全体表示

[ リスト ]

古いトランジスタラジオのデザインに惚れてポチッとしてみました。
イメージ 1

TOSHIBA製8TM-294B、1960年製だそうです。周波数変換:2SA52、OSC:2SA52、IF:2SA49・2SA53、低周波増幅:2SB54x2 2SB56PPで8石構成です
イメージ 2

早速受信してみましたが感度がよくありません。内部を確認すると電解コンデンサに液漏れが見られます。古いラジオなのでできるだけオリジナルで使用したいのですが、電解コンデンサは交換することにしました。こった作りで分解も大変。基板の裏面にジャンパーや部品が取り付けられており作業は少し面倒です
イメージ 3

最近の製品ならタッピングビスなのでしょうが、ケースに金属ねじが埋め込まれてありコストのかかりそうな作りです
イメージ 4

液漏れしていても容量に問題ないものもありますが、2個は完全に容量抜けしていました。
イメージ 5

オリジナル
イメージ 6

部品交換後の写真です。オリジナルの部品を残し(片足だけカットする)はんだ面に部品を取り付ける方法もあるようですが、正攻法で交換としました
イメージ 7

コンデンサの交換で少し大きな音が出るようになりましたがまだ感度不足です
  ・DDSにAM変調をかけAF出力が最大になるよう、IFTを調整
  ・600KHzでOSCのコア・1600KHzでトリマを調整
  ・最後に1400KHzでANTのトリマを調整しました
本来なら600KHzでバーアンテナの調整もするのですが、固定されているので省略しました。調整後は実用的な感度となりましたので、これで完了とします
イメージ 8

閉じる コメント(6)

スピーカやコンデンサまでToshibaブランドですか。今とは大違いですね。

2018/3/9(金) 午後 7:37 [ 7L2WHX ] 返信する

顔アイコン

流石ですね!!
私も古いトランジスタラジオが大好きです。
未だにホーマーでAMは聴いてますよ〜(^^v

2018/3/9(金) 午後 8:27 kazekko_x 返信する

顔アイコン

7L2WHXさん
当時は自社で色々生産していたんですね!最近ではほとんどすべてが調達品
または丸々OEMですね

2018/3/10(土) 午前 6:14 JK1QJS 返信する

顔アイコン

kazekko_xさん
ラジオはスマホで聴いているのでリアルラジオ必要ないのですが、時々アナログでも
聴きたくなります。ホーマーはご自身の製作品でしょうか?大切にしてください  

2018/3/10(土) 午前 6:26 JK1QJS 返信する

チューニングダイヤルの糸掛けもやり直したのですか?

2018/3/16(金) 午前 6:13 [ 7L2WHX ] 返信する

顔アイコン

7L2WHXさん
糸掛けはしっかりしていたのでそのままです
一度もしたことないんですよね!

2018/3/16(金) 午後 7:13 JK1QJS 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事