ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー小説、『香水 ある人殺しの物語』 を映画化した一作。
『ラン・ローラ・ラン』トム・ティクバ監督が描く、ある殺人者の物語です。

【パフューム ある人殺しの物語】 Perfume:The Story of A Murderer 2006 ドイツ / フランス

監督・脚本・音楽 トム・ティクバ    製作 ベルント・アイヒンガー
脚本 アンドリュー・バーキン / ベルント・アイヒンガー   原作 パトリック・ジュースキント
演奏  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団    ナレーション ジョン・ハート
出演 ベン・ウィショー / ダスティン・ホフマン / アラン・リックマン / レイチェル・ハード=ウッド 他




あまりにも鋭い嗅覚を持って生まれたジャン=バティスト・グルヌイユ。 悪臭立ち込めるパリの市場で生まれ、児童施設で育ったその悲惨な生い立ちにも関わらず彼は青年期に達します。

自己の超感覚を認識した彼は街角で物売りの娘の体臭に恍惚とし、その娘の後を追い、意に反して殺人を犯してしまいます。 そして、その女性の身体から発する匂いを嗅いで恍惚の淵に達するジャン=バティスト。
その甘美な香りを永久に保存しておきたいと願う彼は、パリの香水調合師バルディーニに弟子入りします。

映画の冒頭からここまで観た時に、もうすでにストライク・ゾーン近くにハマッた作品です。
しかし人によっては嫌悪感を感じるストーリー展開、映像表現があるかもしれません。
冒頭、18世紀パリの魚市場のシーンやら、女性を殺してまで "匂い" に執着する異常性やら。

しかし、この映画の主役はなんと言っても "香り" です。 悪臭が漂ってきそうな映像やら、女性の肌から発する官能的なまでの香りを表現するには、この映像は不可欠でしょう。

後半からはジャン=バティストの野望が描かれます。 究極の香水によって彼は自己の存在を世間に知らしめ、その香水作りのため次々と女性を手にかけます。 その物語はサスペンスであり、サイコチック。
しかし何より "官能的" な映像表現と語りは衝撃的でもあり、ストライク・ゾーンです。

映画の終焉はかなり "寓話的" になったところが少し残念に思いました。
出来るなら、もう少し "真実味のある殺人者の物語" で終わって欲しかったかなぁ〜。

とは言え、"香りに憑かれた男" の悲しさ・・・その目的の為に、人間らしい心を持てなかった男の物語。
たまに、「お前は警察犬かっ!」ってな感じのツッコミ場面もありましたが、「神になれない・・・」、そう悟ったラストは哲学的でさえあります。

前半は、調合師役のダスティン・ホフマン。 後半は、娘ローラを想う父親役のアラン・リックマン
この2人が作品に重みを与えているところが大きいですね。 でも、ジャン=バティスト役のベン・ウィショーの演技は惹き込まれるものがありましたよ。

ラスト近くの、スケールの大きい "性の饗宴" シーンは圧巻です、アッパレですねぇ〜〜。
あのシーンで、なぜかピエル・パオロ・パゾリーニ監督の映画を思い起こしました。

2時間20分そこそこの上映時間でしたが、その長さを感じずに観れましたね〜。
これこそ フェロモン・ムービー・・・かっ!?

・・・って言うか、この監督さん、"赤毛のヒロイン" が好きなんですねぇ〜〜。


             http://www.geocities.jp/jkz203/blog3/perfume2.jpg
               匂いを嗅がせておくれよ〜。( ̄∀ ̄*)クンクン

  • おほほぅ〜kaz.さんのストライクゾーンやったんですねモジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジすんごい面白そうやけどいけるかなぁ。これは映像的にも劇場向きっぽいし〜。。。

    [ - ]

    2007/3/8(木) 午後 7:43

  • 顔アイコン

    >lokkiさん。そそ、ストライクゾーン近く、でした〜〜。でもこれは好みによるから、どうかなぁ〜〜? 観に行く〜〜?( ̄∀ ̄*)

    Kaz.Log

    2007/3/8(木) 午後 8:37

  • ストライクには程遠いのですが、いい匂いの女の子に会った時の幸せな感じは伝わってきましたね。物語は作り物なので仕方ないですが、執着心の強い主人公は女の子から見たらかなり恐いでしょうね。キモイというか。

    麺達郎

    2007/3/9(金) 午前 0:03

  • 顔アイコン

    >麺達郎さん。あはは、もうこの主人公はめっちゃサイコなストーカーですよね。(^o^;しかし、イイ香りの女性に遭った時は、こうなりそうだよねぇ。・・・アブないなぁ〜。

    Kaz.Log

    2007/3/9(金) 午前 0:23

  • アバター

    「フェロモン・ムービー」堪能しました〜性の饗宴、くすっと笑っちゃいました。TBさせてもらいますね。

    くみょん

    2007/3/9(金) 午前 2:06

  • 顔アイコン

    >くみょんさん。あはは、まさに「フェロモン」でしょ〜。(・ω・)bグッ あのシーンは楽しめましたか? TBどうも!

    Kaz.Log

    2007/3/9(金) 午前 2:08

  • 顔アイコン

    映像と音楽、堪能してきました。においの方は、隣の人のポップコーンのにおいでした。不思議な映画でしたね。思わず帰りに原作小説を買って読んでしまいました。映画の中の群衆に、映画を観ている人まで釣られて・・何てことはありませんよね。妄想、失礼しました(^^;!TBさせてください。

    swing(スウィング)

    2007/3/10(土) 午後 3:35

  • 顔アイコン

    >swingさん。あはは、隣のポップコーンが匂いましたか。(^o^; おぉ〜〜、即、小説も購入ですかァ、いやぁ自分も読んでみたいですよ、この物語は。(・ω・)bグッ TBありがとう!・・・ん、妄想ですね。

    Kaz.Log

    2007/3/10(土) 午後 7:13

  • こんにちは〜。パフューム、気になってるんですよねー。何度も映画化の話があっては中止になり、ようやく今回実現したとの噂。。Kazさんのストライクゾーンに近しとの事だし、みてみよっかなー。やっぱ見るなら劇場の方が迫力ありますよね?

    [ de-ki ]

    2007/3/14(水) 午後 7:46

  • 顔アイコン

    >chobiさん。おぉ、そうですか、気になってますか。(・ω・)bグッ そそ、個人的には結構ど真ん中に来ましたよ〜。観るなら、やっぱ劇場が良いと思われますよ〜。

    Kaz.Log

    2007/3/15(木) 午前 0:20

  • 顔アイコン

    私もある種の「匂いフェチ」でございますd(^^*)紙の匂いが大好きなのです*特にトイレットペーパーの匂い!友達のトイレはも〜〜スペシャリティー(* ̄▽ ̄*)この匂いに包まれているのでぇ〜〜す*うっとり・・スーはースーは癒されております*何故、うちはあの匂いにならないのだろうか・・・ しらんがな(^^;)

    [ honey_pie ]

    2007/3/18(日) 午後 4:49

  • 顔アイコン

    >honeyさん。あぁ〜〜、そうやね、紙の匂いは好きそうだよねぇ。えっ、トイレットペーパー!?(^o^; おぉ〜〜、あの匂いで包まれたいですか!・・・ほぉ〜〜、好きにしたらエェがな。(^o^;アハハ

    Kaz.Log

    2007/3/21(水) 午後 7:10

  • 思った以上にスケールの大きな映画らしい映画でしたね〜。
    官能的でありファンタジーであり、サスペンスな展開。色んな要素を存分に楽しむことができました。
    異臭の漂いそうなところ、なるほど、作品の完成には不可欠なのかも知れませんね。
    TBさせてくださいな(^o^)丿

    pu-ko

    2007/7/29(日) 午前 1:26

  • 顔アイコン

    >pu-koさん。そうですよね、スケールは大作なみですね。(・ω・)bグッ
    あはは、そそ、あの異臭漂う感じも必要性があるからこそなんでしょう。
    おっしゃるようにいろんなジャンルを取り入れてましたよねぇ〜〜。
    TBどうもです!

    Kaz.Log

    2007/7/29(日) 午前 2:39

  • 顔アイコン

    原作では主人公は赤毛に執着してたんですよー
    やっと観ました〜
    TBさせてくださいね

    あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

    2008/1/12(土) 午後 6:15

  • 顔アイコン

    >あくびさん。おぉ〜原作も読まれたんですね!
    TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/1/13(日) 午後 10:34

  • 顔アイコン

    ようやく観ました〜〜。 んもうこれは、自分もスットライ〜ク! な作品でしたぁ。
    なによりベン・ウィショーがすごかったなぁと思いました〜。 これからも注目です〜。
    ただひとつ注文をつけるなら、「性の饗宴」シーンは、もっと激しさがあってもよかったと思います。 んんっ・・。 エロ心炸裂TB、お願いします! ^^;

    サムソン

    2008/7/17(木) 午後 10:41

  • 顔アイコン

    >サムソンさん。おぉ〜〜、ストライ〜〜ックな一作でしたか!?
    あはは、あの饗宴はものたりませんか!
    いやぁ〜〜、それは同意します〜〜〜。
    んん、エロ心TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/7/19(土) 午後 10:33

  • 顔アイコン

    こんにちは!
    寓話風のラスト、私はわりとすんなり受け止めました。物語の途中から少しずつ作品の色合いが変わっていくので、それに乗っかって。でも確かにリアルさを追求するなら違ったラストがよかったのかもしれませんね。
    それにしてもこの作品の役者さんはみなさんおみごと!という感じでしたね〜。

    [ たいやき ]

    2008/10/11(土) 午前 4:59

  • 顔アイコン

    >どうもはじめまして。
    独特の趣きがある一作でしたね。
    こういう表現の作品もまた面白いものです。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/10/11(土) 午後 6:49

開くトラックバック(14)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事