全体表示

[ リスト ]

2月3日(土)
RRC1258で実家の川西市と舞鶴でIC-7100をネット経由で接続の為、川西固定でアンテナ設営と設定作業を行っていました。
まずはアンテナですが、HFは釣竿アンテナにAH-4を設置。飛びはそれなりですが、どのバンドにもチューナーボタンを押せば出れるので楽です。
チューナーのアースは10m×2本をベランダの手すりに這わせ問題無し。
設営後は早速、JM8DLF局(はこだてGT44局)と59で交信出来ました。
V・Uは第一電波のD150を設置(以前から使用していた物)
イメージ 1
ここで問題。
430で送信すると地デジ(NHK)にブロックが出たり画像が止まったりしました。アナログ時代から430でのTVIに悩まされ、地デジになれば大丈夫だろうと思っていただけにショック大。
アンテナ設置後、パソコンでルーターの設定、RRC1258の設定を行うも、PCに弱いので思うように進まず。
問題点をまとめて、作業を終了し舞鶴に戻りました。

2月10日(土)
設定の問題をOMさんにアドバイスを受け、再び川西固定へ。
TVIの件は大進無線のハイパスフィルターを設置しました。
イメージ 2
設置後、恐る恐る430で送信してみましたが、嘘のようにIが出ずビックリ。今までは5WでもTVIが出ていましたが35Wでも全く問題なし。
ただ、ご近所さんにIが出てるかどうかは未確認なので、暫くはパワーを絞って運用したいと思います。
RRC1258自体の設定もなんとか1日掛かって完了。
イメージ 3
左がIC-7100本体。右がRRC1258(本体側用)

2月11日(日)
イメージ 4
舞鶴側です。
左がIC-7100コントロール側、右がRRC1258(コントロール側用)です。
設定完了後、電源を入れると無事作動しました。
舞鶴に居ながら、U・Vでは京阪神地区の交信が聞こえて来ます ^^) 
当然、AM、FMラジオも地元の放送が聞こえて来ます。
かなり楽しいです。
遠隔で送信するには申請が必要で、暫くは受信のみで楽しみたいと思います。
しかし、アパマンの無線家にはぴったりの製品だと思います。ネット環境さえあればどこでも繋げられます(聞いた話では、3時間以内に無線機本体側に行ける距離でないといけないらしい)
今回、RRC1258を使用しているOMさんが身近に居られたので、導入する事が出来ましたが単独では最後の詰めの部分が厳しかったと思います。
今後、申請が下りれば実際の交信についてもレポートしたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事