ここから本文です

書庫全体表示

キッズ・オールライト

イメージ 1



【キッズ・オールライト】 THE KIDS ARE ALL RIGHT 2010

監督・脚本:リサ・チョロデンコ  製作:ゲイリー・ギルバート 他  脚本:スチュアート・ブルムバーグ
出演:アネット・ベニング / ジュリアン・ムーアー / マーク・ラファロ / ミア・ワシコウスカ
    ジョシュ・ハッチャーソン / ヤヤ・ダコスタ 他

2010 インディペンデント・スピリット賞 :脚本賞 (スチュアート・ブルムバーグ)
2010 ゴールデングローブ :作品賞、女優賞 (コメディ/ミュージカル)


   https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e0/a7/jkz203/folder/1502344/img_1502344_55183809_0?1305307315


本作の女流監督であるリサ・チョロデンコさんは初見なんですが、ちょっと調べてみたら映画も数作撮ってるんですよね。 2002年製作の 『しあわせの法則』 ってのは、クリスチャン・ベイルにフランシス・マクドーマンド&ケイト・ベッキンセイル出演のヒューマンドラマって言うから、これまた観たくなっちゃいました。

そのリサ監督が撮った本作、昨年度の賞レースを賑わせたのも記憶に新しいところですね。


   https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e0/a7/jkz203/folder/1502344/img_1502344_55183809_1?1305307315


アネット・ベニングジュリアン・ムーアが演じるのは現代的なレズビアン・カップル。
過去に匿名で提供してもらった精子で、それぞれが妊娠して出産。

姉ジョニ (ミア・ワシコウスカ) と弟レイザー (ジョシュ・ハッチャーソン)、そして親のニック (アネット・ベニング) と ジュールス (ジュリアン・ムーアー) の家族4人で暮らしております。

弟レイザーは15歳と言う思春期真っ只中。 近頃気になるのは自分たちの "父親" の存在。
姉のジョニは、そんなこと親が喜ぶはずないと思い 父親探しに消極的ですが、やがてその父親が判明。

自家栽培の有機野菜を使ったレストランのオーナーであるポール (マーク・ラファロ) が、その父親。

気楽な独身生活を送るポールは、その姉弟と会う事をすんなり承知。
気さくなポールの人柄に姉弟は好印象を持つんですが・・・。


   https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e0/a7/jkz203/folder/1502344/img_1502344_55183809_2?1305307315


特殊な家族なんだけど、普通の家族同様にその絆は温かいものです。
そこに "放り込まれる" のが生物学的父親であるポール。

レズビアンの母親二人はタダの精子提供者の男と会うことに警戒心と不快感が露わ。(特にニックの場合)
このニックを演じるアネット・ベニングがいわゆる "タチ" ですね。
医師として家族を養ってる立派な社会人。

"ネコ" がジュリアン・ムーアー演じるジュールス。
ガーディナーとして働く計画を立ててるけど、それを快く思わないニック。
そんな特殊な家族なんだけど、いわゆる普通の家族となんら変わりは無い一家であります。

そこに絡んでくるポールの "微妙な立ち位置" が話を面白くしてるんですが、これがホントに微妙。(笑)

生物学的には父親であって丸っきりの赤の他人と言えないし。
かと言って、家族に一員とは言えない訳だし。
そんでもって、そのポールと母親ジュールスとの関係が・・・。

こういう微妙な距離感を持つそれぞれが絡み、トンデモ親子5人の狂想曲にも似た話が綴られる訳なんやけど。

まず精子バンクの提供者と連絡を取り合うことすら考えられないのですが、子供にとっちゃ出生の経緯は大事な事ですよね。 それを表面上でも理解する母親二人も、また滑稽で面白いと言うか。

でも観た人は一様に感じ取る事だと思うけど、この父親ポールの扱いはちょっとショッキングだと思いませんか?
これは自分が男性だからそう思うんでしょうか?

"家族" の絆を強調する話だけど、こういう持って行き方は結構ショッキングでしたよ。(笑)
でも、それだから面白味もあるところなんですが。

話のテンポやその会話、舞台設定なんかも、インディーズの快作っぽい雰囲気で心地よく観れました。
この感覚は、同じインディーズ作の 『サイドウェイ』 に似てるところを感じましたね〜。

息子に、『ゲイじゃないのに繊細なのね』 って投げかける母親もどうかと思うけど。(笑)

そういう特殊な家族だけど、思うところは普通の家族となんら変わりは無い。
母親二人の身勝手さや傲慢なところなんかも、やっぱり一般家庭と変わりないのですね。

それを思えば、この結末はこれはこれでOKかもね。(笑)

エンドクレジットで、『…と…に捧げる』 と出てきますが、これは監督の身近にあった話なんだろうか?

個人的にはポールのセフレ (?) を演じたヤヤ・ダコスタ (↓) の、イカしたスタイルにヤラれました〜。
すんごい頭してるけどね。(笑)

もちろんジュリアン・ムーアーアネット・ベニングのLOVE演技も良かったですよ。


   https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e0/a7/jkz203/folder/1502344/img_1502344_55183809_3?1305307315

  • どんな扱いされちゃったのかな〜
    あら〜セフレはちゃんといるのか〜(笑)
    めちゃめちゃ気になるのぉ〜(≧ω≦)

    [ 翔syow ]

    2011/5/15(日) 午前 9:49

  • 顔アイコン

    これ、すごいおもしろかったです〜

    あたしは、急いであける「箱」がつぼりますた〜

    TBおねがいします

    る〜

    2011/5/15(日) 午後 1:13

  • うー、私もこれ観たいーー!
    その‘扱い’も、すんごい気になるんですけど(笑)
    レズビアンカップルとは言っても、普遍的な家庭のテーマなんでしょうかね?観たいー!

    じゅり

    2011/5/15(日) 午後 5:02

  • 顔アイコン

    翔さん。
    あはは、けっこう男からすれば哀しい扱いです。(笑)
    そそ、セフレと言ったら語弊があるけどね。
    んん〜、気になりますか! これはお勧めですよ〜。(σ・ω・)σ

    Kaz.Log

    2011/5/15(日) 午後 7:06

  • 顔アイコン

    る〜さん。
    これツボに来るところは多いよね。(笑)
    んん、TBどうも!

    Kaz.Log

    2011/5/15(日) 午後 7:06

  • 顔アイコン

    じゅりさん。
    おぉ、これも観ておいたほうがいいよっ。(笑)
    扱いは、かなりキビシー扱いです。(´▽`*)アハハ
    そそ、普通の家族と同じなんですよ、結局。

    Kaz.Log

    2011/5/15(日) 午後 7:08

  • うんうん!スタイル抜群でしたねー♪
    あたしも順番逆でしたけど、どちらも観ました^^
    ナタリーも凄かったけど、やっぱりアネット姐さん凄かったですわー♪

    みゆぽん

    2011/5/15(日) 午後 9:24

  • アバター

    プチご無沙汰しております。^^;
    「しあわせの法則」が個人的にはいまひとつだったので心配だったのですが、これは楽しめました!(^^)
    設定は特異な感じですが、結局は普通の家庭と同じようなことが起こり、悩み、解決していく話なので共感できるところも多く面白かったです。
    いかにもアメリカ的ですよね。
    キャストも皆達者で普通の日常を描いていても飽きさせないのはさすがですね。
    TBさせてくださいね♪

    choro

    2011/5/15(日) 午後 10:49

  • 顔アイコン

    みゆぽん。
    めっちゃ抜群のスタイルだったよな〜〜!(・ω・)bグッ
    おぉ、どっちも見てますかっ。
    ん、アネット姐さんは流石の一言だったね〜。

    Kaz.Log

    2011/5/15(日) 午後 11:32

  • 顔アイコン

    Choroさん。
    あ、「しあわせの法則」はご覧でしたか。
    そそ、いかにもアメリカらしいテーマと内容ですよね。
    こういうのはアメリカでなくちゃ描きませんやん〜。
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2011/5/15(日) 午後 11:33

  • あ〜『しあわせの法則』の監督さんだったんですね〜!
    なるほど、特殊かもしれないけれど実はそれが普通の家族・・・なんですねぇ〜
    いやぁ〜、絶賛でいい評判しか聞かないのでこれはイっとかな〜と思うのですが・・・僕の住む近くでは上映してないんですよね〜
    でもブラザーズ3人が観ているしwやっぱりイっとこうかな〜^^

    映画大好き人間

    2011/5/16(月) 午後 4:24

  • 顔アイコン

    映画っち。
    自分、『しあわせの法則』は観てないから知らなかったんだけどね。
    あ、近くでの上映が無いのか〜。
    いや〜でも観て損は無いよ、これは。
    どーする? イッとく?(σ・ω・)σ

    Kaz.Log

    2011/5/16(月) 午後 7:06

  • アバター

    ウフフ・・・メンズはあの扱いがショックなのね〜
    フランはポールより?クビにされた、ガーデニングのおじさんの方が
    気の毒だったけど〜∵ゞ(≧ε≦o)
    と言うのは、いつの日かまた、ポールとは形を変えて交流できる気がするから♪
    ヤヤさん、モデルさんなんですってね〜!フランも釘づけだったわ❤
    TBお返しさせてね〜(o^−^o)

    フラン

    2011/5/18(水) 午前 0:23

  • 顔アイコン

    フラン嬢。
    いや〜、あの扱いは可哀想でしょ。(笑)
    あ、そそ、ガーディナーのおじさん、かなり気の毒だわな。
    いや〜、ヤヤさんにはヤラれましたな〜、もうスタイル抜群やしね!
    んん、TBどうも!(・ω・)bグッ

    Kaz.Log

    2011/5/18(水) 午前 0:37

  • 顔アイコン

    「しあわせの法則」の監督さんなんですね。そういわれればトーンが似ています。内容はあちらの方が私は面白かったです。でも、アネット・ベニングががんばってますよね〜。「愛する人」といい、これといい、年相応のタイプの違う女性をとても上手く演じていて、地味なのが残念だけど、近々オスカーとって欲しい。
    TBお願いします。

    オネム

    2011/5/18(水) 午後 2:24

  • 顔アイコン

    オネムさん。
    へぇ〜トーンが似てるんですかぁ、じゃ見るのが楽しみやな。
    いやいや、この映画はその地味さ加減が良いのです。(笑)
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2011/5/18(水) 午後 6:57

  • アバター

    そうそう、ポールの、赤の他人とはいえないけれど、家族の一員でもないという微妙な立ち位置がこの話のポイントですよね。
    >母親二人の身勝手さや傲慢なところなんかも、やっぱり一般家庭と変わりない
    あはは、それもそうだよねw
    TBお願いしますね〜

    megmynおまけ

    2011/5/23(月) 午前 3:51

  • 顔アイコン

    おまけさん。
    この微妙な立ち位置が面白いですよね。(笑)
    まぁ〜、どこの家庭も似たようなモンですな!
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2011/5/23(月) 午後 7:20

  • そう言えばレズの人は息子がゲイだとしたらどうしたのかなw
    いや〜しかし夫婦らしい夫婦で自然に見入っちゃいましたわ。
    ヤヤ・ダコスタさん、めっちゃ無駄のないスタイルに驚いた〜
    TBします(○´∀`○)ノ

    [ 翔syow ]

    2012/4/4(水) 午前 9:29

  • 顔アイコン

    翔さん。
    あはは、ゲイだったらどうするだろうね、ホンマ。(笑)
    いや〜、夫婦の原点ですな、まさに。
    んん、ヤヤさんに萌えましたかっ?(あ、違うか)
    TBどうも!

    Kaz.Log

    2012/4/4(水) 午後 8:00

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事