全体表示

[ リスト ]

 1879年(明治十二年)頃は李氏朝鮮では閔氏一族の政権があり、清国の従属して開化を進めていこうとする事大派と独立と近代化を主張する独立党がありました。独立党のモデルは日本の明治維新であり、日本の支援を期待していました。このリーダーが金玉均(キム・オッキュン)です。

 1882年金玉均は日本にきて福澤諭吉の支援を受けています。福沢諭吉の影響を受けたことでしょう。「独立の気力」(学問のススメ第三章)に感銘を受けたかもしれません。
 明治維新以降、日本は朝鮮を侵食していったかのごとく言う人が多々いますが、実際は朝鮮の独立を支援していたのです。

 1884年、清仏戦争で清が敗退したとき機とみて金玉均はクーデーターを起こし、新政権を樹立します。甲申事変と言われるものです。彼は改革要領を発表し、清国を排除し、真の独立国家建設へ向けて始動します。彼には支援者がおり、高宗という王朝の反閔氏一族派です。(以前は李氏朝鮮の実権を握っていた)

 ところが、高宗は裏切り清国の出兵に同意し、清国の袁世凱が1,300人の軍勢で王宮を攻撃します。もともとこのクーデターは清国とフランスが交戦中に実施する予定でしたが、清国が敗退してしまい、清国は威信をかけて朝鮮半島を平定しにきてしまい金玉均は運がなかったといえます。日本軍の守備隊はわずか150人。激しく反撃するもの多勢に無勢。日本軍は仁川港から撤退。金玉均と朴詠孝たち独立党の指導者たちは日本に亡命。日本公使館は焼き討ちされ、夫人を含む多数の日本人が惨殺されました。

 日本に逃れた金玉均は1894年、同志の裏切りに会い、上海に連れ出され暗殺されます。死体は朝鮮に送られ、六支の刑(頭、手足をバラバラにする極刑)に処せられ、朝鮮各地にさらされました。父は処刑、母は自殺、弟は獄死。妻子は行方不明になり日本は探偵を送ってその捜索を行い、1894年12月偶然発見して保護。
 金玉均は日本の浅草本願寺で葬儀が盛大に営まれました。日本人が持ち帰った遺髪があったのです。お墓は本郷の真浄寺にあります。(青山の外人墓地にあるという記載もWikiPediaにある)

 金玉均は独立の気力を持ち、清国属国政府と戦い、たった3日と言えど新政権を立ち上げています。韓国の歴史に燦然と光を放っています。しかし、今の大韓民国にとってはその光はまぶしすぎ、2005年「親日(チニルパ)」(国賊の意味)のレッテルを貼り、光を抹殺しました。大東亜戦争を戦いアジアを開放に導いた韓国人(当時は日本人)の光とともに。
 田母神論文の最後の言葉を思い出します。「歴史を抹殺された国家は衰退の一途をたどるのみである」



参考サイト:
 WikiPedia「金玉均」
 http://www.k5.dion.ne.jp/~singetu/jinreki/jinreki22.html
 http://homepage.mac.com/saito_sy/korea/H170829JSkim.html
 長瀬 優 個人ブログ『空のはてに十字星』http://blogs.yahoo.co.jp/nagaseyu2009/13584844.html

参考文献 :「日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋著


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事