憲法

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

『今に見ていろ』ト云フ気持抑ヘ切レス ヒソカに涙ス
イメージ 1

  現在、日本国憲法と呼ばれているGHQ憲法(占領政策基本法)はCIAの前身であるOSSの「日本計画」がもとになっており、GHQ民政局の素人集団が7日間で仕上げたものです。内容は共産主義者の作文。目的は日本の共産主義化。OSSには知識人向けマルクス主義とよばれるフランクフルト学派が多くおり、GHQ憲法作成の首魁である民政局ケーディス大佐もOSSにいたためフランクフルト学派に影響を受けていたと思われます。

  昭和21年(1946年)2月26日の閣議でマッカーサー案をベースに草案しなければ仕方がないという結論になり、松本案を作成します。
  3月4日、終戦連絡中央事務局次長・白洲次郎ら数名がGHQを訪れます。そこで松本案の英訳が始まりましたが、ケーディス大佐が重要なポイントに手が加えられていることを知り、松本博士(国務相)を呼び出します。そこでケーディス大佐と松本博士と大喧嘩になります。松本博士は怒って帰ってしまい、結局、マッカーサー案にほとんど逆戻りしてしまいました。

  3月4日午後6時、ケーディス大佐
「今夜中に日本国憲法のファイナルドラフトを完成することになった日本側もそれに参加してもらいたい」

  そこで白洲次郎らは松本博士を呼び出しますが、本人の機嫌が悪く、側近が「血圧が高いからあとはしかるべくやってくれ」の一点張りできてくれません。結局、松本案をマッカーサー案に復元した英訳を今度はこれを再検討しながら和訳していく作業を白洲次郎や外務省の小幡氏らと始めました。

小幡「白洲さん、シンボルって何やねん?」
次郎「そこにある井上の英和辞典引いてみたら?」
小幡「やっぱり白洲さん、シンボルは象徴やね」

  ケーディス大佐はしきりに文句を言っていましたが、一度だけ猫なで声で語りかけてきました。「第三章 国民の権利及び義務」の冒頭にある第十条についてです。

「この条文はホイットニー局長の書かれたもので、ご自身名文だと思っておられる。別の場所でもいいから残してもらえないか」

  上司のゴマすりときました。こんな感じで素人たちがあれこれいいながらGHQ憲法のファイナルドラフトができあがったのです。

  作業が終わったのは3月5日午前10時でした。ホイットニー局長は満面の笑みを浮かべメンバーの一人一人と握手しました。

  佐藤法制局第一部長
「いったいどこの国の憲法を手伝いにきたのかという錯覚をおこしそうになったくらいである」

  3月6日、ファイナルドラフトは「憲法改正案」として世間に公表され、間髪いれずにマッカーサーは同案への支持を表明しました。完全な出来レースです。

  白洲次郎の手記
「『今に見ていろ』ト云フ気持抑ヘ切レス ヒソカに涙ス」

  数ヶ国で構成される極東委員会は憲法前文を見ただけで「憲法改正案」が日本人の書いたものではないことを見抜き激怒し、憲法案を審査する機会を与えるよう主張しましたが、マッカーサーが拒否。結局、強引に押し通されました。昭和21年8月24日、衆議院で憲法改正を採択。多くの議員が無念のあまりに嗚咽を漏らし無数のすすり泣き声が議場を粛然とさせました



参考文献
  講談社文庫「占領を背負った男」北康利(著)
  総和社「日本は憲法で滅ぶ」渡部昇一(監修)
  河出書房新社「白洲次郎」『白洲手記』白洲次郎

添付画像
  マッカーサー案の訳 国立公文書館 http://www.archives.go.jp/exhibition/popup_haruaki_19_haru/02.html

http://www.hiroshima-blog.com/area/banner001.jpg クリックで応援お願いします。

開く トラックバック(1)

ピンカーズ(赤いヤツ)が仕掛けたGHQ憲法。
イメージ 1

  白洲次郎は戦後、終戦連絡中央事務局次長としてGHQと渡り合った人です。次郎は次長に抜擢された当初「敵を知り己を知らねば」と考え、GHQ民政局に入り浸ります。「ミルクマンです。ミルクの御用はありませんか?」といいながら近づきます。英国の会社では3時ごろになるとミルクマンが鈴を鳴らしながら紅茶とクッキーを持ってオフィスを回る習慣があったのです。次郎は接待費を使って高価な葉巻やサントリーオールドを配りあるきました。そして民政局の影の実力者がケーディス大佐であることを見抜いたのです。これより白洲次郎とケーディスの死闘が繰り広げられることになります。

  GHQの犯した罪の最大級のものの中に「GHQ憲法」押し付けと「教育勅語」の廃止があります。ケーディスはこの2つの首魁でした。
  ケーディスはOSSというCIAの前身にあたる組織に属していました。このOSSはフランクフルト学派と呼ばれる知識人向けマルクス主義者の巣窟になっていました。フランクフルト学派の多くはユダヤ人であり、ケーディスもまたユダヤ人です。ケーディスは当然、フランクフルト学派の影響を受けていたでしょう。GHQ内では彼ら一派を「ピンカーズ」(赤いヤツ 共産主義者)と呼んで嫌っているグループもありました。OSSの計画では天皇を温存し、その伝統の力を利用して国内を対立させ、軍事力の膨張を抑える方向へ誘導することでした。GHQ憲法では国民主権をうたい、皇室と対立可能にしたわけです。GHQ憲法九条は革命時に軍隊があると邪魔されるとの思いがありました。九条はケーディス自身が起草しました。ソ連型の暴力的革命路線ではなく、フランクフルト学派の路線である内から壊して革命に導く路線です。

  ケーディスは知日派の共産主義者ハーバート・ノーマンを右腕に持ち、教育勅語を排除するよう働きかけました。ノーマンは日本に来ていた宣教師の子供として育ち、日本語に熟達しており、イギリス留学中に共産党員となり、カナダの外交官となっていた人です。日本についての知識と思想のためにGHQの民政局に招かれていたのです。このノーマンの日本史論文の個人教師役をしていたのが、羽仁五郎という人で参議院議員をしていました。羽仁氏は参議院の文教委員会で「主権在君の原理に基づいて、命令として強制された教育勅語は、民主主義と国際精神を否定するものである」と述べています。つまり一連の共産主義者が教育勅語を廃止に追い込んでいったわけです、

  白洲次郎らはGHQ憲法に必死に抵抗しましたが、ケーディスらは憲法に異常なまでの執着心を示し、威嚇によって押し付けました。しかし、その後、次郎らはこれ以上、ケーディスの横暴を許してはならないということで、懸命に動きます。吉田総理はマッカーサーに「日本を赤化させるつもりですか」とストレートに言ったといいます。また、吉田総理はケーディスに対しても昭和24年1月の総選挙の勝利の後、「Did you enjoy staying in Japan?」と言っています。直訳すると日本での滞在をご堪能されましたか?という意味ですが、「まだ日本にいるつもりか?」という皮肉の意味です。そして遂にケーディスを追い落とすこと成功しました。



参考文献
  講談社文庫「白洲次郎 占領を背負った男」北康利(著)
  総和社「日本は憲法で滅ぶ」渡部昇一(監修)
  ワック出版「歴史通」2009.10『野坂参三 共産政権の誕生』田中英道
  ワック出版「歴史通」2010.01『戦争違反罪人という烙印』田中英道
  ワック出版「歴史通」2010.11『なぜ誕生し、いかに葬られたか』渡部昇一

添付画像
  ケーディス大佐 動画より。

http://www.hiroshima-blog.com/area/banner001.jpg クリックで応援お願いします。

【伝記】 白洲次郎 〜 マッカーサーを叱った男 Part.1
http://www.youtube.com/watch?v=OSmVoM2atVk

【伝記】 白洲次郎 〜 苦渋を舐めた憲法づくり Part.2
http://www.youtube.com/watch?v=vJdVvXv87j0


【伝記】 白洲次郎 〜 戦後復興への挑戦 Part.3
http://www.youtube.com/watch?v=fVKW7JRk8Sg

【伝記】 白洲次郎 〜 日本経済の礎を築く Part.4
http://www.youtube.com/watch?v=bY5qo7pz1jU

戦後こそ恐ろしい気がします。
イメージ 1

  私は子供の頃から「日本国憲法」は「国民主権」であり、自由と権利、平等が保障されており、はすばらしい!大日本帝国憲法は「天皇主権」で国民にとってひどいものだった、教えられました。よくまあ、こんなウソを教えられたものです。

大日本帝国憲法一章
第1条 大日本帝国は万世一系の天皇之を統治す

第2条 皇位は皇室典範の定むる所に依り皇男子孫之を継承す

第3条 天皇は神聖にして侵すへからす

第4条 天皇は国の元首にして統治権を総攬し此の憲法の条規に依り之を行ふ

  1条から4条の途中まで「国体」を表しており、4条の「此の憲法の条規に依り之を行ふ」が立憲君主制の政体を表しています。

  「天皇之を統治す」というのは「シラス」ということで「お知りになる」が由来で、天皇が国民の心を知って国民のために公平に統治するという「統治理念」をいいます。これは古事記からきています。反語として「ウシハク」というのがあり、西洋や支那のように国土国民を私物にして支配するものです。「シラス」は支配なき自己統治形態といえます。

  「天皇は神聖にして侵すへからす」は国政に関する無答責(政治的には責任はない)を述べており、「国体」と「政体」は別であることを言っています。仮に天皇が主権者であれば無答責のはずがありません。

  「天皇は国の元首にして統治権を総攬し」の国体論として「元首」を規定し、「統治権を総攬」というシラスを手に取ると述べ(有することではない)「此の憲法の条規に依り之を行ふ」と憲法の規定に縛られるとなっています。

  どこにも主権など述べていません。天皇主体説など「天皇主権」を唱える解釈もあり、天皇機関説事件がありましたが、天皇主権であれば日米開戦は昭和天皇は反対だったわけで主権者の意思が通らないはずがありません。

  また、大日本帝国憲法でも言論・出版・集会・結社の自由(第29条)、信教の自由(第28条)は保証されています。なお、婦人参政権※1や労働基本法の制定は大日本帝国憲法下で枢密院で諮問されて憲法上合致していることを確認されて裁可されています。大日本帝国憲法は自由民権運動の結晶ですから、抵触しようはずがありません。ちなみにこの事実を言うとフェミ系の人は「そんなはずはない」と言って怒るそうです。

  戦後、GHQは日本には天皇の下の平等という思想があり、有史以来、天皇と国民が対立したことがないことを知りました。この天皇と国民の一体感が日本の強さの秘密であると気づきます。そこで日本を弱体化させるため「国民主権」を入れ、天皇と国民が対立可能な構造にしたのです。そして「天皇主権」という圧政から「国民主権」に解放された、という神話を作ったのでした。

※1 2010/11/8追記
GHQ憲法は昭和22年5月3日に施行。(公布が昭和21年11月3日であり、施行までは大日本帝国憲法が有効)時系列で並べると以下の通り。

昭和20年(1945年)12月17日に改正衆議院議員選挙法公布により女性の国政参加は認められる。
昭和21年(1946年) 4月10日の戦後初の衆議院選挙の結果、日本初の女性議員39名が誕生する。
昭和21年(1946年)10月 7日第90特別議会での審議を経て、憲法改正案成立となる。
昭和21年(1946年)11月 3日GHQ占領憲法公布
昭和22年(1947年) 5月 3日GHQ占領憲法施行

ちなみに明治13年(1880年)9月20日、日本で初めて(戸主に限定)地方女性参政権が認められている。(「区町村会法」を改訂により4年間で消滅)



参考文献
  「続・日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋著
  「天皇論」小林よしのり著
  「父が子に教える昭和史」『"民主主義”占領軍がもたらしたのか?』岡崎久彦

添付画像
  憲法発布略図(PD)

http://www.hiroshima-blog.com/area/banner001.jpg クリックで応援お願いします。

開く トラックバック(1)

イメージ 1

  大日本帝国憲法は伊藤博文らがドイツにいきプロイセン憲法を手本にして作成したものです。伊藤博文はビスマルクに会い、ベルリン大学の憲法学者ルドルフ・フォン・グナイストの講義を受けます。グナイストはローマ法の教授だったことがあり、行政実務の経験もあり、イギリス法にも精通しており、かなりの人物でした。
  グナイストはユダヤ人です。弟子にアルバート・モッセという人がおり、この人もユダヤ人で伊藤への講義はモッセも受け持っています。
  アルバート・モッセは1886年(明治19年)に日本招かれて4年にわたり滞在しました。モッセは日本に魅せられて日本を深く愛するようになります。ドイツ帰国後、以下の詩を書いています。

私は日本人を心から深く愛する。

日本の風土を心から愛する。


まるで、わたしにとっては母国のように思われる。


日本での仕事は、毎日、忙しかった。


だが、いつも日本人の笑顔によって囲まれていたから、快かった。


そして、日本を去る日が巡ってきた。


日本はすばらしい、身近な、大切な思い出として、片時だに忘れることができない。

  モッセは1925年に生涯を閉じます。

  第二次世界大戦がはじまったころ、駐日ドイツ大使を務めたW・ゾルフの未亡人が、ベルリンの街でモッセの娘マーサに出会います。ワイマール時代に二人は日本関係のパーティでしばしば顔を合わせていたのでした。マーサはまもなくユダヤ人収容所に送られると語りました。そこでゾルフ婦人はその足で日本大使館を訪れ、マーサとその娘エバを保護するように訴えました。日本大使館はアルバート・モッセのことはよく知っていたので、ドイツ政府に特別な配慮を与えるように要請しました。このためマーサもエバも収容所に送られることなく、日本大使館からの食糧、医療の援助を受け、大戦を乗り切ることができました。

  ちなみに現在のGHQ憲法もユダヤ人が関わっています。ホロコーストを免れるために東京へきていたピアニストのレオ・シロタの娘ベアテ・シロタという人です。作曲家の山田耕作が一家を救い出して日本に招いていました。
  ベアテ・シロタさんは、GHQ民政局に通訳要員として採用され、ホイットニー准将はベアテさんをはじめ25人に9日以内に憲法を作るように命じました。ベアテさんは驚いて途方にくれたといいます。もちろん、骨子は決まっていたと思いますが、細部のところや整合性などはここで共産主義者らが作成した憲法案や世界の憲法をもとにして25人の素人によって憲法が作られたのでした。


参考文献
  「渡部昇一の昭和史(正)」渡部昇一著
  「ユダヤ製国家日本」ラビ・M・トケイヤー著
参考サイト
  WikiPedia「アルバート・モッセ」

添付写真
  アルベート・モッセ(PD)


http://www.hiroshima-blog.com/area/banner001.jpg 参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。

大日本帝国憲法

イメージ 1

  私が子供のころは「イチハヤク大日本憲法発布」と1889年に大日本帝国憲法が発布された年を覚えたものです。この憲法ができるまでの苦労話も何かで読みました。今は学校で近代史は駆け足で教えるそうなので、ほとんど語られていないのではないかと思います。

  1874年(明治7年)からの自由民権運動において、憲法議論が盛んになっていき、1881年(明治14年)10月12日に国会開設の勅諭が発され国会の開催を1890年(明治23年)に行うことが約束され、その組織や権限は政府に決めさせること(欽定憲法)を示しました。 1882年(明治15年)3月、「在廷臣僚」として、参議・伊藤博文らは政府の命をうけてヨーロッパに渡ります。イギリスには明文化した憲法はないし、アメリカは共和制なので参考にならない。そこでドイツ系立憲主義の理論と実際について調査を始めました。伊藤は、ウィーン大学のロレンツ・フォン・シュタインに会いアドバイスを受け、ドイツでビスマルクに会い、ベルリン大学のルドルフ・フォン・グナイストを紹介してもらいます。ビスマルクは「ドイツの帝国憲法はたくさんの小さな国を集めて作ったものだから、日本の参考にはならないでしょう」と言ってドイツ憲法の前のプロシャ憲法が役に立つとアドバイスを受けました。そしてグナイストの講義を受け、これを参考にして大日本帝国憲法を作成しました。

  大日本帝国憲法のちょっと不思議な点は「首相」も「内閣」もないことです。では内閣はどこで法的に決められているかというと憲法発布から4年前の1885年(明治18年)に太政官制を廃止して内閣制度が創設されています。そして伊藤博文が初代内閣総理大臣となっています。内閣総理大臣は誰が指名していたかというと元老院が指名していました。元老院の当初のメンバーは伊藤博文、黒田清隆、山県有朋、松方正義、井上馨、西郷従道、大山巌で後に西園寺公望、桂太郎が加わります。明治天皇の信任はあつく、これらの権威によって内閣が成り立っていたわけです。
  よく統帥権が問題になりますが、考えてみれば日清戦争、日露戦争も同じ憲法下、体制化だったわけで、日清戦争のときには派兵数について伊藤博文総理の指示は聞かず、軍部独自に派兵数を決めています。司馬遼太郎著「坂の上の雲」では少ない派兵を唱える伊藤博文に派兵数は参謀長が決める、と軍から言われて「憲法だな」と苦い顔をした、と書いています。自分が憲法を草案したからです。
  統帥権は欠陥といわれますが、当初は元老の権威があり、軍部と均衡がとれていたと考えることができます。しかし、元老がいなくなると内閣の権威が低下し、憲法に定められている統帥権が強くなり、軍部の意向が強く政治に反映されたということでしょう。ここで問題なのは戦後よく言われる「軍部が暴走した」などということではなく、オールジャパン体制になれなかったこと、ではないかと思っています。

  このほか、憲法発布直後にの1890年(明治23年)に教育勅語が発布されています。これは国民に深く浸透したので、国民精神を説いた憲法のようなものだったでしょう。


参考文献
  「渡部昇一の昭和史(正)」渡部昇一著
  「日本国憲法無効宣言」渡部昇一・南出喜久治 共著
  「坂の上の雲」司馬遼太郎著
参考サイト
  WikiPedia「ルドルフ・フォン・グナイスト」

添付画像
  伊藤博文(PD)

http://www.hiroshima-blog.com/area/banner001.jpg 参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。

開く トラックバック(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事