ここから本文です
りんどう山の会
高知の同好会です。一緒に行きませんか?このブログPCまたはタブレット向けに作っていますのでスマホの場合表示がずれます。

書庫会報:山行記録

山の会の山行記録を掲載(注)掲載日と山行日は一致しません
記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 10連休の後半、混み合う主稜線を避け、四国西部の300名山三本杭登山を1泊2日で楽しんだ。
◎日時
   5月4日 アクセス(途中で買い出し)と 前泊(滑床キャンプ場でテント泊)
   5月5日 滑床を遡行し一周 
         松丸のぽっぽ温泉(65歳以上割引あり)で汗を流し 帰高
◎メンバー Fito Shozo Iba Tera Mito Zeni   Emi 7名
イメージ 1
◎コースタイム  歩行約6時間
万年橋登山口7:00-7:25雪輪の滝7:30-8:00千畳敷8:07-9:05奥千畳9:15-10:23熊のコル10:30-11:00三本杭11:40-11:55シャクナゲの森-12:38御祝山12:45-13:31林道出合13:36-14:05登山口
◎5日
 万年荘でキャンプ届け、一人300円。窓口はアイスクリームを購入するお客で列をなす。本来はユースホステルだが今は休止中とのこと。ちなみに近くのホテルも営業休止中。
6人で5張り、他に3張り。見かけは賑あうキャンプ場です。水場・トイレも近く便利ですが駐車場が少々遠いのが難点。
 焚き火を囲みビヤ缶チキンローストで盛り上がった前夜祭でした。
◎6日
 テントなどを片付け車に詰め万年荘上部の駐車場へ移動。雪輪の滝まで左岸を遡行。吊り橋は工事中で通行不可のためその先で渡渉。地図上にはそのまま左岸を詰める歩道もあるが、ここからはほとんどの登山者はもっぱら右岸を歩くようです。
 途中奥千畳までは支流の滑滝の渡渉もしつつ滑床の景観を楽しみながら遡行。奥千畳から熊のコルまではきつい上りで鹿害防除ネットが現れるすぐ峠にでる。
 三本杭山頂は鹿害被害でハゲ地になってると想像していたが、笹原は見事に回復していた。地道な取組の成果でしょう。
 程なく上がって来た宿毛の集団と幡多弁を楽しんだ後、下山。途中に現れるシャクナゲは満開です。屋久島の大群落には負けるが全国でも有数の群落ではないでしょうか。
 帰路、松丸駅2階のぽっぽ温泉に入浴して18時過ぎ帰高。
◎注意点 御祝山からの下りでは尾根直進しないように。左折ポイントがわかりにくい。
↓ビヤ缶チキンロースト 美味しく焼けました..
皮はこんがり肉はジューシー
イメージ 2
↓更け行くまで山談義
イメージ 3
橋の左岸から登山開始
イメージ 4
↓支流から落ちる雪輪の滝
イメージ 15
↓千畳敷で一本
イメージ 5
↓熊のコル 鹿被害で下草がない
イメージ 6
↓ 快晴の山頂、宇和海も綺麗でした
イメージ 7
↓数箇所ある登山路のゲートはしっかり戸締まり
イメージ 8
↓下ること10分でシャクナゲの群落地到着
イメージ 9
↓見頃で、ラッキーでした
イメージ 10
↓所々に設置してある道標ですが、肝心なところに無いところも・・・
イメージ 11
↓林道出合
イメージ 12
↓道標がほしいポイントの一つ、逆コースでは直進してしまう
イメージ 13
↓橋の右岸側に下山
イメージ 14

開くトラックバック(0)

 某アウトドアショップの店長(東北出身)さんが高知にいる間に高知の良いところを知ってもらおうと企画した第1段。まずは手軽な北山ハイキング(散歩)コース。
◎日時 3月14日・・・平日の木曜日 
◎参加者 N店長 Fito Sozan Sino Kanjin Kenchan Zenyi Mito  8名
イメージ 9
◎コースタイム
 金谷橋9:00-10:10ぼうろく峠10:15-11:00七ツ淵神社11:10-12:00ぼうろく峠(昼食)12:30椎野峠12:35-13:40金谷橋  (歩行時間 約4時間)
◎高知市中心部からなら車を利用しなくてもハイキングが楽しめること・その日の気分でコースを選べることで北山ハイキングはN氏も気に入ったそうです。
 平日だというのに常連シニア(Kenchanもその一人)の10人ほどとぼうろく峠で一緒に昼食。山仲間=茶飲み仲間?のようで2〜3日顔を合わさないと心配するとのこと。
↓金谷橋バス停傍のスーパー駐車場で集合。イオンからも近い。
イメージ 1
↓登りは植林地内が多い。登山路は有志によりきれいに手入れされています。
イメージ 8
↓途中の休憩所、高知市内から土佐湾までが展望できる。
イメージ 2
↓ぼうろく峠休憩所、ここから七ツ淵神社まで往復、帰りにここで昼食。
イメージ 3
↓ぼうろく峠を下ると小川沿の道、対岸には四方竹林がある。
イメージ 4
↓春の花も、何スミレでしょうか?
イメージ 5
↓七ツ淵神社、水神を祭ります。名前どおり滝と滝壺があります。
イメージ 6
↓清水川上部の峠(コースは3つの鳥居をくぐる神社への参詣道
イメージ 7

開くトラックバック(0)

2019 2月例会
 今年の冬はかつてないほどの暖冬で四国の山は雪不足です。どうしたことでしょう。降雪は何回かあったが根雪にならず消えてしまっている。
 モンベルのツアーも予定されていたはずですが雪がないので中止になったのでしょう。他の入山者は1名だけ。例年シリセードができる防火帯も雪なし、それでもブナ林の霧氷は素晴らしかったので良しとしましょう。
◎日時 2月9日 日帰り 7:00集合  (Sozan&Zenyは登山口)
◎メンバー Buriburi" Zeny Sozan Fito Ibachan Mito  6名
イメージ 1
◎コースタイム
 登山口8:30-9:30小屋10:20-10:27山頂10:31-林道出合11:00-11:45登山口
↓先行登山者1名を追っかけ登山開始。アクセスもチェーンは不要でした。
イメージ 2
↓北面には所々に雪が残る
イメージ 3
↓撮影場所を選べば雪山らしい雰囲気です
イメージ 4
↓地図にも記載されている山の神様に到着
イメージ 9
↓社務所・お祭りの場所として作られた山小屋でしょう、
昔は脇にトイレも有りました
イメージ 8
↓手作りのストーブが置かれています
イメージ 10
↓湯を沸かし早めの昼食
イメージ 11
↓小屋から5分ほどで山頂到着、しかし、ガス雪で展望なし
イメージ 5
↓早々に大歩危駅へ至る南西尾根を下山
イメージ 6
↓林道へ出る。登山路を遮断しているので新設の道標もある
「この先行き止まり」は車ではなく登山路のことでした
イメージ 7
↓予定していた12時頃に登山口到着。Sozan&Zenyeとはここで分かれる
イメージ 12
◎積雪状況参考:祖谷トンネルライブカメラ(カメラの向きは選べます)

Fito 記

開くトラックバック(0)

●恒例の年末行事。大雪の時は1mを超えるときもあるが、今年は雪は殆ど無く少しだけ物足りないホワイトクリスマスでした。
●日時:12月15~16日 (毎年12月第3土日実施)
●参加者 Kenchan Kussan Fito Shozo Buriburizemon  計5名
イメージ 1
●コースタイム
15日:登山口10:45-11:40八丁小屋(昼食)12:00-12:50小渡渉点13:00-大岩水場13:40-小屋水場14:15-14:30小屋 
16日:小屋8:50-大岩水場9:20-八丁小屋10:30-11:25登山口
●コース概況等
①渇水:堂床キャンプ場の湧水、八丁小屋近くの小渓流に水はない。また、八丁小屋水場は水源下流で山腹崩壊で給水パイプが破損しているため断水。
②小渡渉点から大岩水場までの登山路は流水等でトレースが不明
③入山者は少ない。15日下山者1名とすれ違い、16日には神戸から来た4人組に八丁過ぎで追い抜かれただけ。小屋は貸し切り。
↓傾いたトイレ脇から入山です、Kussanは1時間遅れで入山
イメージ 2
↓2番めの橋を渡るといよいよ本格的な上りが始まる
イメージ 16
↓八丁小屋の内部、ここを起点とすると巡回登山ができる
イメージ 3
↓取水口手前で三嶺本邦が見える
イメージ 4
↓渡渉点も水量がなくラクラク通過
イメージ 5
↓鹿防除ネット脇の小渡渉点で小休
イメージ 6
↓小屋水場、少なめだが水はある
イメージ 7
↓小屋の周りは雪ではなく樹氷で飾られている
イメージ 15
↓小屋から見る白髪山
イメージ 8
↓雪がないので予定より早く小屋到着、早々に体の中から温める
イメージ 9
イメージ 10
↓小屋前景色・地蔵の頭も樹氷で真っ白
イメージ 11
↓日陰は薄っすらと雪化粧も残る
イメージ 12
↓満天の星空だったが16日は早朝から天気が落ち目、急いで下山開始イメージ 17
↓まるででべそ
イメージ 13
↓絡んだ根っこ
イメージ 14
Fito記

開くトラックバック(0)

 高松道・瀬戸中央道を走るたびに眼の前に現れる淡麗な姿の飯野山(讃岐富士)。地元の人にとっては格好の散歩コースやハイキングコースとなっているそうですが、讃岐富士を登るためにだけ高速料金を使い訪れるのももったいない。そこで、うどん→讃岐富士→うどん→温泉という讃岐満喫ツアーを実施しました。
 ・Zenyの感想:讃岐富士も良かったけど、うどんと温泉が特に良かった
◎日時:11月25日(日)
◎メンバー:Fito Mito Sinoha Zeny Yamaken Iba Kanjin Kussan 計8名
◎アクセス:自家用車2台に分乗 往路:高知-善通寺IC 復路:豊浜〜高知IC
イメージ 1
◎コースタイム
 飯山登山口9:10-9:50山頂10:45-飯野登山口11:30-神社11:50-12:10飯山登山口
◎飯山登山道:飯山登山口には駐車場やトイレも整備されていて掃除も行き届いている。登山道も急ではあるが低い擬木丸太階段で歩きやすい。途中に休憩用のベンチも設置。道標もしっかり。毎日登っている地元の方にも多く出会う。足が速く抜かれます。
◎山頂:薬師堂がある。簡易トイレは掃除が行き届いていないようです、というより利用者のマナーが悪いのかもしれない。30m下ったところの展望所からの眺望は素晴らしい、傍らには「おじょも」の足跡が残る石もありました。
◎飯野登山道:荷物運搬用なのか2m程度の緩やかな道だが長い。小さな子供ともすれ違いました。このルートは利用者が一番多いのでしょう。展望の開けるところには写真付きの案内板があり気になる山の名前等がよくわかります。登山口にはトイレのある野外活動センターがある。駐車場は数箇所に別れているようです。
早朝なのに交通整理員がいるほど繁盛しています。大阪など県外ナンバーが9割です。
イメージ 2
↓遅い朝食+2度めの朝食?山登りの前の腹ごしらえです
イメージ 3
↓整備された飯山登山口、下りてくる方も多く車のリアドアにカメラを置いて撮影中に下りてきた所有者に少し待ってもらいました
イメージ 4
↓見上げれば紅葉の山体が青空に映えます。このあたりは桃の産地。
イメージ 5
↓飯山登山道は急登の連続、うどんパワーで登ります
イメージ 6
↓誰がひっぱたかペースは倍速、ここで先頭交代。
イメージ 8
↓飯野道と合流です
イメージ 20
↓林の切れ間から見える溜池の土手を焼く煙
イメージ 18
↓残念ながら山頂部は展望のきかない広場となっています
↓山頂で全員集合後
イメージ 21
↓のんびりとコーヒーを楽しみ
イメージ 7
↓少し下った展望台で景色と奇岩(おじょもの踏み跡)を楽しむ
イメージ 9
イメージ 17
↓下りの飯野道は広いです
イメージ 22
↓利用者も多い
イメージ 10
↓飯野登山口です。この左にトイレあり
イメージ 12
↓駐車場として整備しているのではなく道路脇に駐車している
イメージ 11
↓車道から境内へ入り
イメージ 13
↓楼門、鳥居をくぐり参道を進む。墓地脇等多少不安になるも地図通り道はあります
イメージ 23
↓集落道に出ると巨大な灯籠に出会いました
イメージ 14
↓一周しました
イメージ 24
◎25日移動コース
 13時半から15時までのんびり湯に浸かり、近くの道の駅直売所で買い物をし帰高 
イメージ 19
↓40年来通う(Fito)「やまうち」も今ではネットの威力に圧倒される
イメージ 15
↓食べられるか心配した者もいましたが、全員完食。
イメージ 16
◎参考(ネットリンク)
 ※:小便をしてできた川は讃岐富士②西側の土器川か①東側の大束川?
●純手うちうどんよしや:http://udonyoshiya.blog10.fc2.com/
●やまうちうどん:https://www.my-kagawa.jp/udon/549
●道の駅たからだの里さいた:http://www.takaradanosato.co.jp/hp/

開くトラックバック(0)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事