ここから本文です

書庫全体表示

地獄の黙示録

イメージ 1

公開当時から賛否両論のあった、フランシス・フォード・コッポラ監督作('79年)。

ジョセフ・コンラッド「闇の奥」などをベースに、ベトナム戦争下の人間の狂気、恐怖を描いた作品。
原題は「Apocalypse Now」

戦線を離脱、部下や原住民を率いてジャングルの奥地に「王国」を築くカーツ大左(マーロン・ブランド)の抹殺命令を受け、ジャングルの川を遡り行くウィラード大尉(マーティン・シーン)とその部下。
後半は「神」を感じさせるカーツとウィラードの対峙です。

ワーグーナーの「ワルキューレの騎行」を流しながらのヘリ攻撃。戦場でのサーフィン。
慰問のプレイメイトに群がる兵士など、戦時下の人間の狂気を捉えたシーンは象徴的。

何かと「難解」な映画扱いを受けた作品だが、最後にカーツ大佐が発する言葉が この映画のポイントだと思う。
「ホラーだ、ホラーだ」と断末魔の叫びを発するカーツ、この作品の主題は「恐怖」なのだと思う。
普通の人間を いとも簡単に狂気に走らせてしまう戦場。
そういう人間こそが、「恐怖」なのだ。 ・・・と自分は解釈しました。

デニス・ホッパー、ロバート・デュバル、スコット・グレンらが共演。
「スター・ウォーズ」でブレイク前の、若かりしハリソン・フォードもチョイ役で出てます。
ドアーズの「ジ・エンド」も象徴的な音楽でした。

2001年には、特別完全版が公開されていますね。

  • うわ〜、これが、DVDのジャケットですか?怖ろしげですねーーー(^^;。マーロン・ブランドは、存在そのものが「神」のようでしたねーー。あのナパーム弾のシーンは、一生忘れないと思います。

    kuu

    2005/12/12(月) 午後 5:52

  • 顔アイコン

    >恐ろしいまでの映像が忘れられないよねぇ〜。マーロン・ブランドの存在は、あれも恐ろしい。(^^;

    Kaz.Log

    2005/12/12(月) 午後 6:37

  • ドアーズの音楽の混沌さもこの映画に一役買っていましたね。TBさせていただいてもよろしいですか?

    [ yu_*_2_*_*_5 ]

    2005/12/13(火) 午後 5:07

  • 顔アイコン

    >なす〜さん。TBですか、どうぞどうぞ、ご遠慮なさらずいつでもどうぞ。(^3^) あとで寄らせてもらいます。

    Kaz.Log

    2005/12/13(火) 午後 7:04

  • 訪問していただいてありがとうございます!TBさせていただきます。

    [ yu_*_2_*_*_5 ]

    2005/12/14(水) 午前 7:42

  • 顔アイコン

    >どうも、TBありがとう〜!また寄らせてもらいますね。(^3^)

    Kaz.Log

    2005/12/14(水) 午後 7:02

  • 顔アイコン

    当時の映画雑誌でもロケ風景を取材したましたが、 5年の製作期間とは、今では考えられないですよね。

    [ ruoe ]

    2005/12/26(月) 午後 6:20

  • 顔アイコン

    >brkさん。コメントどうもです。そうですね、このロケを題材にコッポラの奥さんが映画を1本作ってるぐらいですからね。過酷なロケでしたね。キャストも変わったりして。

    Kaz.Log

    2005/12/27(火) 午前 1:52

  • だいぶ前に観ました。
    僕は『戦場に兵士として参戦するのには狂気的になるほどの異常さを持ってのぞまなくてはならないのが戦争だ』といふうに感じました。

    [ 内緒 ]

    2007/10/27(土) 午後 2:13

  • 顔アイコン

    >そうですね、戦場と言うのがそもそも異常なところですから。(-o-;

    Kaz.Log

    2007/10/27(土) 午後 6:52

  • 確かに、そうゆう意味ではホラーなのかもしれませんね。
    戦時下の人間の狂気、と同時に戦争そのものが描かれている気がしましたです。
    でも、実際こうゆう事ってありそうですよねぇ〜。

    みゆぽん

    2007/12/29(土) 午前 0:55

  • 顔アイコン

    >miyuぽん。そうやねぇ〜、戦争と人間の狂気そのものですなぁ〜。
    そそ、実際にありそうだから、これまたホラーなんですわァ。(-o-;
    怖い怖い。( ̄∀ ̄*)

    Kaz.Log

    2007/12/29(土) 午前 1:13

  • ホラー、なるほど。恐怖ですね〜。
    最後のウィラードの頭の中にも、カーツ大佐のその言葉が渦巻いてましたね。
    今でこそ、戦場での狂気が当たり前に言われるようになったけど、当時このテーマで描いたのは流石ですね。
    狂気の映像は見応えガッツリでした。
    TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2011/9/27(火) 午前 0:33

  • 顔アイコン

    pu-koさん。
    そうですね、こういう難解と思われる映画ほど、意外にシンプルなテーマだったりしますよね。
    いやいや、でも完全版もご鑑賞くださいね〜。
    もっと意味深く、興味深い作品に仕上がってますよ。
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2011/9/27(火) 午前 0:48

開くトラックバック(5)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事