ここから本文です
CINEmaCITTA'
インスタでチラホラやってます。

書庫全体表示

ダークナイト

イメージ 1

異形のダークヒーロー 『ダークナイト』 2008

【ダークナイト】 THE DARK KNIGHT 2008

監督・製作・脚本 クリストファー・ノーラン 製作 チャールズ・ローヴェン / エマ・トーマス
脚本 ジョナサン・ノーラン        音楽 ハンス・ジマー / ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 クリスチャン・ベイル / ヒース・レジャー / マイケル・ケイン / ゲイリー・オールドマン
    アーロン・エッカート / モーガン・フリーマン / マギー・ギレンホール / エリック・ロバーツ
    キリアン・マーフィ / ウィリアム・フィクトナー ほか

個人的に、先行上映で観たいと思う映画はそうザラにあるもんじゃないんですが、今回のバットマンはぜひ一刻も早く観たいと思いまして鑑賞して来ました〜。

クリストファー・ノーラン監督『バットマン ビギンズ』 ('05) に引き続き、新たな世界観で創造して作りあげたヒーロー "バットマン" の続編ですね〜。 今回の脚本は共同執筆に、『プレステージ』 ('06) で組んだ弟のジョナサン・ノーランが加わっての一作。

前作のラストでの予告どおり、今回のバットマンの敵は、あの "ジョーカー"。
今年1月に急逝したヒース・レジャーが、圧倒的な存在感で怪演を見せるジョーカー役です。




前作からのお馴染みの登場人物、執事アレフレッド (M・ケイン)、ゴードン警部補 (G・オールドマン)、ルーシャス (M・フリーマン) らに加えて、今回は ホワイトナイト "光の騎士" と呼ばれるハービー・デント検事 (アーロン・エッカート) が登場。 ゴッサムシティの悪と戦う正義感溢れる信念の検事役です。

このデント検事、ブルース・ウェイン = バットマンが熱い想いを寄せるレイチェル (M・ギレンホール) と恋仲になりつつあります・・・。 ここへ "純粋な悪" ジョーカーが、自らの "悪の哲学" をもってして軋みを入れる事になるんですねぇ。

バットマン = 暗黒の騎士、デント検事 = 光の騎士、そしてジョーカー。
この3者の絡みを融合させたヒーロー哲学は深いですね。 脚本が素晴らしい出来です。

モラルを見失った人々、モラルを保ち続けようと苦悩するバットマン。
モラルなど存在しない異形の悪ジョーカー。 
このジョーカーがもたらす混乱は、まさにカオスと呼ぶにふさわしい。

ジャック・ニコルソンが演じたジョーカーは、まさに道化師的な感覚でした。
あの存在も圧倒的に映画を面白くさせた存在ですが、このヒース・レジャーが演じるジョーカーはそれとは異なり、生臭い邪悪さで観る側を凍りつかせます。 追悼的な感覚で賛辞を述べる事は得意じゃありませんが、素直に言っても、このジョーカー役は映画史に残る悪役ですね、きっと。 凄い迫力でした。




今回のバットマンはゴッサムシティから飛び出して香港に現れます。
超ハイテクの新兵器も数々出てきますが、やはりバットポッドの疾走が鳥肌モノでしょうか。

バットモービルから飛び出したポッドバイク。
街の中を駆け抜ける疾走感はスペクタクルの極致でした。 作品全体もスペクタクル度が上がってます。

2時間半の上映ですが、冒頭のジョーカーの銀行襲撃から息もつかせぬ展開で一気に観れます。
そして映画のキーとなるのが "選択" 。 数々の選択を迫るシーンが出てきます。

ジョーカーがゴッサムの市民、バットマン、ハービーに迫る悪魔の選択。
ブルース・ウェイン = バットマンの苦悩の選択。 ハービーはコイン・トスで運任せの選択。
そしてレイチェルの選択・・・ナニゲにこの選択がドラマに深みを与えてるところでしょうか。
もう一度言いますが、哲学的な意味合いも含んだ脚本が素晴らしいです、これは深い。

スケアクロウのキリアン・マーフィと、マフィアが管理する銀行職員役のウィリアム・フィクトナーは意外とホンのちょっとの出演でした。 しかし、さらに話を面白くさせるのはトゥーフェイスの登場ですね。

『バットマン フォーエヴァー』 ('95) でトミー・リー・ジョーンズが演じた、あのトゥーフェイスとは、これまたまったく異なるキャラでしたが、こちらも面白い登場でした。

エリック・ロバーツは最初分かりませんでした〜、だって年食ってたからねぇ。 そりゃ仕方ない事だけど。


この記事に

  • 顔アイコン

    ヒースほんとに凄かった!
    脚本もホントよくできてて素晴らしい作品でしたね〜
    また観にいきたいです〜
    トラバお返しさせてくださいね♪

    じゅり

    2008/8/12(火) 午前 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    >じゅりさん。このヒースは凄かったよね。
    もう鬼気迫る迫力がありました。( ̄∀ ̄*)
    あっ、また観に行っちゃう? いやぁ〜TBどうもです!

    Kaz.Log

    2008/8/12(火) 午前 0:10

    返信する
  • 皆様のレビューが続々登場した後で、ようやく観賞して来ました。
    評判通りに素晴らしい映画でした。人の心の深淵を見せ付けられたような脚本には鳥肌ものでした。キャストは皆素晴らしい演技でしたが、ヒースのジョーカーは演技という枠を超えてしまったような人の頃を破壊するジョーカーそのものがそこにいるような恐ろしさを感じました。
    TBさせてくださいね。

    つらら

    2008/8/13(水) 午後 3:58

    返信する
  • 本当にヒース演じるジョーカーは映画史に残る悪役ですね!バットマンより完全にジョーカーのシーンばかり印象に残っちゃいました!作品としてもとても見やすく内容盛りだくさんな映画で堪能させていただきました!TBさせてください!

    MINA

    2008/8/14(木) 午前 11:55

    返信する
  • 今さらなんですけど観てきましたぁ。
    評判がいいとは思っていましたが、まさかここまでの出来とは。
    ヒースのジョーカーの迫力がもう凄まじかったですね。。。
    TBさせて下さいね!

    ゆき

    2008/8/16(土) 午前 8:19

    返信する
  • 顔アイコン

    >つららさん。キャストも、もちろんヒースの演技は素晴らしいもんがありましたね。
    でも脚本が凄いですよ、これは。(・ω・)bグッ
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2008/8/16(土) 午後 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    >MINAさん。やはりジョーカー役に尽きますね、この映画は。(・ω・)bグッ
    そそ、かなり盛りだくさんな内容でした〜。
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2008/8/16(土) 午後 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    >ゆきさん。もう皆さんの大絶賛がすごいですもんね、(・ω・)bグッ
    しかし噂に違わぬ一作でしたね〜。 TBどうも!

    Kaz.Log

    2008/8/16(土) 午後 7:09

    返信する
  • アバター

    やっと観ました!
    も〜う凄かったです!
    結構興奮と余韻が尾を引いてます。
    (*-゛-)ウーン・・可哀想
    TBさせてくださいね。

    木蓮

    2008/8/17(日) 午後 0:30

    返信する
  • 顔アイコン

    >もくれんさん。おぉ〜〜、余韻が残ってますかァ〜!
    それだけ凄い映画ですもんね。(・ω・)bグッ
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2008/8/17(日) 午後 6:49

    返信する
  • 皆さんの評判がよくて乗せられた格好にはなりましたが、劇場で観ました。しかし劇場で観れてよかった〜!って思いました。いや〜実によく出来た映画でした。異形のヒーロー、善とは?悪とは?異形になったデントが人間臭かった。異形のジョーカーを演じたヒースはホント最高の演技だったと思います。TBありがとうございました、お返しさせてくださいm(_ _)m

    [ - ]

    2008/8/18(月) 午前 5:44

    返信する
  • 顔アイコン

    やっぱり劇場鑑賞ですよね〜。(・ω・)bグッ
    キャスト、撮影、脚本、演出と、もうこれだけの才能が結集すれば言うこと無しです。
    デントの悲劇もジョーカーの狂気も、見応えアリですね。
    TBどうもです!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/8/18(月) 午後 7:34

    返信する
  • ようやく見に行きました。
    ほんと二度見ても3度見てもいい映画でしたよ。心が痛くて終盤は切なかったけどね。ヒースのことがとりあげられがちですが、私はバッドマンのことが切なくて・・・・ドラマでしたねぇ。TBありがとう。

    にげら

    2008/8/22(金) 午後 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    >にげらさん。やっぱりこういう映画は好きでしょ。(・ω・)bグッ
    そそ、あのバットマンも心が痛みますなぁ〜〜。
    手紙の一件は切ないです。 TBどうもです!

    Kaz.Log

    2008/8/22(金) 午後 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    これは無茶苦茶面白そうな映画ですね〜ヒース・レジャー出演の映画は『ブロークバック・マウンテン』しか観たことがないです。この作品では『ブロークバック』とは全く違うキャラクターのジョーカー役を演じると言うことで、観るのが楽しみになってきました。キャストを見てみると『JFK』のゲイリー・オールドマンや『ショーシャンク』のモーガン・フリーマンなど私の好きな映画俳優も出ているので、これは是非観なければならない映画になりました(^^)

    ディンドン

    2008/9/1(月) 午前 0:37

    返信する
  • 顔アイコン

    >dingdongさん。あっ、コメント見落としてました。すんません。

    そうなんですよね、このキャストも豪華すぎるぐらい豪華なんですよね〜。
    もちろん、その中でもヒース演じるジョーカーは凄すぎるぐらいの怪演でした。
    ぜひ、ご覧ください!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/9/4(木) 午後 7:20

    返信する
  • 顔アイコン

    ホント、「怪演」としか言いようのない、ヒースのジョーカー役でしたね。いやあ、凄かったです。シビれました〜
    個人的にはゲイリー・オールドマンが珍しく(?)善の側に属する役を演じていたのも興味深かったです。皆さんおっしゃるように、何度も観たくなる作品ですね。TBさせてくださいね

    ディンドン

    2009/1/29(木) 午前 1:40

    返信する
  • 顔アイコン

    >あっ、ご覧になられましたか。(・ω・)bグッ
    これは完成度の高い一作になりましたよね〜。
    ヒースのジョーカー役は、もう言う事ないです。
    ゲイリーも正義感を見せてましたね。 TBどうもです!

    Kaz.Log

    2009/1/29(木) 午後 7:03

    返信する
  • 顔アイコン

    ようやく鑑賞に漕ぎつけましたです。
    世の中が暗いせいか、ダークヒーローがよりダークになりましたね。
    TBお願いします。

    かぼちゃ

    2009/5/10(日) 午前 1:31

    返信する
  • 顔アイコン

    >かぼちゃさん。あはは、そそ、ダークヒーローがめっちゃダークに成り果てましたな〜。(/∇\)
    んん、鑑賞おめでとうございます! TBもさんきゅー!

    Kaz.Log

    2009/5/10(日) 午前 1:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(38)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事