ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
【バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)】
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) アメリカ 2014

監督・脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン / エドワード・ノートン / エマ・ストーン / ナオミ・ワッツ
   ザック・ガリキフィナーキス / エイミー・ライアン/ アンドレア・ライズブロー
(87回アカデミー賞 作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞)







アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品は、長編第1作目の『アモーレス・ペロス』から『21グラム』、『バベル』、『BIUTIFUL ビューティフル』と、ナニゲに全て観ておりました。

そう言うことで、本作もちょっとしたシリアスものかな?・・・と思っておったら、おぉ〜コメディじゃありませんかっ。

かつてヒーローもので一世を風靡した俳優が、その後は泣かず飛ばずで今は公私共にどん底状態。再起を図るため自らの製作で演出・主演も兼ねた舞台でブロードウェイに打って出る・・・というお話。

もうご存知のように、タイトルの「バードマン」に被る本作の主演はマイケル・キートン
ティム・バートン監督の『バットマン』でブルース・ウェイン=バットマンを演じた彼ですよ。

もうこれだけでも臭ってきますね。実生活と役どころが被る・・・っちゅ〜コトですよ。
『レスラー』のミッキー・ロークなんかもそうだし、こういう設定は好感触です。
本作のマイケル・キートンのみならず、売れない舞台女優レズリー役を演じてたナオミ・ワッツなんかも、ナニゲに被ってないかな〜?

で、このマイケル・キートン演じるリーガンなんですが、これがまた人間くさいシブさがあるんですよ。映画の冒頭で空中浮遊しちゃってるところなんぞは面喰らいましたが、超能力=心象シーンなんですよね、リーガンの。

ブラック・ファンタジーなシニカルコメディとでも言いましょうか。
劇中時々聞こえてくるバードマンの "声" が、リーガン本人の "叫び" と捉えて観て行くと、これはかなり痛快でオモロイ。

ピンチヒッターで登場する舞台役者マイク(エドワード・ノートン)の支離滅裂な個性とリーガンのぶつかり試合も見ものですし。リーガンの娘役サムを演じるエマ・ストーンの今風な関係もシニカルさで溢れておりますねぇ〜。

ハリウッド役者の実名を上げてコケ落とすセリフも豊富だし、ブロードウェイに進出したがる役者たちへの皮肉も満載な内容に仕上がってました。こういうのは内輪ものとしてハリウッドでは受けるでしょうね、実際。

ともかく、マイケル・キートンが白パンツいっちょでタイムズ・スクエアを歩いたり、エドワード・ノートンがおっ勃たり、コメディとしても相当でございます。

全編1カットシーンに見せる(一度切れますが)撮影技術も話題ですが、それも面白い試みでしょう。と思ったら、今回オスカー受賞した撮影賞は『ゼロ・グラビィティ』のエマニュル・ルベツキだったんですねぇ。2年連続の受賞とはたいしたもんだ。

個人的には本作を鑑賞してみて、オスカーの主演男優賞はマイケル・キートンに獲らせてあげたかったなぁ〜、って思っちゃいましたよ。





開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事