全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全101ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

USP

USPコンパクト

モデルガンです。

イメージ 1

ドイツ ヘッケラー&コッホ社のハンドガン

コンパクトボディでシンプルなデザイン、質実剛健なイメージ、人気のモデルガンです。

イメージ 2

レッグホルスターもセットで買取させて頂きました。

と、記事を書いてる間に、常連さんの売約が決定してしまった・・・(汗)

イメージ 3

樹脂製のホルスターは、銃を差し込めばカチッとロックされ、取り出すときはレバープッシュでワンタッチです。

モデルガン単体よりも、このようなセットであると、ますます魅力がありますね。(^^)

ん?? USP・・・

そうそう、USPと言えば、、

イメージ 4

岡山の精密工作会社USPさんの作ったハンドルノブが当店にあります。

USP株式会社 http://www.usp-world.com/

この黒牙(ブラックファング)というハンドルノブ、とてもリールの感度が良くなるという評判。
ボールベアリングが2個付属で、一個単価2100円というお買い得価格にも関わらず、クリアランスが非常に優れているのです。

残念ながら、「黒牙」は生産完了、当店には写真にある4つの在庫があるのみです。
(S-TYPE3個 D-TYPE1個)

今後、木製の新製品が発売予定とのことで、当店でも注目しています。

イメージ 5

木目がカッコイイ!!

その名も、「神手(ゴッドハンド)」

価格は1個3750円(予定)
当店のTシャツブランド、MAD ANGLERの直販サイトでも販売予定です。

黒牙は、残り在庫が少なく、生産完了しているため、ネットショップでの販売は取りやめました。

店頭販売のみとなっております。

そして、MAD ANGLERですが、

イメージ 6

速乾メッシュ素材の「爆T」を追加しました。

コットンの通常バージョンは無難に白と黒で発売していましたが、今回のメッシュ生地バージョンは赤とダークグレー。

赤は冒険かな?と思ったのですが・・・

なんと、今現在LLサイズが残り1枚!!
その他サイズも2〜3枚の在庫で、いつ売り切れてもおかしくない状況。
何故か売れてます。。(^^;
追加生産しなきゃ・・・
追加分上がってくるのは8月末になっちゃうかな??(汗)

そういえば、、釣具には(バッグやケース、ウェアも含めて)赤黒をベースカラーにした製品が多いですね。
冒険かな?と思った真っ赤に黒文字、釣りのウエアや道具とセットでみたら意外とアリなのかもしれません。



開く コメント(0)

季節ごとに

お買い得価格の投げ竿(サーフキャスティングロッド)あります。

イメージ 1

何本か売れて、何本か買い取って、、、で、現在3本。

古いけど高性能なモデルから売れてしまっており、今はお買い得な価格のものが残ってる状態。

1本、今から出す準備する竿で、

イメージ 2

定価7マンオーバーのキャスティングロッドもあります。
シマノ スピンパワー405CX-T

これは、、塗装の痛みが多く、トップカバー無し、などの理由で12,800円販売。
(現行スピンパワーとは違います、同じ型番の旧モデルとなります)

振ってみましたが、張り・弾性が強く、飛距離が出せそうな感じが空振りでもビンビン伝わってきました。

ただ、細かいアタリを取っていくのはヘボな私では難しいかも、、、

イメージ 3

数の少なかった、投げ・磯・オフショアロッドを一列に並べていたのですが、そろそろ手狭になってきました。

ジギング・オフショアロッドを別コーナーで作りたいですね。

イメージ 4

ジギングロッドは密かに高級なロッドの掘り出し物が多いです。

最近追加したものでは。。。

イメージ 5

グラファイトリーダー(オリムピック)のジギングロッド

PARAGGIO GSOPRS-60-GAME/4

細身で軽量ですが、ジグ150gまで対応のジギングロッド。
Kガイド仕様となってます。
ガイドに商品の仕様が書かれた札が付いたまま・・・未使用です。

同時にオフショアキャスティングロッドも買い取りました。

イメージ 6

メジャークラフトのクロステージ CRC-710MH

キャスティングウェイト80gまでのモデル。

比較的廉価なモデルですが、性能は十分です。

オフショアのキャスティングロッドといえば・・・

イメージ 7

こんなのも在庫してました。

ヤマガブランクス ブルースナイパー76/5

先ほどのクロステージと比べたらかなりゴツイ作り。

それもそのはず、キャスティングウェイトが80〜150gのヘビーロッドです。

秋が深まってきたら、青物のシーズン。

そのシーズンイン前に、ポツポツと在庫が貯まっていくのは良い感じです(^^)

しかし・・・これらのロッドに合うリールが全然無い、、

しかも、青物の前にアオリイカシーズン、、、昨年はイカが良く釣れたようで、沢山あった中古エギがすっからかんです(−−;

釣具店というのは、服屋さん並に、シーズンごとの品揃えを調整する必要がありますが、買取頼りの中古店では、なかなか思ったように行かないですね

開く コメント(0)

夜の訪問者

夏休みに突入していました(汗

ここ数日、18時過ぎに小学生が数人でフィギュアコーナーをウロウロしていたり、小学校高学年〜中学生と思われる少年が、20時過ぎに立ち読みを延々としていたり・・・

といった光景が増えてきました。

で、、張り紙・・・

イメージ 1

アップすると、、

イメージ 2

あまり入店に規制をかけたりはしたくないのですが、近くの中学校に問い合わせたところ、学校では「夏休み期間中といえども、19時以降の外出は保護者同伴に限る」と指導しているとのこと。

それに合わせて、当店でも夜間の子供だけでの来店には帰宅を促す方針でいこうと思っています。



LED照明化によって、他にも「夜の訪問者」が削減されているようです。

「羽虫」

LED化によって、「飛来する虫が減る」らしい、、ということは聞いていましたが、当店の虫の飛来数は凄いことになっているため、例え半分になったとしても来る事は来るし、大して期待もしていなかったのですが、、、

思った以上に少なくなっていました(^^)

しかし・・・

イメージ 3

入り口前に置かれた自販機には相変らずの虫・虫・ムシ・・・

写真は日中に撮ったのですが、前日の夜は羽アリがウジャウジャ群がっていました。

そのような状況の日は店内にも羽アリが沢山来襲するのですが、LED化のおかげ?ハッキリしませんが、店内への進入は殆ど無し。

で、調べると、「省エネ」ということで、各清掃飲料メーカーはLED照明化した自販機をリリースしているもよう。

早速、当店の契約会社2社に、「店舗入り口の虫が酷いため、LED化した自販機に変更して欲しい」と要望をお伝え。

1社は検討するも何も、最初から「虫が来ても当たり前、何処も今の時期はそうだよ」みたいな対応でイラッとする。

う〜ん・・・

自販機並んでて、虫だらけの自販機の中、虫の少ない自販機あれば、絶対他の自販機より売り上げ上がると思うんだけどな・・・



イラッとさせられた方じゃない会社、「担当に事情を話して検討させて貰います」とのことでしたが、

1時間後、折り返しの連絡があり、

「お盆までに、LED照明搭載の省エネタイプの機械に入れ替えさせていただきます」

とのこと(^^)
コーラの自販機の方です。

会社によって全っ然対応が違う。。


開く コメント(0)

近所の中古ゲーム専門店が閉店して、、、

他に大手のチェーン店が2店舗、七尾中心街に有りますので、あまり影響が無いものと思っていた当店ですが、多少なりとも影響が感じられます。

イメージ 1


ゲーム機本体の中古の動きが、多少アップしています。

特に、大手では断られたり、二束三文の買取になってしまう「訳有り品」
説明書が無かったり、使用感が強かったり、、モデルチェンジで高価買取機種から外れてしまった本体。

大手では、そのままスグに説明要らずで販売できる品物に絞っても商品が集まるため、手間のかかるモノが極端に査定が下がってしまう傾向があります。

しかし、そういった品物でも、ちゃんと使えるものは丁寧に減算査定させて貰うことで、次のお客様にお安くお得に販売することができます。

イメージ 2


このPS3、箱・説明書なし、コントローラーと本体の色が違う・・・

でもちゃんと動きますので、通常買い取りの半分ほどで買い取らせて頂きました。

「この価格でPS3が買えるならお買い得」という販売価格にさせてもらえてます。

あと、少しですが値段のこなれてきた、ちょっと古いゲームソフトの販売が上がってきています。

今まではそういったものもAmazonのストア販売に出したりして、早目の販売を心がけていたのですが、実在店舗で多少の需要が上がってきたため、ネットショップでの販売を抑え目にして、店頭在庫がさびしくならない様に心がけて行かないといけませんね。

状況の変化を「追い風」と捉えるために、少しずつ考え方や戦略を改めていかねばなりません。


釣具コーナーも微妙に動きに変化が・・・

イメージ 3


昔釣具店をされていた方から沢山引き取った「釣具小物」

ラインや針、仕掛けなどが多いのですが、それらを平台に並べて展開していたところ、、、

イメージ 4


釣りのスタイルなどを変えて使わなくなった、未使用の仕掛けなどを買い取りにお持ち頂く機会が増えました。

買取と言っても、このような小物に対しては大した額も提示できず、ホント「お譲り頂いた」みたいな形になってしまうのですが、、
「どうせ使わないし、使ってくれる人に安く分けてあげて」
と、とても気持ちの良いお言葉を頂いて買取成立させて頂いたりしております。

イメージ 5


モノが増えて、ちょっと平台の陳列も乱雑になってきちゃいました(汗)


イメージ 6


何故か、小型テレビやサラウンドシステムの取り扱いも、以前より増えたりしています。

開く コメント(0)

店舗照明LED化 Part.2

LED化に当たっての当店の環境。

200V 110W型2灯式ラピッドスタート照明器具 27台

100V 40W型2灯式ラピッドスタート照明器具 4台

110W形2灯器具は、7台未使用で、110型蛍光灯は40本しか使っていませんでした。
(明るさ十分と判断し、棚の上など不用な部分の蛍光灯を外し、電気代けちってました)(笑)

イメージ 1


その110W形蛍光灯40本から、上の写真のLED照明42本に変更。

※ 蛍光灯器具の安定器をバイパスして、器具の端子に直接交流電流が来る工事が必要です

42本ということは21台の照明器具ですが、LED化することにより、2本仕様の蛍光灯器具に1本のLED電球という変則的な使い方もできます。

イメージ 2


こんな感じで、棚の上に被ってしまってる部分や、隣の照明の明かりが十分な部分、バックヤード置き場、など、1本で十分な場所には1本差し(^^;

ということで、110W形の器具、27台全部にバイパス工事をしてもらいました。
後々レイアウト変更した際に、工事がなされていれば差し替えるだけで照明のレイアウトも替えれますしね(^^)b

そして、、

イメージ 3


ついでにコイツも注文。

屋外の看板灯です。

現状は300W型(270W)レフ球が8基ですが、270W×8=2160Wを45W×8=360W と、大幅に消費電力を下げることが出来ます。

ちなみに蛍光灯ですが、、
110W型
100W×40本=4000W から 37W×42本=1554W

40型
37W×7本=259W から 16W×7本=112W

となります。40W形7本替えるより、看板灯1個のほうが効果がデカイことにびっくりですが(^^;

で、机上の計算では、照明で今まで使ってたワット数が合計6419W
LED化で 2026W ということになりますね。

で、コレだけの交換で、ぶっちゃけ115万円!!
(安定器バイパス工事31箇所込み・60回分割手数料込み)

もし、今回のア○○ーグループさんとの契約をせずに、自店で一括で照明機器卸しから購入した場合の試算は以下となります。
(2013年7月現在、照明機器卸より購入した場合の概算価格)

レフ球(看板灯) 23,000円×8個=184,000円
40型蛍光灯タイプ16W 6,800円×7本=47,600円
110型蛍光灯タイプ37W 13,000円×42本=546,000円
バイパス工事 単価3,000円として31箇所 93,000円

合計 870,600円

30万円近い差が出てしまいましたが、60回の分割を考えたら、一括購入に比べ、そんなに高い価格ではありませんでした。
当店としては、工事などの手配も全てしてもらい、分割で支払っていけるということに、とても大きなメリットを感じているからです。
分割支払い中は、何か些細なことでも問題があれば、全て販売代理店に丸投げで済むということも大きいです(^^)b

毎月の支払いが19,000円ほどになりますが、来月の電気代請求時に、節約できた電気代にて分割支払いがまかなえているのか?を検証したいと思います。



で、7月の頭に契約し、昨日の深夜に交換作業がおわりました。

肝心の明るさの感想ですが・・・

今回交換したメインの110型蛍光灯タイプ。
エコハイルクス HE-Ⅱの中で、一番暗い(一番安い)4500lm 37Wタイプなのですが、、、

「店内が交換前よりも明るい!!」という第一印象。

まあ、付いてた交換前の蛍光灯自体が、けっこうヘタってきてるヤツが多かったこともありますが、消費電力や価格を考慮すると、一番暗いモデルを選んだのは大正解だったようです(^^)

ただ、明かりの特性が少々違い、違和感を最初は感じました。

イメージ 4


解りますか?

棚などの影で照明が1方向しか当たりにくい場合、蛍光灯に比べて陰がはっきりと出やすいのです。

その理由がコレ

イメージ 5


蛍光灯は360度、全方向に光を放出し、天井や照明器具からの反射光が多いのに対し、LEDの場合は照射面からの直接照明がほとんどになってしまうから。

「当店の場合は」ですが、

「店内の雰囲気はLED化によって明るくなったが、棚の影などの明暗差はちょっと強くなった」
といった感じでしょうか。

もちろん、棚の配置などによって、一定方向からの照明を遮ってしまわないようにしたり、棚や壁の色が白かったりすれば、全然気にならない感じには出来ると思います。

当店でも、照明の配列に対して垂直方向に棚が配列されている場所では、上記のような影・明暗差が気になることはありませんでした。


画像が飛んでたので修正しました(汗)


開く コメント(0)

全101ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事