ここから本文です
Cinema Grafia
休止中。 - ブログタイトル変更 -

書庫全体表示

「コーラス」試写会

イメージ 1

フランス本国では「アメリ」の興行記録を抜いて社会現象にまでなったらしく、8人に1人が観ているという話題の映画。と聞いたので試写会に行ってました。

物語は指揮者のピエール・モランジュが母の訃報を聞き帰郷した際、子ども時代同じ寄宿舎で一緒に過ごしたペピノの来訪を受けます。
そのペピノからピエールは一冊の日記を手渡されます。
それは当時の寄宿舎の教師クレマン・マチューが遺した形見。
日記を読むうち、モランジュは子供時代を思い出す・・・
そこから話は1949年のフランス片田舎の“池の底”という寄宿舎を、音楽教師くずれのマチューが赴任してくる場面で始まります。

ともかく映画は、ほとんどと言っていいほど中年男と子供しか出てきません。
しかし、結構さわやかに観れました。それはあの子供達の歌声によるところが大でしょう、やっぱり。
また教師のマチュー役、「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョの演技も良かったです。
さえない独身中年の教師役ですが、親元を離れた問題児だらけのどうしようもない子供達を思いやる姿は心を打たれるものがありました。

体罰を与える校長、心を閉ざした子供、「歌う事」で子供に希望を与えようとする教師。
またそうする事で、それが教師自身の生きる糧になる。
そういった普遍的なテーマが支持を受けた理由でもあるのかな・・・。
大泣きするほどの映画ではないけど、押し付けがましくない作りで好感もって観れました。

特筆は主演のピエール・モランジュを演じる美声のボーイソプラノ、13歳のジャン=バティスト・モニエ
彼は実際、この映画の合唱を担当した「サン・マルク少年少女合唱団」のソリストでもあるそうです。

監督は「リュミエールの子供たち」のクリストフ・バラティエ
大人になったモランジュを演じているのは、「ニュー・シネマ・パラダイス」のトト役のジャック・ペラン。この映画の製作も担当しています。

この記事に

  • 顔アイコン

    トラバありがとうございます。 音痴なくまたんも、トラバさせて頂きます。ソプラノ熊たん。♪ 削除

    [ モニエクマタン ]

    2005/6/1(水) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    モニエくまたん。気兼ねなく歌ってください。♪^^

    Kaz.Log

    2005/6/1(水) 午後 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    モニエくん。大人になったらどうなるのかな? あんな美少年で、あんな歌声。 男も女もほっとかないよね ^^;

    [ - ]

    2005/6/13(月) 午前 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    とばらさんきゅー、おっちゃん!こっちゃんもとばら返しするっち!(^o^)/えいやっ!もう、早くDVD出してよ〜っ!(^o^;

    koc**anni*uni*u

    2005/9/9(金) 午前 0:07

    返信する
  • 顔アイコン

    おっちゃんです〜。(T_T) トラバ返しありがとね〜〜。DVDはいつ?

    Kaz.Log

    2005/9/9(金) 午前 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    >あれっ、コメントをまた見落としてる。まおさん、ごめんなさいね。<(_ _)> 多分、ヤフーさんの不備のせいです。・・・と、しか思えない。(^^; ともかく、ゴメン。

    Kaz.Log

    2005/10/2(日) 午前 5:43

    返信する
  • 顔アイコン

    紙飛行機がいいよね〜〜〜。(ToT)歌もすばらしいですよね。

    m52*8*17*

    2006/2/1(水) 午前 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    >mっくす。コーラス隊員のmっくすとすれば、ハ−トに響く映画だったでしょ。(^3^)

    Kaz.Log

    2006/2/1(水) 午後 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    今日これ観ました。男の子の歌声がきれい!お顔も綺麗だ。子供たちが成長していく姿はいいですね。

    pu-ko

    2006/3/2(木) 午前 4:18

    返信する
  • 顔アイコン

    >po-koさん。おっ、観たんですね。(^3^) そうですね、地味な作品でしたが、子供たちの姿を微笑ましく捉えた良い映画ですよね。

    Kaz.Log

    2006/3/2(木) 午後 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    素敵な作品ですよね。マチュー先生の懐の深い包容力、先生の想いに答えるように、徐々に心を開き音楽に目覚めて行く子供たち。マチュー先生の優しさと、美しい歌声がいつまでも心に残って、温かい気持ちになれる作品でした。TBありがとうございました。お返しさせてくださいね。

    つらら

    2006/7/16(日) 午前 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    >つららさん。そうですね、地味だけど秀作って感じですよね、これは。(・ω・)bグッ TBどうもです〜。

    Kaz.Log

    2006/7/16(日) 午後 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    公開時、来日したモニエくんのインタビューを観たのですが美少年でしたね〜。確かにじわ〜っとくる良い作品でした。TBお返ししますね。

    くみょん

    2006/7/27(木) 午前 1:39

    返信する
  • 顔アイコン

    >くみょんさん。モニエ君は相当な美少年ですよね。(~o~; 良作というか、秀作ですね、確かに。(・ω・)bグッ TBどうもです〜。

    Kaz.Log

    2006/7/27(木) 午前 2:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ジェラール・ジュニョの魅力たっぷりでしたね〜〜。しかし8人に1人ってすごいな〜〜老人から子供までいる訳ですからね〜〜^^
    こんな作品はたまに観て癒されるってのがいいですよね♪
    TBお返しさせて下さいね〜

    SHIGE

    2007/11/11(日) 午前 0:27

    返信する
  • 顔アイコン

    >SHIGEさん。そそ、フランスでは大ヒットだったんですよねぇ〜。
    あはは、まぁたまにはこういう映画も観なくちゃね、ってなもんでしょうかぁ〜〜。
    TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2007/11/11(日) 午前 2:11

    返信する
  • 映時間も短く、サクっと観れて、感動しました♪
    美しい歌声は必見ですね☆ トラバお願いします!

    くるみ

    2008/4/25(金) 午後 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    >くるみさん。あっ、感動なすったみたいですな。
    それは良かった。(・ω・)bグッ TBどうも!

    Kaz.Log

    2008/4/25(金) 午後 11:42

    返信する
  • 顔アイコン

    おぉ、試写会でご覧でしたか!
    たしかに普遍的な感じでしたけど、素直に感動することできましたよ〜。
    大ヒットするのもわかる気がします〜。 TB、させてくださいませ!

    サムソン

    2011/4/24(日) 午後 9:50

    返信する
  • 顔アイコン

    サムちょんさん。
    そそ、ブログ初期の記事ですな〜、これは。
    素直に見れますな、こういう作品は。
    んん、TBどうもです!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2011/4/24(日) 午後 11:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(28)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事