

2019/2/1(金) 午前 9:55 st5402jp

顔アイコン

ろくに議論も出来ず、反論の理路も持たず、妄想をごまかすためにだけ丁寧語を漁ってくるシャロームのような偽善者にとって、今回も、聖句「さばくな」の悪用によって従わせるような批判禁忌の不文律は、もはや武器となっています。まさに、批判禁忌は、キリスト教の先入観がが生んだ最悪の産物であります。

2019/2/1(金) 午前 9:56 st5402jp

顔アイコン

上でスッタニパータに振れたので、一応、見返してみたけど、「論争をしてはならない」としてますね。部分を切り取って読むのはダメだろうけど、他の箇所を読んでも論争を奨励してるという感じはしないですね。

>895 これらの偏見を固執して、「これのみが真理である」と宣説する人々、──かれらはすべて他人からの非難を招く。また、それについて(一部の人々から)称賛を博するだけである。

>896 (たとえ称賛を得たとしても)それは僅かなものであって、平安を得ることができない。論争の結果は(称賛と非難との)二つだけである、とわたしは説く。この道理を見ても、汝らは、無論争の境地を安穏であると観じて、論争をしてはならない。
http://hosai02.la.coocan.jp/dammapada-01/suttanipata-all-text.htm

2019/2/1(金) 午後 7:59 [ 楽山 (自由) ]

顔アイコン

私を偏見だと言って、シャロームの偏見を見逃している。なぜかと言えば、シャロームは世辞を言うので楽だから。

2019/2/2(土) 午前 5:53 st5402jp

顔アイコン

私は、シャロームのような偽善者にとって迷惑で有害だろう。シャロームは、全てのキリスト者にとって、気づかれにくく、迷惑で有害だ。
闘わない者は、平和を造れない。闘いを否定する者は、他者の犠牲と死を、かわいそうに、と言いながら放置する。
偽善者らしくなってきたようです。

2019/2/2(土) 午前 5:56 st5402jp

顔アイコン

あなたは、アドラーからも、スッパ何某からも、楽になるようなことだけを学んできたように思われる。あなたは楽になり、気づかないうちに、誰かが苦しむだろう。真実の追求を止めて、自己の安寧に走っている姿。

2019/2/2(土) 午前 6:00 st5402jp


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事