ひらりんの子育て日記

いずれあやめか、かきつばた。

全体表示

[ リスト ]

SONY HDR-SR11を修理して思ったこと。ネットで検索し、関連する記事を見るにつけ、フレキが原因の故障がかなりの頻度で発生しているようだ。中には購入後数年で故障したとの記事もあった。これって車で言ったらリコールの対象にならない?
またこれだけ故障が多いことから、開発段階でいったいどんな部品評価、耐久試験をしたのか疑問がわく。さらに理解できないところが、液晶のタッチが故障するとほとんどの操作ができなくなる設計思想である。これも設計段階で「もし液晶タッチが故障したら」との検討が成され、バックアップが設定されて然るべきである。だが成されていない。リモコンが付いているのだから、せめてリモコンにタッチ同様の機能をつけるべきだ。これなんかリモコン系のソフトウェアーを変更すれば、すぐにでも対応可能なはずだ。修理しながら、「作りこみが甘いし、サービスも悪いなー」と思うことしきりであった。開発費をけちったのかなー?
ビデオカメラというと今でも「パスポートサイズ」のCMをい思い出す。ホームビデオの市場を切り開いてきたのはSONYだと思う。だからビデオは、今でもSONYを選びたい。10年前のこの失敗経験を生かして、SONYはより良いビデオカメラを作っていると信じたい。
それともSONYタイマーは実在するのだろうか?
20180914
イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事