ここから本文です

書庫全体表示

美しすぎる母

イメージ 1

息子の最初と最後の恋人は、母親か 『美しすぎる母』

【美しすぎる母】 SAVAGE GRACE 2007 スペイン / フランス /アメリカ

監督 トム・ケイリン   原作 ナタリー・ロビンズ   脚本 ハワード・A・ロッドマン
出演 ジュリアン・ムーアー / エディ・レッドメイン / スティーヴン・ディレイン / ベレン・ルエダ ほか


こちらの作品、実際に起こった事件を綴ったノンフィクションの原作 (著 ナタリー・ロビンス,
スティーヴン・M・L・アロンソン) を基に ジュリアン・ムーアー主演で描いた一作。

不幸な生い立ちゆえ、"" に執着したバーバラは、その美貌と社交性で富豪の夫を射止めます。
やがて生まれた息子アントニーは、そんな上流階級に憧れる母親のもと、屈折した感情を持つ青年へと育ちます。

ニューヨーク、パリ、カダケス、マジョルカ島、そしてロンドンと、1940年代から1970年代まで、やがて訪れる衝撃的な結末のベークランド一家 (母・息子) の出来事を描いたノンフィクションですね〜〜。




2007年のカンヌ映画祭の監督週間正式出品作でもあり、サンダンス映画祭のプレミア出品作でもあり、けっこうスキャンダラスな話題をさらった一作だと言うので観てみました。 主演がジュリアン・ムーアーってのも好みですから。( ̄∀ ̄*)

富と名声、そして裕福な伴侶を得てバーバラ (J・ムーアー) にとってはこの上ない喜び。
息子のアントニー (エディ・レッドメイン) も生まれ、何不自由ない生活なんですが・・・。
やがては夫に捨てられ、息子を連れて各地を点々とする生活。
その行く末、バーバラは息子アントニーに・・・衝撃的な結末を迎えるわけなんですが。

何よりスキャンダラスなのが、この親子関係。
越えてはならない一線を越えてるワケなんですよ、えぇ。 いわゆる近親相姦という異常な愛の形。
息子アントニーは過保護に育った少年期を過ごします。 そして彼はホモセクシャル

一種、好奇な感覚で観れた作品だったんですが ・・・ う〜ん、説明が省かれていて、どーしてそうなるん?
そんな感じですかねぇ。

息子アントニーがどうしてそこまで屈折してしまったのか?
そのあたりの心理的な描きが個人的には不足だったような気がします〜。
まぁ母親バーバラの性格からすると、アントニーがそうなるのもやむ得ないところも察しはつくのですが。

父親のブルックスだけは、そんな息子の "恐さ" を感じ取っていたようで、その部分の確執や葛藤も不足気味だったような気もします。

まぁ〜、スキャンダラスな事件と言えば、そう言えるんですがね。
ジュリアン・ムーアーエディ・レッドメインの、ある意味 変質的な演技は観て良かったと思います。

一種の "ダルさ" を感じさせる映画の雰囲気も嫌いじゃありませんね。


  • 顔アイコン

    >もくれんさん。あっ、女性の方でも男性でも、ジュリアン・ムーアーが苦手って方、居ますよね。
    このテーマは興味深いですよ〜。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/11/3(月) 午後 6:51

  • 顔アイコン

    >honeyさん。そうですかぁ〜、じゃ今度ひとりの時にでも借りてくださいね〜。
    正解DVDはなんだったのかなぁ〜〜?(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/11/3(月) 午後 6:53

  • 近親相姦にホモ^^;? 凄そう・・。
    説明不足なのね、でも変質的ってちょっと興味わくね。
    ちょっとみたい気もするなぁ。

    LAGUNA

    2008/11/3(月) 午後 9:18

  • kazさん(^-^)
    「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」ですの*
    大的にはどちらも正解ではないんでしょうがf^_^;

    [ honey_pie ]

    2008/11/3(月) 午後 10:04

  • 顔アイコン

    変質的な演技か〜観たいな〜。劇場公開の時に評論家得点が低かったんでスルーしちゃったんですよね。うん、こういう役ジュリアン・ムーアが嵌り役っぽいですよね。

    SHIGE

    2008/11/3(月) 午後 10:56

  • 顔アイコン

    ノンフィクションですか^^;
    私は息子2人いるから観たらちょっと複雑な気持ちになりそうです

    タイトルの響きはいいですね〜♪

    [ miu ]

    2008/11/3(月) 午後 11:19

  • 顔アイコン

    >らぐなっち。あはは〜〜、やっぱそこに食いつきましたね!(・ω・)bグッ
    う〜ん、映画化になると、やっぱこういう描き方になるのかなァ?
    好みはあるけど、嫌いじゃないです、自分は。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/11/3(月) 午後 11:30

  • 顔アイコン

    >honeyさん。おぉ〜〜、その映画でしたか。(・ω・)bグッ
    あはは、OKです!

    Kaz.Log

    2008/11/3(月) 午後 11:31

  • 顔アイコン

    >SHIGEさん。ちょっとエキセントリックな演技と言った方がいいかなァ〜?
    これ評価は低いけど、個人的にはOKでした。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/11/3(月) 午後 11:32

  • 顔アイコン

    >miuさん。タイトルだけで観たら後悔するかもよ?( ̄∀ ̄*)
    そそ、子供さんが居る方は、ちょっと複雑な感じかな?

    Kaz.Log

    2008/11/3(月) 午後 11:33

  • 顔アイコン

    「グッドシェパード」とTV版「エリザベス1世」と「ブーリン家の姉妹」のエディ・レッドメイン君を見たら、ちょっとこの作品にも興味がわきました、どんな風に演じているのだろう・・・コスチューム劇はあっている気がするんだけれど、線の細い現代の男の子モノはどうなんだろう。。。快か不快か確かめたいです。

    オネム

    2008/11/4(火) 午前 1:50

  • 顔アイコン

    >オネムさん。あっ、『ブーリン〜』にも出てましたか!?
    う〜〜ん、そうですね、確かに雰囲気は満ち溢れてますよ、この方。
    好みの分かれる役どころだろうけど、個人的にはOKです。(・ω・)bグッ
    機会があったらぜひ。

    Kaz.Log

    2008/11/4(火) 午前 1:55

  • 顔アイコン

    う〜〜ん、実話だけに内容をきくと、スキャンダラスですよねぇ。
    ある意味、醜い見たくない場面もありそう・・・いや、やっぱ人事だから見たいかな?要ちぇっく〜〜ですねっ!!

    にげら

    2008/11/4(火) 午後 11:08

  • アバター

    近親相姦モノは苦手なのでパスしたのですが、やっぱりドロドロなんですね〜WOWOWとかでやって機会があったら見てみようかな。
    この男の子は「ブーリン家〜」に出てましたね。個性的な雰囲気なのでこれから活躍しそうですね〜

    choro

    2008/11/7(金) 午前 7:18

  • 顔アイコン

    >にげらさん。実話だけに興味ソソるでしょ。(・ω・)bグッ
    でもスキャンダラスですなぁ、やっぱ。

    Kaz.Log

    2008/11/10(月) 午後 7:17

  • 顔アイコン

    >Choroさん。この男優さんも、いま活躍中なんですね〜〜。
    機会があれば一度ご覧ください、興味深い話ではあります。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2008/11/10(月) 午後 7:18

  • 顔アイコン

    いや〜〜、これはアブない作品でしたね〜〜。 たしかに、説明不足で判りづらいところもありましたが、んん〜〜、ジュリアーノーの魅惑が勝っちゃった感じですかね〜。 いや〜。
    んん、、 変質者が変質的な演技を見たよトラバ、お願いします!
    (・・・誰が変質者や!) (σ・∀・)σ

    サムソン

    2009/7/29(水) 午後 11:33

  • 顔アイコン

    >サムソンさん。おぉ〜〜ついに認めましたね、ご自分で。(・ω・)bグッ
    いやいや、これで変質者仲間が増えました〜。(ダレが変質者やねん!)(*`◇´*)/
    うんうん、判りづらいところも、それはそれで雰囲気があってOKです!
    変質TBどうも!(σ・∀・)σ

    Kaz.Log

    2009/7/29(水) 午後 11:37

  • 顔アイコン

    お、ジュリアン・ムーアは好みでしたかw
    この映画の彼女をなかなかエロいという人もいますね。
    なかなかおもしろかったです。確かに饒舌な説明はないタイプの映画ですよね。
    しかし、アントニーの末路も怖いですよね〜。
    TBさせてくださいね。

    [ miskatonic_mgs_b ]

    2009/9/1(火) 午後 5:01

  • 顔アイコン

    >miskaさん。はいはい〜、ジュリアン・ムーアーさんはナニゲに好みです〜。(/∇\)キャ-!
    エロいですね、雰囲気が。
    こういう描きも面白いんですけどね。 いやいや、恐い映画でもありました〜。
    TBどうもです!

    Kaz.Log

    2009/9/1(火) 午後 6:56

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事