私は阪神タイガースが嫌いだ!!

ようやくやってきた札幌&小倉開催・・・・雨模様とは、無念・・・・・・

全体表示

[ リスト ]

人生最悪の夜


 生きている限り、
 誰にでも訪れるであろう、
 忘れられない夜。

 苦しみや悲しみ、痛みのあまり、
 一睡も出来ずに過ごしたり、

 絶対に眠らなければならないのに、
 翌日に控えた現実があまりに重すぎて、
 布団の中で寝返りばかりを繰り返したり、

 傷心のあまり、一晩中泣き続け、
 枕を濡らし続けた夜など、

 誰しもが例外無くそんな夜を
 過ごした経験があるはずです。

 私が最近経験した、“人生最悪の夜”について
 これから記しますが、

 品位を何よりも重んじる、
 当ブログの方針により、

 食事をしながら読み進めることだけは、
 ご遠慮いだたきます。

 大切なことは、品位ですから、
 ええ、品位なのです。



 その夜、翌日が休みだったせいもあり、
 夕方から外出し、夜9時前に帰宅。

 入浴後、床へ入り、
 テレビでスポーツニュースなどを鑑賞後、
 午後十時半くらいに寝入りました。

 休日間の当たり前の夜、
 ありきたりで平凡な一夜となるはずが、

 まさか究極の生き地獄を味わおうとは、
 夢想だにしておりませんでした。

 就寝後、約2時間が経過したところで、
 私は異変を察知し、目覚めました。

 何か、変だ。
 何か、おかしい。

 起き上がると、すぐトイレへと駆け込みました。
 ええ、Mr.ゲーリーが突如来訪され、

 ブリーフの中で大暴れされていたのです。
 ざっくり、寝グソですね。

 とりあえず排泄行為へと臨み、
 とっとと事後処理へと当たる。

 人生の大部分を、うんこ漏らしとして生きてきたせいか、
 事後処理世界大会でもあれば、

 確実に日の丸を背負い、表彰台のてっぺんで
 金メダルを受け取るくらいの自信があるため、
 その手際は素早く的確。

 幼少期、“お母さんに叱られるよ”と、
 泣きべそをかいていたころから鍛えられておりますので、
 実力は完全に、ワールドクラス。

 素早く事後処理を済ませ、
 すぐに下痢止めを飲みました。

 ええ、そうです。
 当ブログのレギュラーメンバーならご存知の、
 渡米直前、羽田空港で購入したのと同じ薬ですね。

 事後処理を済ませ、床へと入り、再び就寝。
 ところが第二波は、40分後に訪れ、
 再びトイレへ。

 その夜、二枚目のブリーフが手際よく、
 トイレの小さな洗面台で手洗いされました。

 そして第三波までやってくる始末。
 一体、昨夜は何を食べたのだろう?

 思い返しても、極端な何かは食しておらず、
 思い当たる節は特にないのです。

 そして下痢止めを重ね飲みして、
 就寝後、第四波にまで襲撃され、

 ついに肌着入れBOXから、
 ブリーフは消え失せたのです。

 仕方なく、旅行時のみ着用する、
 百円ショップ購入、備蓄ブリーフを取り出す始末。

 この時間ともなると、
 もう明け方です。
 恐ろしくてとても眠ることは出来ません。

 トイレの窓際には、水分をたっぷり含んだ、
 手洗いブリーフが干され、

 全く眠った気がしないまま、
 朝を迎えたのですが、

 最後の処理が残されたままであるため、
 取り掛からねばなりませんでした。

 そう、シーツ。
 わずかに染み出している部分だけを洗面台で湿らせ、
 洗剤を刷り込み、ゴーシゴシ。

 そのまま敷き布団等を干す窓際へ干し、
 ついでに四枚のブリーフも効率よく乾かせるよう、

 ハンガーへと吊して、風の通りやすい場所へと
 干し位置を変更しました。

 上手くやらなければ、
 なりません。

 なぜなら、見つかると
 “お母さんに叱られるから”です。

 なぜ五十を過ぎてまで、
 母親から叱られることを
 これほど恐れなければならないのか、

 幼少期、ウンコを漏らす度に叱られていた記憶が
 今も色濃く残っているのでしょう、きっと。

 寝グソ究極の四連発。
 お願いだ、便秘にしておくれ。

 便秘に苦しむ女性の皆さんへ問いたい、
 現状の苦しみと、寝グソ四連発、
 どちらが希望ですか?

 以上、人生最悪の夜における出来事でした。

                             バッタもん 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事