ここから本文です

書庫全体表示

シム·ウンギョン「カン·ドンウォンと作品?宴開いてますよ "(インタビュー記事)

イメージ 1

↑ シムウンギョンssi

パクイヌァンな配慮他人の理想としたが、本当の理想のタイプは別にあった。
カン·ドンウォンだ。カン·ドンウォンの作品のすべてを見つけて見たシム·ウンギョン。外面だけでなく、内面まで完璧にマッチだそうだ。」

カン·ドンウォン先輩のファンなので、インタビューをたくさん見つけてみました。学ぶことが本当に多いんですよ。姿勢が備え方だねたくてもう一度惚れしました。

「ああ、私の様だ!まさにこの方です!この方なら僕の全てを捧げることができるだろう」こんな考えをしました。のような演技をすれば、果たして適切に行うことができますか?一緒に呼吸合わせることができればそれは素晴らしいのですね。

宴開く必要がありますよ(笑)」に先立ち開かれた'受賞した彼女」の制作報告会の美貌と演技力の両方を備えた俳優になりたいという抱負を明らかに出したシム·ウンギョン。昨年から容姿を整えるためにも努力を傾けている。"努力たくさんします。映画広報に先んじて昨年12月から今月初めまで非常に強力なトレーニングを受けました。週に三回運動をして二回経絡マッサージを受けて、皮膚科も通ってね。その場ですぐ効果が現れるとマッサージしてくださる先生たちも驚くショトオヨ ​​(笑)。「私も育てればイェポジルんだ」という自信も得ました。以前は演技だけ思いました。外見が何が重要ですかと思ったどうしても育て整えされた雰囲気を持っている必要がありだなという気がしました」2014年は、シム·ウンギョンとの特別な意味がある。新しい所属会社で本格的に活動を始めるようになったし、 '受賞した彼女'で初めての大人の演技を披露することになった。変化の岐路にいるシム·ウンギョンは、これから起こることについての恐怖ではなく、期待感を現わした。「多くの変化があったし、これからも自分がどのような作品をしてどんなことが起こるのか期待がたくさんいいです。これからがスタートだと思っていますゆっくりと私の道を行こうとしている。20代で経験することができる多くのことを経験しながら私の年齢に合った作品を一つずつ選択しようとしています。「シム·ウンギョンとの今年の計画を尋ねた。年明けには「受賞した彼女'の広報に注力する予定である。500万観客を突破すると明洞でおばあちゃん服を着て明洞でフリーハグをするというシム·ウンギョンが公約は履行されることだろうか。シム·ウンギョンは、ぜひ明洞に行きたい願望と自分は実物美人だと冗談を言った。実物美人シム·ウンギョン、認定です。ない露記者drunken07@mt.co.kr



シムウンギョンssi プロフィール

シム・ウンギョン(沈恩京、1994年5月31日 - )は、韓国の子役俳優、タレント。ソウル特別市出身。血液型はB型。オンブク小学校→チョンダム中学校卒業。


人物[編集]

ドラマ「張吉山」で子役デビュー。中学生にして数多くのドラマや映画の出演実績がある。韓国ドラマに於いては序盤の数話で主人公やヒロインの幼少期が描かれることが良くあるが、その幼少期役の常連である。

ドラマ「ファン・ジニ」では主人公ファン・ジニの幼少期役を演じ、「2006年KBS演技大賞青少年演技賞」を受賞。 その後、韓国芸能誌などで「子役スター」と称されるなど韓国の国民的人気子役となった。

また日本でもNHKの韓国ドラマ放送枠で「春のワルツ」、「太王四神記」、「ファン・ジニ」と3本立て続けに登場している為、すっかりお馴染みの子役となった。

趣味は歌。特技はテコンドー。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ
張吉山 (2004年SBS) 幼少期のボンスン役
結婚したい女 (2004年MBC) 幼少期のイ・シニョン役
あんぱん (2004年MBC) 幼少期のハン・ガラン役
海神 (2004年KBS)
乾パン先生とこんぺいとう (2005年SBS) 幼少期のソナ役
その夏の台風 (2005年SBS) 幼少期のカン・スミン役
愛してる仇よ (2005年SBS) キム・ガラム役
シークレット・カップル (2005年MBC) 幼少期のチョン・アミ役
プラハの恋人 (2005年SBS)
641家族 (2005年KBS) チン・ダルレ役
春のワルツ (2006年KBS) 幼少期のソン・イナ役
ファン・ジニ (2006年KBS) 幼少期のファン・ジニ役
ドラマシティ−コンニム (2006年KBS) コンニム役
太王四神記 (2007年MBC ) 幼少期のスジニ役
太陽の女 (2008年KBS) - シン・ドヨン(幼少期) 役
キム・マンドク 美しき伝説の商人 (2010年、KBS)
赤と黒 (2010年)

映画
多黙・安重根 (2004年) 安重根の娘役
ヘンゼルとグレーテル (2007年) ヨンヒ役
サニー 永遠の仲間たち (2011年) 高校時代のナミ役
ロマンティック・ヘブン (2011年)
王になった男 (2012年) サウォル役




 この方 子役ではかなりの作品に出てますね〜凄い数の作品です。



 いろんな世代の人に支持をもらえるのも人気の高さといえるでしょう。
 嬉しいニュースです。
 こんなに若い世代にもドン君の魅力がつたわってるんです。 

この記事に

  • アバター

    こんにちは♫

    ファン・ジニの子役だった人ですか
    まだ記憶に新しいです
    もうこんなに素敵な女性になられたのですね
    ドン君のファンなのかな

    ナイス☆

    bitamin

    2014/1/22(水) 午後 3:20

    返信する
  • 顔アイコン

    ビタミンさん〜

    凄い子役の方なんですね
    出てる作品の数も多いです。
    あっこの子・・・って思った人も多いんじゃないでしょうか?

    訪問コメントナイス
    ありがとうございます

    sonon

    2014/1/22(水) 午後 4:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事