ここから本文です

書庫全体表示

クリスマスのその夜に

イメージ 1
【クリスマスのその夜に】 HJEM TIL JUL ノルウェー・ドイツ・スウェーデン 2010
監督・製作・脚本:ベント・ハーメル 原作:レヴィ・ヘンリクセン 出演:トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ / ライダル・ソーレンセン
 
 
 
 
 
・・・遅い、どう考えても時機を逸したレビューですやん。
 
と言うコトで、「一ヶ月前なら良かったのにね」 なクリスマス映画レビューでございます。
 
監督は、『キッチン・ストーリー』、『ホルテンさんのはじめての冒険』 のベント・ハーメル監督。
今回も製作・脚本をこなしておりますね〜。
 
 
 
 
クリスマス・イヴを迎えたノルウェーの小さな町を舞台に、複数の男女そして家族の悲喜交々な人間模様を並行して綴る群像劇スタイルのヒューマン・ドラマとなっております。
 
結婚生活に失敗して妻に家を追い出されたパウル (トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ) は、我が子に会いたい一心でサンタの衣装で変身して妻の居る家に潜入。
 
医師のクヌート (フリチョフ・ソーハイム) は子供の居ない家庭で妻と2人暮らし。
クリスマスの夜にも仕事が入れて、妻のグチも聞き流す始末。
往診で呼ばれた先には、コソボ出身の移民カップルの出産に立ち合わされます。
 
イヴに夜に家に帰りたいヨルダン (ライダル・ソーレンセン) は、帰郷の為の金も尽き物乞いまでする始末。
アテも無くさまよい歩いてると、あるトレーラーハウスの女性宅に辿り着きます。
 
・・・、と他にも複数の登場人物のエピソードを描きつつ。
 
 
 
 
ベント・ハーメル監督作では初めての群像劇になるんかな。
そう言うことで前作、前々作とはトーンが異なり、ちょっとR-18なシーンも描いております。
 
でもね〜、これ80分という短い時間ながら、登場人物の背景に盛り沢山な要素があるんですよ。
結婚・離婚・移民・内戦・貧困・不倫・宗教観など、よくまぁ80分の中に巧くまとめてしまったもんだと感心したよ。
 
個人的には "悲喜交々" の "悲しみ" の方が印象的です〜。
 
老夫婦のエピソードやヨルダンの過去を知った時&その結末なんか、クリスマスで浮かれてる人たちの裏には、こういう人たちも居るんだよ、という哀しみなんかもねぇ。
 
そして、チクリとしたユーモアがある不倫エピソードも監督らしくてイイですね。
クリスマスの夜に、不倫相手の妻と教会で同席するなんざ、男にとっては悪夢以外の何者でも無いもんね。
 
そしてあのラスト、希望を持った締めくくりにするところなんかもテーマに相応しいものです。
欧米ではクリスマスは家族=家で過ごすものなんですねぇ。
 
登場人物は皆、"家へ帰る" のです。
 
 

  • アバター

    これ、いいよね〜大好き!
    ラストの歌も内容と合っていていいのよね。
    監督らしいクスっとした笑いもあったしね。

    くみょん

    2013/1/26(土) 午前 0:05

  • 顔アイコン

    くみょんさん。
    あ、そうそう、エンドロールの歌も印象的やって良かったわぁ。
    ユーモアは忘れないのが、この監督ですな、いつも。
    今年のクリスマスにまた観よかな〜。

    Kaz.Log

    2013/1/26(土) 午前 0:10

  • うわーーー、これは皆さんクリスマスに観ていて羨ましかった一本。
    『ホルテンさん〜』も好きだったし、独特の雰囲気がありますよね。
    ほんと、クリスマスを浮かれて過ごせない人も大勢要いるわけで、クリスマスにこそ、世界中の哀しみにも目を向けるべきなのかもしれませんね。
    観たいですなぁ。

    pu-ko

    2013/1/26(土) 午前 0:20

  • 顔アイコン

    pu-koさん。
    ベント・ハーメル監督は独特の雰囲気ですよね。
    北欧の癒し系、とでも言うか。
    哀しみ部分が際立ったストーリーですが、そのほかのエピも良いです。
    またリリースされたら観てくださいましっ。

    Kaz.Log

    2013/1/26(土) 午前 0:49

  • アバター

    ウフフ(=^^=)あえて「一ヶ月前なら良かったのにね」なレビュー素敵!(笑)
    って、これもまた観そびれてしまってるんだなぁ・・・
    すごい評判良いよね〜 (*’▽’)
    はい。では真夏にでも「半年前なら良かったのにね」な感じで観てみます!!!

    フラン

    2013/1/26(土) 午前 11:11

  • まさしくクリスマスに観れました〜♪えがった(*´ー`*)
    そかそか、監督作の中では、初めての群像劇になるんですねぇ。
    短い上映時間だけど、ホント巧くまとめられていて、変な満腹感もなく、いい作品を観れた〜という気になりました^^
    ↑そうそう、曲も良かったですよね。鑑賞後速攻ゲットしたので、来年のじゅり部屋クリスマス特集でお届け予定です(笑)

    じゅり

    2013/1/26(土) 午後 4:22

  • 顔アイコン

    フラン嬢。
    っていうか、真夏に観るなら、あと半年待ってみない?(笑)
    こういうのは見逃したらあきまへんでぇ〜。
    あと11ヶ月待って観なさいっw

    Kaz.Log

    2013/1/26(土) 午後 7:08

  • 顔アイコン

    じゅりさん。
    おぉ、早くもあの曲をゲットしましたかっ。
    っていうか、クリスマスまで温めておくんですね〜!?(笑)
    そそ、言うようにヘンな満腹感も無く、そこが良いところだったね。
    また今年のクリスマスに観ようかな〜。

    Kaz.Log

    2013/1/26(土) 午後 7:10

  • なんか良さそうです〜
    気になって見た気になってたヤツですわ
    じゃ〜アタシはもっと中途半端な時期に観てみよぉ(意味はないけれど)(´∀`*))ァ'`,、

    [ 翔syow ]

    2013/1/28(月) 午前 9:05

  • 顔アイコン

    ラッキーなことに劇場でみさせていただきました〜

    あの曲がステキで、あたしもすぐGETでしたよ〜

    る〜

    2013/1/28(月) 午前 11:59

  • 顔アイコン

    時機を逸したレビューのこの作品〜って話を夜会後にしましたよね
    でも僕もまだ観てませんw
    「キッチン〜」「ホルテン〜」はけっこうツボに入ったんでやっぱ観たいですね
    どのエピも面白そう〜
    男にとっては悪夢以外の〜って書かれてるエピも他人事として楽しめそうですww

    SHIGE

    2013/1/28(月) 午後 0:57

  • 顔アイコン

    翔さん。
    あはは、もっと中途半端な時期に観ますかっ。
    じゃ、もう真夏の鑑賞でやってください。
    ぜひ、おひとつ。

    Kaz.Log

    2013/1/28(月) 午後 6:55

  • 顔アイコン

    る〜くん。
    おぉ、劇場で観たか。
    そそ〜、あの曲は絶妙に印象に残ったよな〜。
    楽曲自体がいいからねぃ。

    Kaz.Log

    2013/1/28(月) 午後 6:56

  • 顔アイコン

    SHIGEっち。
    「キッチン〜」、「ホルテン〜」のテイストも残してるけど、ちとトーンが違ってたねぃ。
    でも良いエピばっかですぜ。
    あの不倫エピはユーモアもあるけど、男にとっては悪夢以外の何者でもないからw

    Kaz.Log

    2013/1/28(月) 午後 6:58

  • これは劇場でみました。
    うん、群像劇でしたね。2012年の最初の頃にみたようで少しわすれてるようなとこがありますけど、最初の方のシーンにベント・ハーメルさん?と思ったけど徐々にハーメルサン世界になりました。
    ラストシーンは希望がみえてよかったわ。

    LAGUNA

    2013/1/29(火) 午前 3:37

  • 顔アイコン

    らぐなっち。
    でも所々でベント・ハーメル監督らしいユーモアもあったよね。
    ラストもそうだし。
    劇場で観ましたかぁ〜。

    Kaz.Log

    2013/1/29(火) 午後 7:00

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事