ここから本文です
Cinema Grafia
休止中。 - ブログタイトル変更 -

書庫全体表示

記事検索
検索

全566ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1
【祖谷物語 - おくのひと -】 日本 2013
監督・脚本・製作:蔦哲一朗 出演:武田梨奈 / 大西信満 / 田中泯 / 河瀬直美 ほか

オフィシャルサイト http://iyamonogatari.jp/



昨年から今年にかけて、ミニシアター系で公開されてたのを見逃してた一作。
DVDリリースとなって、ようやく鑑賞できました。

「秘境」と呼ばれる徳島県の祖谷地方を舞台にした、地元出身の新鋭監督・蔦哲一朗による一作。

この監督の姓「」と言う文字でピンっと来る方も居られるかと思いますが、かつて甲子園を大いに沸かせた池田高校の監督蔦文也を祖父に持つ青年監督なんです。






詳しいストーリーは上のリンク先オフシャルサイトや、下のYouTube動画を参考にしてもらうとして、ここでは感想のみを書かせてもらいます。

本編は169分という長編にもかかわらず、今のデジタル時代に逆らうかのように35mフィルムで撮りあげられた物語は圧巻の一語でした。

これが初の長編監督デビュー作品と言うから、これまた只事じゃないとも言えるぐらい。
監督を含め、スタッフはほぼ20代の若者ばかりだったと言うから、なんか日本映画界の未来に希望を持たせてくれるような嬉しさも感じたしね。

ストーリーテリング的にもヒューマン性と神的性が混在した展開にもなってるし、その表現もシュールレアリズムな匂いを感じさせてくれてる。しかし底辺に流れるテーマは、これ以上無いと言うぐらいの日本古来の土着性

しかし今のご時勢、いくら "秘境・祖谷" と言えども、徳島県は光ブロードバンド環境の敷設率が90%近く。全国トップのIT環境を持ってます。全県下を網羅してるので、山奥でもフツーにWi-Fiが飛んでるんですよね。

そこへ持ってきて、水道もガスも電気も通ってない山奥の一軒家で暮らす主人公2人という設定が面白い。監督のノスタルジックな想いを反映させてますよね。

あくまで個人的な見解ですけど、本編鑑賞中は飽きることなく観終えました。
長編デビュー作だけに、ちょっとした荒削りな部分も楽しめた、と言うコトもあり。

もちろん、一年をかけて撮った祖谷の風景が素晴らしいのは言うまでもなし。

監督の狙い(表現したかった)でもある、祖谷という地に宿る "何か" を感じ取れる作品に仕上がってると思いますよ。たぶん、デビュー作にして監督自身のベスト作品になるかも・・・、それぐらい渾身の一作だと思います。

だって自主制作映画でこの長編を撮れるなんて、そりゃ凄いとしか言いようが無いです。
個人的にも、今年のベスト5に入るぐらいの一本になりました。

主演は、頭突き瓦割りCMで話題を集めた武田梨奈
コメディ映画が多い彼女の出演作としては、演技派への転身にもなる一作なんじゃないですか、この演技は。





祖谷の蔓橋

イメージ 1



こちら "日本3大奇矯" のひとつ 祖谷のかずら橋。

平安時代末期、讃岐の国 屋島の合戦で源氏に敗れた平家方は、落人となって阿波の国祖谷地方に辿り着きます。

その地に居を構えた平家の落人たちの知恵で架けられたのが、このかずら橋

追っ手が来たときには、すぐ橋を切り落とすように作りあげられたんですよね。

っと、そんなヘタな講釈は置いといて・・・。




かずら橋の詳細は、こちらでどうぞ。→ 阿波ナビ

でも晴天だったから良かった〜、今まで何度か訪れたけど、一番良い天気に恵まれたわ。






橋を渡るときはサンダル履きはやめておきましょうね。




渡ってる最中、ずっとビデオ撮りしてた方も居るようですがw





渡り終えたら、すぐ近くに琵琶の滝

マイナスイオンが、さらにパワーアップでした。





イメージ 1
祖谷渓谷


今週末からシルバーウィークだと言うのに、早々にバカンスを取って出かけておりました。

徳島県の西部、日本3大秘境のひとつである祖谷でのお泊りバカンスです。

ここには幾度となく訪れてますが、3年ぶりにお目当ての旅館で宿泊する事が目的のひとつでございました。





全室に個室露天風呂(あ、半露天風呂か)を完備したお宿、祖谷美人さん。

今回は夕食メニューに、阿波牛サイコロステーキをプラスして、囲炉裏の個室で満腹メニューをマンキツ。




地元の食材を使った郷土料理のメニューなんですが、どれも美味しかった。

肉も柔らかくて言うコトないのはモチロンだけど、串に刺して焼いたあめごの塩焼き(↑)が美味かったな〜。




部屋から見た風景は、こんな感じ。

夜になると、聞こえる音は渓谷のせせらぎだけと言う、超ー落ち着いた環境です。




チェックアウト後は、狸の居るテラスでコーヒーのサービスがございました〜。

そして、ここから車で約10分程度の場所にある "祖谷のかずら橋" に直行。

その写真はInstagramでもポストしてるけど、またこっちでも紹介がてらアップさせてもらいます〜。

よろしくっ。


【SLALOM スラローム】 1965 イタリア




日テレが月曜深夜に放送してるバラエティ番組「月曜から夜ふかし」の冒頭のテーマ曲に使われてるのが、これ。

自分が毎週観てる数少ないテレビ番組のうちのひとつなんですけど、マツコと村上君の絡みが面白いですね〜。 取り上げるテーマも、茶化した感覚で皮肉っぽくて面白いんですけど。


ま、ほんでずっと気になってたテーマ曲だったんですけど、この間番組内で紹介されてたので観た方ならご存知だろうと思います。

これ1965年のイタリア映画で、主演にダニエラ・ビアンキ(「007/ロシアより愛をこめて」)が出演してるスパイ映画のようです。

「・・・ようです。」、と言うのも観てないから分からないワケでしてw


イメージ 1



それより驚いたのが、この主題曲の作曲は、なんとあのエンニオ・モリコーネさんじゃありませんかっ。

まぁ、イタリア映画だから当たり前っちゃ〜当たり前かっ、な話ですけど。

でも聴けば聴くほど、お洒落なサウンドやと思いますよ。

モリコーネは、「やっぱり巨匠やったっ」ちゅ〜話ですわぁ。

徳島市阿波踊り2015

イメージ 1



閉幕してから1週間も経っちゃいましたが、遅ればせながら写真をば。

今年は多く撮ってないので投稿をやめようかな〜?とも思いましたが。

まぁ阿波踊りフォトは毎年アップしてるから、ちと・・・。



午後6時、開始直前の藍場浜演舞場


新町橋無料演舞場にて



しんまちボードウォークの踊り広場



両国本町の様子






今年は猛暑続きで、そうとうハードな阿波踊りを覚悟してましたが、なんと当日になって気温が下がり、開催期間の4日間 (8/12〜15) は平年より涼しい感じでした。


でもやっぱり、まだまだ残暑が厳しいですな。


現在、立て込んでて前の投稿へのコメ返しも出来てませんが、どうかひとつご勘弁を。


全566ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事