ここから本文です
Cinema Grafia
休止中。 - ブログタイトル変更 -

書庫日本映画

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1
【祖谷物語 - おくのひと -】 日本 2013
監督・脚本・製作:蔦哲一朗 出演:武田梨奈 / 大西信満 / 田中泯 / 河瀬直美 ほか

オフィシャルサイト http://iyamonogatari.jp/



昨年から今年にかけて、ミニシアター系で公開されてたのを見逃してた一作。
DVDリリースとなって、ようやく鑑賞できました。

「秘境」と呼ばれる徳島県の祖谷地方を舞台にした、地元出身の新鋭監督・蔦哲一朗による一作。

この監督の姓「」と言う文字でピンっと来る方も居られるかと思いますが、かつて甲子園を大いに沸かせた池田高校の監督蔦文也を祖父に持つ青年監督なんです。






詳しいストーリーは上のリンク先オフシャルサイトや、下のYouTube動画を参考にしてもらうとして、ここでは感想のみを書かせてもらいます。

本編は169分という長編にもかかわらず、今のデジタル時代に逆らうかのように35mフィルムで撮りあげられた物語は圧巻の一語でした。

これが初の長編監督デビュー作品と言うから、これまた只事じゃないとも言えるぐらい。
監督を含め、スタッフはほぼ20代の若者ばかりだったと言うから、なんか日本映画界の未来に希望を持たせてくれるような嬉しさも感じたしね。

ストーリーテリング的にもヒューマン性と神的性が混在した展開にもなってるし、その表現もシュールレアリズムな匂いを感じさせてくれてる。しかし底辺に流れるテーマは、これ以上無いと言うぐらいの日本古来の土着性

しかし今のご時勢、いくら "秘境・祖谷" と言えども、徳島県は光ブロードバンド環境の敷設率が90%近く。全国トップのIT環境を持ってます。全県下を網羅してるので、山奥でもフツーにWi-Fiが飛んでるんですよね。

そこへ持ってきて、水道もガスも電気も通ってない山奥の一軒家で暮らす主人公2人という設定が面白い。監督のノスタルジックな想いを反映させてますよね。

あくまで個人的な見解ですけど、本編鑑賞中は飽きることなく観終えました。
長編デビュー作だけに、ちょっとした荒削りな部分も楽しめた、と言うコトもあり。

もちろん、一年をかけて撮った祖谷の風景が素晴らしいのは言うまでもなし。

監督の狙い(表現したかった)でもある、祖谷という地に宿る "何か" を感じ取れる作品に仕上がってると思いますよ。たぶん、デビュー作にして監督自身のベスト作品になるかも・・・、それぐらい渾身の一作だと思います。

だって自主制作映画でこの長編を撮れるなんて、そりゃ凄いとしか言いようが無いです。
個人的にも、今年のベスト5に入るぐらいの一本になりました。

主演は、頭突き瓦割りCMで話題を集めた武田梨奈
コメディ映画が多い彼女の出演作としては、演技派への転身にもなる一作なんじゃないですか、この演技は。





新幹線大爆破

イメージ 1
【新幹線大爆破】 日本(東映) 1975
監督・脚本:佐藤純弥 脚本:小野竜之介 原案:加藤阿礼





今頃、「高倉健さん追悼」ってコトでもございませんが、健さん出演作品なら本作は欠かせない一作だと思っていたので、ちと・・・。

ご存知のように、当時ハリウッド映画界はパニック映画ブームでございまして、数多くのパニック映画が公開されてた時期でもありました。そこに満を持してって感じで公開された日本映画のパニック大作が本作でございました。

公開当時、これは劇場で観てるんですが、今回なんと約40年ぶりに再鑑賞しましたよっ。
いやいや〜40年ぶりって、「お前何才やねんっ!?」ってモンですね、はいはい。

まぁ個人的に、本作が高倉健さんの数多くの映画出演作品において、ちょっと重要な作品になることからも、やっぱり健さんを偲ぶうえにおいては外せない一作だと思うワケです。

この前年、1974年製作の『ザ・ヤクザ』に続いての出演作となりますが、本作後に 『君よ憤怒の河を渉れ(76)』、『八甲田山(77)』、『幸せの黄色いハンカチ(77)』と続き、デビュー当時から続いた任侠ものから脱皮した健さんになった一作になるワケなんですよね。

だから本作はそういう意味でもターニングポイント的な一作だったと思ってます。
後の出演作は言わずとも有名なタイトルが続きますし。



新幹線ひかり号の運転手役、小林稔侍(左)、千葉真一(右)


パニック映画のお約束としましては、やっぱオールスターキャストもそのひとつ。
出演者は書ききれないので上のポスターを参照してくれたら分かると思います。

若かりし頃の小林稔侍さんや、多岐川裕美さん、岩城滉一さん、志保美悦子さんなんかも出てますが、ほとんどセリフも満足に無い役どころ。時代を感じますがな。

大スター高倉健さんは、新幹線に爆弾を仕掛け金を要求する犯人・沖田の役どころ。
東京→博多間を運行するひかり号に仕掛けられた爆弾は、時速80キロ以下になるとスイッチが入り爆発すると言うトンデモ爆弾です。

と、ここで映画好きな人なら、キアヌ・リーヴス主演の『スピード』を思い浮かべると思いますが、元のアイデアは本作が先駆けなんですよね。なんでも本作はフランスでも公開されたと言うから、もしかしてヤン・デ・ヴォン監督も観ててパクッたのかも。(笑)

そして東京・博多間を走行する間に犯人グループとの攻防戦が描かれてます。
止まる事もできない、終点で大惨事が目に見えてる、このあたりは『アンストッパブル』ですな〜。

と言えど、ミニチュア撮影の新幹線はところどころチープな感じ、ツッコミ満載の警察の捜査、乗客連中のオーバーアクトな描写、いかにも「東映」な意味不明の音楽使用などなど、結構「?」が多いものですが、全てひっくるめ最後に納得させるのは、やっぱ健さんの存在なのでしょう。

ドラマ的には結構しっかりした構成ですから150分の長さでも飽きなく観れます。
結末に近づくほどドキドキ・ハラハラも間違いなし。

安全神話が売り物の新幹線だけど、今またリメイクしても面白いかもね。
JRの全面協力として。(この作品は国鉄の協力が得られなかったから)

憎むべき犯人が健さんなので、「どうか逃げ切ってくれ!」と思わずにいられないラストは、やはりその「存在感」ですがな。



開くトラックバック(1)

イメージ 1
【愛と誠】 日本 2012
監督三池崇史 出演妻夫木聡 / 武井咲 / 斎藤工 / 大野いと / 安藤サクラ / 加藤清史郎
余貴美子 / 伊原剛志 / 市村正親 ほか
 
 
 
梶原一騎・ながやす巧による大ヒット漫画の再映画化でございます。
当時の漫画、映画&TVドラマも知ってる世代としてはやっぱり観ておくかっ、てなモンでして、かなり遅ればせながら鑑賞いたしました。
 
復活映画化は面白い企画だと思ってましたが、・・・いやぁ〜こう来ましたかぁ。
予告編で観た感じ、そのまんま。(笑)
個人的にはけっこう大笑いもあって楽しく観れましたよ。
 
60〜70年代の歌謡曲を主要演者にそれぞれ1曲歌わせながら、現代的なギャグコントのノリをふんだんに取り入れた一作でございました。
 
まぁ、この『愛と誠』のテーマは "無償の愛・純愛" ですから、ひとつ間違えればナンとも陳腐な表現になる恐れがあり、70年代当時と違って現代の映画化ではソレが致命的にもなりそうで。
 
ならいっその事、思いっきり陳腐さをカマすぐらいのこのアプローチで正解かもしれませんでしたね。 自分、監督の三池崇史さんとは同年代なので、このフィーリングは共感できると思いましたよ。
 
ブッキーの太賀誠役は、ちとワイルドさが足りなくて、やっぱ物足りない感じでしたが、観ていくうちにそれもクリアできる感覚ですね。 早乙女愛役の武井咲も同様でしたが、天然ボケの早乙女愛役を上手く演じてました。(彼女のミュージカルシーン、「あの素晴らしい愛をもう一度」は大爆笑したわ)
 
かなり気に入ったのは、岩清水弘役の斉藤工とスケバンのガムコ役の安藤サクラ
ほとんど天然ストーカー的な岩清水くん、そして貞子を思わせるガムコ(安藤サクラ)。
これは最強でしたね。(笑)
 
老け顔の怪物高校生、座王権太役の伊原剛志も最高でしたよ。
まさか「狼少年ケン」のテーマ曲を歌うとはw
 
冒頭の太賀誠の登場シーンで西條秀樹の「激しい恋」を持ってきたのは、かつて誠役を演じたヒデキへのリスペクトだったんでしょうね〜。
 
 
 
 
 
激しい恋』 妻夫木聡    『また逢う日まで』 安藤サクラ
 
狼少年ケン』 伊原剛志   『あの素晴らしい愛をもう一度』 武井咲
 
夢は夜ひらく』 大野いと  『酒と泪と男と女』 余貴美子  リンク先:YouTube

地球防衛未亡人

イメージ 1
【地球防衛未亡人】 日本 2014
監督・脚本:川崎実 出演:壇蜜 / 大野未来 / 福田佑亮 / 森次晃嗣 / 堀内正美
 
 
 
 
 
 
 
なんだかんだ言いながら本作を含め、壇蜜の主演映画3本はしっかり観てる自分ですが。
今回の出演作は壇蜜さん初の一般公開映画(前2作は成人指定)となってます。
 
監督は『いかレスラー』、『かにゴールキーパー』、『日本以外全部沈没』などの(脱力系)コメディ映画でおなじみの川崎実。 というワケで映画の中身(クオリティ)は想像が付く次第でありましたが・・・。
 
壇蜜さん演じるのは、地球防衛隊JAPのエースパイロット・ダン隊員。
ダンは元芸者で、婚約者で愛するダーリンを怪獣ベムラスに踏み殺された過去を持つ女性。
ダンは許婚の敵を取るために地球防衛隊JAPに途中入隊したというワケです。
 
その宇宙怪獣ベムラスが再度地球に舞い戻ってきたところ、ダン隊員は戦闘機で迎え撃つのですが、なぜか怪獣ベムラスにロケット弾をブチ込むたびにエクスタシーを感じてしまうトンデモ展開に・・・。
 
と、まぁ真面目にストーリーを書くほど、気負って観るような映画じゃございません。
予想はしてましたが、作品としての出来はけっこう酷い方です。
壇蜜を含め出演者の演技も相当酷いし。
 
時事ネタで社会風刺的な笑い(ハッキリ言って笑えませんけど)を入れてるのはイイのですが、モノマネ芸人の形態模写(安倍首相、石原元都知事、オバマ大統領など)の出演が更に作品の酷さを加速させてる気もするし。
 
タイトルクレジットはウルトラマンセブンのテイスト。
チープなセットと特撮は懐かしい怪獣映画を彷彿とさせます。
モロボシ ダン隊員を演じた森次晃嗣さんの出演も気が利いてる(かな?)。
 
 
・・・でも酷い。
 
 
それは事前に分っていたコトなんだけど、まぁここまで酷いと逆に観て良かったって気にもなってきますがな。
 
壇蜜さんだから一応エロスも入ってますが、おっぱい見せない、お尻も見せない。
終盤、戦闘中にダンスを踊る壇蜜の、腰(お腹)のクローズアップシーンが妙〜にマニア的。
あれが唯一のエロス(マニア向け)だったかもしれない。
 
・・・っていうか、ダーリンと結婚してなかったんだから未亡人じゃないと思うけどw
 
 
 

 
コンスタントに観てるんですけどね、映画は。
と言ってもDVD鑑賞が主でして、劇場鑑賞はちと時間の都合やらで遠ざかっております。
 
と言うコトで、邦画をまとめて4本、簡単にひとくち感想で・・・。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
【さよなら渓谷】 日本 2013年 監督:大森立嗣
 
設定が興味深く、話としてどう成立(納得)させてくれるのかがポイントでした。
ある程度は納得できました。もっと情念を見せてくれても良かったかな。
真紀よう子、グッジョブ。
 
   
 
 
 
【R100】 日本 2013年 監督:松本人志
 
冒頭、大森南朋に回し蹴りをくらわす富永愛。スタイリッシュな出だしで期待は持てた
・・・が、後半から方向性が、いつもの松本映画で終わってしまった。
たぶん批判承知の作りだと思うけど、こういう映画作りをする松っちゃんこそドMそのもの。
 
   
 
 
 
【共喰い】 日本 2013年 監督:青山真治
 
第146回芥川龍之介賞受賞の短編小説の映画化で、原作者の田中慎弥氏の強烈な個性に興味を持っていたので観るのを楽しみにしてました。
抗いがたい "性癖" を、これだけ真正面から見せてくれるのも嬉しい。
昭和が終わった、あの年を思い出させてくれました。
 
補足・父親役光石研の "おっ勃ったチ○コ" が超印象的。
 
   
 
 
 
【地獄でなぜ悪い】 日本 2013年 監督:園子温
 
トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門の観客賞受賞作。
もう最初から最後までふざっけっぱなしの任侠アクション・コメディ。
クライマックスの大立ち回りは、個人的にはタランティーノを上回ってると思う。
映画愛に関しては、個人的にスピルバーグを上回ってると思う。(笑)
 
「全力歯ぎしりレッツ・ゴ〜♪」
 
   
   
 
 
 
 
と言う事で書きそびれてる洋画も、またまとめて記録しておきます。・・・そのうち。

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事