ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

タブーと皮肉と覗き見感覚 『あるスキャンダルの覚え書き』 2006

【あるスキャンダルの覚え書き】 NOTES ON A SCANDAL 2006 

監督 リチャード・エアー  製作 ロバート・フォックス / アンドリュー・マクドナルド ほか
原作 ゾーイ・ヘラー     脚本 パトリック・マーバー   音楽 フィリップ・グラス
出演 ジュディ・デンチ / ケイト・ブランシュット / ビル・ナイ / アンドリュー・シンプソン ほか

そういや観てなかったんですよ、これ。( ̄∀ ̄) 先日やっとこさ観ました。

2006年度のアカデミー賞で女優賞など主要4部門にノミネートされた一作ですが、アメリカのほうでは興行的にはパッとしなかったようですね。 ベテラン女優ジュディ・デンチケイト・ブランシェットの演技派同士の共演ですね〜、いやいや見応えは抜群でした。(・ω・)bグッ

初老の歴史教師バーバラ (J・デンチ) が勤務するロンドン郊外の中学校に赴任してきた美術教師シーバ (C・ブランシェット)。 彼女に魅力を感じたバーバラはその思いを日記に綴り、何とか彼女と交友関係を持とうとする。

バーバラは厳格で不寛容、辛辣な性格であるがゆえ周囲の教師仲間から浮いた存在。
そんな時、バーバラはシーバが15歳の男子生徒と密会をしているところを目撃してしまいます・・・。


この演技派女優2人の共演だから、もう演技しているという事を感じさせない緊張感のある一作でしたねぇ。
主にバーバラの視点から描かれてる物語でしたが、映画を面白くするのも描き方次第ってなモンです。

見てはイケない部分を覗き見する感覚、それによって成り立つ人間関係とその思惑。
ひとりの女性の視点によって、ここまでサスペンスフルに映画を作れるのも面白いもんです。

最初のうちはバーバラはひょっとして同性愛者? とも思うところでしたが、実際は友人を求めているんですよね〜。 しかしその交友関係はバーバラの "支配" によって成り立つ関係。 これでは真の友人は出来るはずがない。 しかし哀しいかな、バーバラの持ち前の性格は "それのみ" の関係でしか成立できないと言うキャラクター。

バーバラの "孤独" が痛切ですが、男である自分から観た本作は、驚きと刺激的なショックの入り混じった新しい感覚でした。 男子生徒の気持ちも分かる、シーバの夫 (B・ナイ) の気持ちも理解できる・・・。
しかしこのバーバラの屈折した感情と、シーバの行動は刺激的なショックです。

首尾よくシーバを自宅に囲ったのはいいが、日記を読まれバーバラの思惑が露見する部分などはブラックユーモアですね。 懲りないラストもブラック的で自分好みでした。(・ω・)bグッ

ジュディ・デンチの入浴シーンケイト・ブランシェットの放尿シーンなどなど、全編に漂う底意地の悪さを楽しんでる作り手の感覚が見え隠れしますねぇ〜。 原作も読んでみたい気になります。

           http://www.geocities.jp/jkz203/blog9/notes2.jpg

  • 顔アイコン

    >yaskazさん。やっぱ演技してることさえ忘れますね、この2人は。
    あはは、ケイトさんのシーンはちょっと面白いカットでしたよ〜。(・ω・)bグッ
    おッ、旅行にお出かけですか?( ̄∀ ̄*)

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 6:58

  • 顔アイコン

    >おまけさん。チョット興味ある内容でしょ。( ̄∀ ̄*)
    この2人の演技は凄いですよ〜、ぜひご覧下さい!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 7:00

  • 顔アイコン

    >Choroさん。そうですね、自分はけっこうブラックユーモア的なものを感じました。
    監督の演出が、いかにもイギリスってな感覚ですかねぇ〜。( ̄∀ ̄*)
    心理描写はサスガに迫力でしたよねぇ、見応えあります。
    TBどうもです!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 7:02

  • 顔アイコン

    >る〜さん。観たかった一作でしたか〜。
    コレ面白いよ、ぜひご覧下され。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 7:03

  • 顔アイコン

    >もっさん。あっ、レンタルに走りますか?(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 7:03

  • 顔アイコン

    >らぐなっち。あの、懲りないラストが皮肉でブラックですなァ。( ̄∀ ̄*)
    さすがの演技でした、いやホンマ見応えあります。
    TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 7:04

  • 顔アイコン

    おお、深い視点でご覧になっていますね〜。 さすがです!
    バーバラの痛々しさが印象深い一作でありました。 それとあとは、放尿も。。
    (´д`;;)ウワァァァァ... TBさせてください〜〜。。

    サムソン

    2008/3/8(土) 午後 9:50

  • 顔アイコン

    >サムソンさん。おぉ〜〜、放尿で感激ですかァ〜〜〜。v( ̄Д ̄)v
    いやいや、痛々しい一作でしたなぁ。
    TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/8(土) 午後 11:58

  • 顔アイコン

    ついにご覧になったのですね〜。私もこれは期待以上に面白かったです。そういえばブラックユーモア的な要素もありますね。私は、ジュディ・ディンチがおめかしするシーンがおかしかったです。笑っちゃいました。少年が私はいまいちでした。。。〈私なら惹かれないタイプ)

    [ mih**obu200* ]

    2008/3/9(日) 午前 0:57

  • 顔アイコン

    >Juneさん。そうですね、期待以上に興味深い一作でもありました。
    これはもうブラックユーモアな感覚で観ちゃったんですよ、自分。
    所々にその感覚が出てますよね。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/9(日) 午前 1:09

  • 顔アイコン

    いやぁ〜〜ほんと怖かったですよね〜ジュディの入浴。。って違うか^^でもこの2人の熱演には鬼気迫るものを感じましたよね〜。ブラックな要素たっぷりで・・ずっとドキドキして観てました^^
    TBさせて下さいね〜

    SHIGE

    2008/3/9(日) 午前 8:40

  • 顔アイコン

    >SHIGEさん。あはは、いやいや、ホンマ怖いですよ、入浴シーン。(^o^;
    演技の方は言う事なしですねぇ、これは。 ブラックな感覚が漂ってました。
    TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/3/9(日) 午後 6:56

  • それぞれの立場や思いにどこか共感できてしまうところが、不思議なところでもありました。
    それがこの映画のうまいところなのかも・・・。(?)
    私もTBさせてくださいね〜。

    Fummy

    2008/3/10(月) 午前 0:15

  • 顔アイコン

    >Fummyさん。そうですね、どこかで共感できる部分があるんですよね、これ。
    上手い作りですね。(・ω・)bグッ TBどうもです!

    Kaz.Log

    2008/3/10(月) 午前 1:08

  • ジュディ・デンチもケイト・ブランシェットも怖かったです。
    その怖さにひき付けられて食い入るように観てしまいました。
    演技派の二人のぶつかり合いは見応えがありました。
    TBさせてくださいね。

    つらら

    2008/3/18(火) 午後 4:31

  • 顔アイコン

    >つららさん。さすがの演技でしたね、この2人は。(・ω・)bグッ
    見応えある一作でした〜、TBどうも!

    Kaz.Log

    2008/3/24(月) 午後 7:12

  • 顔アイコン

    えっ!!私、バーバラは潜在的なレズビアンだと確信しておりました(笑)ちがったのかあ・・・。

    [ - ]

    2008/4/5(土) 午後 4:55

  • 顔アイコン

    >髭ダルマさん。いやぁ、そうとらえても良いと思います。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/4/5(土) 午後 6:50

  • ほんとラストも良かったですね!
    2人の演技も迫力がありました〜
    ビルさんもいい配役でよかったですね♪
    TBさせてね☆

    ゴルバチョフ剛

    2009/7/8(水) 午前 3:18

  • 顔アイコン

    >演技合戦ですな、まさに。(・ω・)bグッ
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2009/7/13(月) 午後 7:59

開くトラックバック(14)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事