全体表示

[ リスト ]

日本軍側の暗号解読

イメージ 1

 大東亜戦争で日本軍の暗号は完全に解読されていた、それを日本軍は気づかなかった、という話を聞いたことがあるでしょう。ちょっとおかしいことに気づきます。日本軍は米軍の暗号解読しなかったの?こういう観点は抜けてますね。なにやら戦後のGHQなどによる「白人には勝てない」意識を植え込むための偏向歴史刷り込みの匂いがします。

 ビルマ航空戦の兵士の記録を見ていると昭和18年(1943年)ぐらいからは英暗号解読が進み、英軍の暗号から英空軍の部隊の名前と隊長の名前がだんだんわかってきています。チンタゴン基地の中隊長ダッケンフィールド大尉が勇敢で日本兵の間にも知られており、日本兵パイロットは「今日はダッケン氏、出てくるかな」などと思っていたようです。

 米暗号の解読はなかなか進まなかったようで昭和18年になって数学者をの協力を仰いでいます。それまでは軍の機密事項なので民間人を入れるのはタブーだったんですね。東大数学科の名誉教授・高木貞治という世界的権威の数学者で、高木教授は天才学者らメンバーを集めて暗号解読に取り組んでいます。昭和19年には米軍の暗号を解き始めていたのです。
 ところが残念なことに、アメリカ本土からサイパン経由で特殊な目的で何かが日本に向かっていることまで読んでいたのにその頃には米軍の飛行機を迎撃する戦闘機がありませんでした。陸軍の暗号少佐の釜賀一夫さんは戦後、「あと二年早く昭和16年から数学者を使い始めていたらあんなに簡単には負けなかった」と悔しがっていたといいます。

 実は山本五十六連合艦隊司令長官がブーゲンビルで戦死したのも日本軍の暗号が読まれていたからで、これに気づいたので民間の数学者を入れる決断になったのでした。海軍も陸軍も暗号が読まれていることを知っていたようです。どうも事なかれ主義で口をつぐんだか、情報に対する重要性の認識不足で黙っていたかが事実のようです。

 現在、数学の世界では整数論と代数幾何というのがあり、この分野で日本は世界のトップレベルだといいます。そしてこれは暗号に使う数学なのだそうです。世界各国は同盟国といえど潜在的には敵であり、裏では諜報合戦をやっているのですが、今の日本はトップレベルの数学力を国家のために使うことなく、「友愛」などと言ってのんびり構えてしまっています。



参考文献
 「栄光 加藤隼戦闘隊」安田義人著
 「歴史通」WiLL2010.1月『国家の”風格”は情報にあり』藤原正彦

添付画像
 米軍暗号機M209(PD)

広島ブログ 参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。

閉じる コメント(24)

顔アイコン

マリアナへの原爆部品輸送の暗号解読は有名な話ですね。

アメリカの暗号解読を容易にした理由は、暗号文の濫発な交信が原因だともいわれています。

Jhon-Jさんの機関銃に関しての記述ですが、日本でも半自動小銃の開発がおこなわれていますよ。実際相当な性能を有していましたが、国力の観点から採用を見送られたというものが正確なところです。

その性能の示すところと扱いやすさは軍も理解していましたが、小銃弾の膨大な消費拡大とその需要に軍需産業の供給が満たせないというので没になるということです。工業力がもう少し向上していれば、関東大震災がなければ、自動小銃化は実行されているはずです。

2010/3/12(金) 午前 10:27 出雲守護

顔アイコン

陸海軍とも情報を軽視して作戦部中心の作戦でした。
しかも日本はパープル暗号を戦時中一貫して使っていました。
これによりミッドウェー海戦やドイツの戦略まで連合軍に知れて、
ドイツは日本に注意するように指摘していましたが、認識が甘かった。
ノルマンディー上陸作戦をさせたのもこれが原因でした。

傑作・クリ

2010/3/12(金) 午後 4:50 保守の会会長 松山昭彦

ご指摘のように民間の優れた頭脳を戦前から暗号作戦に入れていれば戦局はある程度変わっていたかもしれませんね。戦中まで日本の暗号は実に解読しやすいというのが欧米側の評判だったようですから。

英軍には優勢であっても米軍には劣勢だった点はこの暗号力の差があったのでしょうか?

けっさく

2010/3/12(金) 午後 6:34 [ 彩帆好男 ]

顔アイコン

初めて聞きました。情報戦で負けていたのかな、それと現代も変わらないですネ。対米国から北朝鮮まで。悔しいです。

明日転載させて下さい。

2010/3/12(金) 午後 6:45 [ bonta2261 ]

顔アイコン

転載させて頂きます。

傑作 ポチ凸 & ランクリ

2010/3/12(金) 午後 11:51 hito

顔アイコン

JhonJさん、こんばんは。
シナ事変の記録などを読んでいると向こうはチェコ式機関銃でバンバン撃ってきますが、こっちは弾が貴重でそれほど撃てない。ビルマ戦線でも英インド軍は米軍の装備に切り替えています。突撃攻撃しか手がないですね。日本兵士はよく戦いましたよ。

2010/3/13(土) 午前 0:01 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

こんばんは、大学の民間数学者を使っていなかったとは、旧陸海軍ら

しいですね。

陸軍の暗号は最後まで解読されていなかったと聞いたことがあります

が、本当でしょうか?

2010/3/13(土) 午前 0:01 庭山行政書士事務所

顔アイコン

ぴあ@さん、こんばんは。
やはり情報軽視というところでしょうね。現代でも軽視しているぐらいですから。

2010/3/13(土) 午前 0:04 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

yumiママさん、こんばんは。
現代の官僚的のようなものだったのかもしれませんね。

2010/3/13(土) 午前 0:07 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

こんばんは。
ゴルゴ13読んでると数学のスペシャリストが情報戦に登場するので、ごく当たり前のことなんでしょう。日本は過去から現在まで何を学んできたのでしょうね。
傑作ランクリありがとうございます。

2010/3/13(土) 午前 0:09 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

鉄道大臣さん、こんばんは。
おおー、日本でも高性能の自動小銃を。そういうことがありましたか。当時、アメリカの開発力にはかないませんが、日本もいい開発をやっていたのですね。

2010/3/13(土) 午前 0:16 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

さくらの花びらさん、こんばんは。
ドイツから注意を受けていましたか。やはり情報の認識が甘かったですね。
傑作ランクリありがとうございます。

2010/3/13(土) 午前 0:21 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

サイパンさん、こんばんは。
「真珠湾の真実」を読むと米の暗号戦の力の入れようは普通ではないですね。日本は認識が甘かった。その反省を現代に生かせればいいですが、戦後は「無謀な戦争だった」で終わらせて思考停止状態になってしまっているように思います。
傑作ありがとうございます。

2010/3/13(土) 午前 0:25 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

bonta2261さん、こんばんは。
大東亜戦争の歴史を見ると情報で失敗しているところがよく見えてきます。現代に生かしたいものです。
転載歓迎です。

2010/3/13(土) 午前 0:26 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

hitoさん、こんばんは。
傑作ランクリ転載ありがとうございます。

2010/3/13(土) 午前 0:27 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

さむらい行政書士さん、こんばんは。
加藤隼戦闘隊の記録を見ると、英空軍の日本軍の部隊長の名前を全部知っていたというからやっぱり読まれていたかも。

2010/3/13(土) 午前 0:31 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

こんばんは
暫くコメントは控えますが
ちゃんと記事を読んで 傑作ランクリしています
応援しています。
自分はブログ村不参加にしています(*^_^*)
皆さんの記事を観てもっと勉強します

2010/3/13(土) 午前 1:12 あまのじゃく

顔アイコン

日本は数学においても、経済でも、軍事でも、真剣に努力し続ければ、本当に世界を圧倒するくらいの力を秘めているように感じます。恐らく、大東亜戦争で、欧米はそのことを痛感し、今でも恐れているのではないかと思います。「日本人は働きすぎだから、もっと休め」と言ってくるのも同じ文脈で理解できるように思います。
暗号解読でも日本はそれほど何もかも負けていたわけではなかったというお話、大変興味深く読ませていただきました。傲慢になってはいけませんが、「やればできる」という自信を持って素晴らしい国日本を再生させたいですね。
傑作。

2010/3/14(日) 午前 0:02 [ hikarinoko ]

顔アイコン

bostonさん、こんにちは。
いつも応援ありがとうございます。

2010/3/14(日) 午前 9:51 [ JJ太郎 ]

顔アイコン

hikarinokoさん、こんにちは。
日本はもっと自信もっていいですね。白人が理不尽なことを押し付けるのなら見ていろ、ぐらいのスタンスでもいい。
傑作ありがとうございます。

2010/3/14(日) 午前 9:53 [ JJ太郎 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事