全体表示

[ リスト ]

 日本は明治維新後、イギリスから学び、イギリスと同盟を結んだ時期もあり、日本は英国を模範としていましたが、同時にイギリスの残虐性も認識しており、脅威を持っていたようです。

「英国の世界統治策」(昭和15年3月)の中でラジバド・ライというインドの国民主義者の人の本を紹介しています。
GHQ焚書図書開封より
 インド人女性がイギリス人の知事を狙撃した事件

 同族婦女子(イギリスの暴虐を悲憤慷慨したインド人の女性)が、トラックに積み込まれて人里離れた所に連れ去って放置せられたり、暴力を加えると脅かされたり、手を加えて殴打される事情が聞かされ、陵辱その他の侮辱が加えられ、或いは男子監獄に投ぜられらる悲惨な状況を知っては、インドの夫人の中にこのような意見を持ち、かような直接行為に訴えるものの出現するのも必ずしも不思議ではあるまい。
−−−−−
 警察の横暴を取り上げてみます。
 医者や付添のものは「今日の殴打、拷問は実にひどかった」と言った。私は病院の各室を廻り、負傷程度を視察した。中には腹を打たれた上、睾丸を締め付けられたものもあった。ついで二階へ上がってみるともの凄い呻き声が聞こえた。一人の青年は睾丸を締めつけられたばかりでなく、脳を打たれ、狂人の様になっていた。他の棟に行って見たが、同様の負傷者ばかりであった。そして何れも口々に警官の言語に絶する横暴を憤慨していた。(中略)人事不省になるまで睾丸をしめつける。足と手を持ってひきづり廻し、且つ殴打する。負傷者を草叢又は塩水の中に入れる。
−−−−−

 紳士の国というイメージのイギリスですが、当時はこんなものです。本には英国が教育機関を占拠したり、書籍の禁止、没収を行ったり、インド人の平均年収、一千万人の餓死者、インド人の教育レベルの低さ、インド人への陵辱、暴力、拷問の様子などが述べられています。一応、英国の名誉のために書いておくとイギリスの提督の令嬢は「自分はガンジーのほうが正しいと思う。」といってインド名でもってイギリスを告発する事件も起こっています。

 大東亜戦争時に日本には「鬼畜米英」というスローガンがありましたが、当時、出版されていた本から考えると日本は英国人の残虐性を知っており、いい当てている言葉のように思います。英国人だけでなく米国人の残虐性についてもインディアンの殺戮を知っていたでしょう。昭和17年のドーリットル空襲は民間人とわかりながら攻撃してきました。その米軍をみてやはり「鬼畜米英」だと思ったことでしょう。



参考サイト:WikiPedia「ドーリットル空襲」
参考文献:「GHQ焚書図書開封」西尾幹二著


広島ブログ 参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。

この記事に

閉じる コメント(13)

おはようございます。

鬼畜米英が不孝にも世界を支配している現状ですからその残虐性が見えません。しかし、それに対抗しようとする中国もまたその残虐性において決して劣ることはないでしょう。
歴史を紐解いて遥か昔の彼らの従性を証明しなくても、チベットで、東トルキスタンで、そして満州で彼らが行っている虐殺は鬼畜米英に勝るとも劣ることはないですね。日本は、そんな野獣の世界にいることを自覚するべきですね。
早く軍備を整え、核兵器を持ち空母を持たなければ獣の餌にされます。

2009/7/9(木) 午前 8:41 [ mana ] 返信する

顔アイコン

manaさんに 書かれてしまいました
すべて同意
傑作 ぽち

2009/7/9(木) 午前 11:00 [ 道後 ] 返信する

顔アイコン

こうして見ても日本の統治はよかったですね。

傑作・ぽち。

2009/7/9(木) 午後 3:40 さくらの花びら 返信する

欧米人の植民地支配などは大なり小なり同じようです。むしろスペインやポルトガルのほうが残忍だったようです。

つまり世界中で唯一植民地主義時代の謝罪を要求されている日本だけが最高の支配をしていたのでしょう。皮肉というより理不尽の極みですね。

傑作

2009/7/9(木) 午後 5:26 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

manaさん、こんばんは。
本質はあの頃と変わりません。白人は少しは学習していますが、中共はなんら変わっていませんね。

2009/7/9(木) 午後 8:13 [ JJ太郎 ] 返信する

顔アイコン

水大師さん、こんばんは。
傑作ありがとうございます。

2009/7/9(木) 午後 8:15 [ JJ太郎 ] 返信する

顔アイコン

さくらの花びらさん、こんばんは。
日本は八紘一宇の精神がありましたね。
傑作ありがとうございます。

2009/7/9(木) 午後 8:17 [ JJ太郎 ] 返信する

顔アイコン

彩帆好男さん、こんばんは。
16世紀、日本はスペインやポルトガルに侵略されなくて良かったです。
日本は戦後から脱却していきましょう。
傑作ありがとうございます。

2009/7/9(木) 午後 8:19 [ JJ太郎 ] 返信する

白色帝国主義はまさに鬼畜です。

ロシアも。

傑作・ランクリ○です。

2009/7/10(金) 午前 1:43 近野滋之 返信する

顔アイコン

JJ太郎さん、今晩は。

色んな面で、呪縛から解き放され、自主独立の歴史観を再考すべきだと思います。

傑作クリック〜☆

2009/7/10(金) 午前 4:21 [ reiko ] 返信する

顔アイコン

こんのさん、おはようございます。
傑作ランクリありがとうございます。

2009/7/10(金) 午前 7:50 [ JJ太郎 ] 返信する

顔アイコン

reikoさん、おはようございます。
戦後の呪縛から解放したいですね。
傑作クリックありがとうございます。

2009/7/10(金) 午前 7:51 [ JJ太郎 ] 返信する

顔アイコン

イギリスは、七年戦争の帰趨を定めた1763年のパリ条約によってフランス勢力をインドから駆逐すると、1765年にベンガル地方の徴税権を獲得したことを皮切りにイギリス東インド会社主導の植民地化が進み、マイソール戦争・マラーター戦争・シク戦争などを経てインド支配を確立した。

1813年よりイギリスの対インド貿易が自由化されたことで、産業革命を既に成し遂げていたイギリスから機械製綿織物がインドへ流入、インドの伝統的な綿織物産業は破壊された。
1793年のザミンダーリー制、19世紀前半のライヤットワーリー制などの近代的な地税制度を導入したことも、インド民衆を困窮させた。

19世紀にはいると、イギリス東インド会社は茶、アヘン、インディゴなどのプランテーションを拡大し、19世紀後半にはインドでの鉄道建設を推進した。
これらは産地と港湾を結ぶためのものが多く軌道の幅もまちまちで、主としてインドでの税収をもとに投資されたもので、これから得られる利益は多くイギリス人によって回収された。

2013/1/3(木) 午後 9:28 [ 底質汚染 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事