ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1



【スラムドッグ$ミリオネア】 slumdog millionaire イギリス 2008

監督 ダニー・ボイル     製作 クリスチャン・コルソン    原作 ビカス・スワラップ
脚本 サイモン・ボーフォイ  撮影 アンソニー・ドッド・マントル 音楽 A・R・ラフマーン
出演 デヴ・パテル / イルファン・カーン / マドゥル・ミッタル / アニル・カプール ほか

昨年の9月にトロント国際映画祭で脚光を浴びて以来、もう怒涛の勢いで賞レースを席巻。
先のアカデミー賞では8部門受賞という大傑作な一本になりましたよね〜。

製作当時は配給会社の不振でDVDスルーをされかねない窮地に陥ったそうですが、フォックス・サーチライト社の救いの手で公開が決定。 フタを開けてみれば、このインドを舞台にした低予算の作品は 先に書いたように世界中で大ヒットになります。 う〜ん、こういう事があるから映画って面白いですよね。

原作小説は外交官ヴィカス・スワラップが著した、【ぼくと1ルピーの神様】
『フル・モンティ』 のサイモン・ボーフォイが脚色を担当、監督はご存知ダニー・ボイル



インドのムンバイ出身の青年ジャマールと、その兄サリーム。 そしてジャマールが恋焦がれるラティカ
幼い時に親を亡くしたスラム出身の3人の物語を、ありとあらゆる要素を詰め込んで描き出してましたね。

インドでは国民的な人気TV番組の "クイズ・ミリオネア" なんですが、インドでは生放送なんですね〜。
その番組に出演して、次々と難問をクリアするジャマールなんですが、スラム出身の無学な青年が答えられるはずが無い ・・・ と司会者に不正を疑われ 最後の問題を残したところで警察に突き出されます。

どこの国でも一攫千金を夢見てるには同じだと思いますが、人口12億のインドでは格差社会のケタも大きいから こういうTV番組に夢中になるのも頷けます。 映画では警察に尋問、拷問を受けてるシーンから始まり、取調べでTV番組のシーンをなぞって行き、クイズを答えるたびに子供時代の回想シーンを交えて進行して行く構成でありました。

なぜジャマールは次々とクイズに正解できたのか?
それは、スラムで子供時代に経験した過酷な日々が知識として身に付いてたんですよ、という具合なんですが。

都合のいいシナリオやな〜〜、と思えば ホントに都合良すぎるぐらいなんですが、物語自体が普通じゃないから このシナリオは最高にハッピーな夢を見させてくれるシナリオなんだと思います。 ナニゲに、劇中で何度も使われる "運命" というのが最高のロマンスですよね。

それだけではなく、現代インド史の実情ともいえる問題の数々。
急激な経済発展、宗教問題、幼児虐待、格差社会などの社会的な側面にもスポットを当ててるし。
それだけに "ドリーム" を願う人々の ダイナミズムに溢れた想いが伝わってきます。
それは音楽にも充分感じられます、サントラも聴きものです。

ダニー・ボイル監督としては、あの 『トレインスポッティング』 的な感覚に戻ったんじゃないか?
そうも感じさせるものが見て取れたんですが、こちらはエキゾチックなダイナミズムが満載。

クライマックスの最終クイズ問題では、あの 『ロッキー』 のラストに似た感覚があったんですよ〜。
観てると自然と 『ロッキー』 のテーマソングが脳内に流れました。 …まぁ、個人的になんですが。
その "ドリーム感覚" が世界中で支持を得た ひとつの要因とも言えるんじゃないかな〜。

この主人公ジャマールの場合は、"金" 目的じゃなく、"愛・人生" のためのドリームを勝ち取った訳ですね。

警部役のイルファン・カーン以外は初めて見た俳優さんたちばかりでしたが、司会者プレーム役のアニル・カプールの、ジャマールに対する嫉妬に満ちた独善的な役どころがウケた〜。


  • 顔アイコン

    ほんとこれはオスカー納得でしたよ〜
    さすがはダニー・ボイル監督!彼らしい作品でしたよね。
    かなり楽しみにしてたんですが期待以上の作品やったです。
    出来過ぎ感が・・って意見もありますがこれは出来過ぎ感も含めてたのしんじゃう映画なんやろうと思ってます^^
    遅くなりましたがTBお返しさせてください〜

    SHIGE

    2009/4/24(金) 午前 10:12

  • 顔アイコン

    >SHIGEさん。技術的な意味でも、このオスカー受賞は頷けましたよね。(・ω・)bグッ
    カメラワークとかもイイもん。 んん、TBどうも!

    Kaz.Log

    2009/4/24(金) 午後 6:51

  • 顔アイコン

    初めまして。スラムドッグ$ミリオネア、とても良かったです。

    確かに新興国といわれながら、かえって貧富の差が拡大しているインドをエンターテイメントとして取り上げるということには違和感を覚えるとも言えるかもしれませんが、『ブラッド・ダイヤモンド』同様、エンターテイメントでありながら、問題提起をするというほうが、多くの人に伝わるような気がします。

    インド映画好きの僕としては、イルファン・カーンやアニル・カプール、そしてアミターヴ・バッチャンとのエピソードと映像が出てきて嬉しかったです。確かにインドのクイズ・ミリオネア、生放送なんですね。

    またインドに行きたくなりました。

    [ pol**olebwa*a ]

    2009/4/25(土) 午後 9:16

  • 顔アイコン

    サリームも最後の最後にジャマールとラティカのために行動してくれましたね。
    ジャマールの過去が明らかになっていくのを描写で見ていくのがかなり辛かったです。
    ラストはハッピーエンドだったので気持ちよく帰ることはできました。
    EDのダンスシーンがインド映画だなって感じちゃいましたwww

    ken

    2009/4/26(日) 午後 10:18

  • こちらもアカデミー賞受賞で話題ですよね。
    司会者役の嫉妬混じりの煽り、最高でした(笑)
    街角や職場でみんな集まってTVを観る姿は、貧困ながらにも前向きなインドを観た感じでした(^^)TBさせてくださいね。

    [ - ]

    2009/5/2(土) 午後 4:00

  • 顔アイコン

    いや〜、エネルギッシュでパワフルで、思わず興奮しちゃう映画でした〜〜。
    お祭り感覚、って感じで楽しめましたです。 オスカーらしい一作って感じでしょうか。
    んん、、 ファイナルアンサーTB、正解でお願いします! (?)

    サムソン

    2009/5/6(水) 午前 2:42

  • 顔アイコン

    >pol**olebwa*aさん。おぉ、インドに行かれてたんですね〜。
    そういう方にはタマらん映画でもあるでしょうね、これは。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2009/5/7(木) 午後 7:20

  • 顔アイコン

    >Kenさん。エンタメ映画に徹して終わりましたよね、なにげに。(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2009/5/7(木) 午後 7:21

  • 顔アイコン

    >SHIMAさん。躍動感が溢れてましたよね〜。
    これから出てくる国でしょう、インドは。(・ω・)bグッ
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2009/5/7(木) 午後 7:22

  • 顔アイコン

    >サムソンさん。ファイナルアンサーでイイんですね?
    ・・・ザンネ〜〜〜ン!(/∇\)キャ-!
    あっ、いやいや、映画はオスカー受賞に納得でしたな〜。
    んん、ファイナルアンサーTB、まいど!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2009/5/7(木) 午後 7:24

  • 顔アイコン

    思った以上によかったです
    TBしますね

    あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

    2009/5/26(火) 午後 0:33

  • 顔アイコン

    >あくびさん。それは何よりです。
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2009/5/26(火) 午後 6:55

  • 顔アイコン

    TBまいそです。

    最後の問題、答え知ってたんで、賞金ください。

    る〜

    2009/6/26(金) 午後 10:04

  • 顔アイコン

    >る〜さん。それはダメです。
    ファイナルアンサーには、もう遅い。( ̄∀ ̄*)
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2009/6/26(金) 午後 11:39

  • 顔アイコン

    すみませ〜ん。今更ですがコメントさせてください。
    インドの実情を巧みに盛り込みながら、運命のロマンスを絡めながらの夢の実現物語。
    上手い構成で楽しませてくれますよね。
    ロッキーのようにラストに向かって胸が高鳴る感じ分ります。いい作品でした。
    大変遅くなって申し訳ないですが、TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2009/6/27(土) 午前 2:40

  • 顔アイコン

    >pu-koさん。あはは、気が付きましたね。( ̄∀ ̄*)
    そうですよね、ラストへの盛り上がりは巧い作りですよね〜。
    インド事情も混ぜながらエンタメとして成立させてましたな〜。
    TBどうもです!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2009/6/27(土) 午後 6:38

  • アバター

    遅ればせながら、スラムドッグってるフランですよ〜^^;
    しかも引越準備でゴミの中での鑑賞だったし〜(≧ω≦。)
    な〜んて!とっても良かったです〜(*^^*)♡゚・。
    隊長の言う、ロッキーのような・・・ってすごくわかるぅ〜!!!
    TBありがとうでした♪簡単な記事ですがお返し〜〜♡

    フラン

    2010/6/5(土) 午後 8:55

  • 顔アイコン

    >おぉ、まさにスラムドッグ状態で鑑賞でしたか!(´▽`*)アハハ
    あはは、ちょっと分かる気がするでしょ。
    でもいい映画ですな、これは。
    んん、TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2010/6/5(土) 午後 9:59

  • 顔アイコン

    今頃になって観ました〜〜!
    かなり期待をもってたのですが、少年の人生での運命が
    あのクイズに出演する為の人生経験で「ちょっと出来すぎた人生ちゃうん?」
    って思いました。ま、それなりに楽しめたので良かったですが。

    [ 内緒 ]

    2010/7/15(木) 午後 2:29

  • 顔アイコン

    >DAIさん。いやいや、めっちゃ出来すぎですよ、これ。(´▽`*)アハハ
    でも、そういう映画みたいな人生が良いのですよ〜。
    観る側にも夢を与えるしね。(笑)

    Kaz.Log

    2010/7/15(木) 午後 6:59

開くトラックバック(23)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事