気ままに、沖縄ブログ!

子育て、遊び、休日、子供の不同視治療、言葉、沖縄のこと + α !

全体表示

[ リスト ]

沖縄産業の恩人

 
今日は、学校の教科書には載っていない沖縄の偉人を紹介します。

スーパーに行くと、スゴイ数の商品があります。
その中には「沖縄県産品」も年々増えてきています。
今回紹介する偉人は、沖縄県産品の生みの親」といっても過言ではない方です!

その方の名前は、サムエル・C・オグレスビー(1911-1966)さんです。
 
細かい説明は、下記ホームページに書かれていますので、
関心のある方はご覧下さい。
 
オグレスビーさんは、第二次世界大戦で焼け野原になった
沖縄に米国民政府(米国軍が沖縄に設置した統治機関)の
職員として赴任して、沖縄の良き理解者として沖縄の経済、
特に「ものづくり」の振興に献身的に尽くされました。
 
沖縄の製糖、味噌醤油、食油、ビール、セメント、鉄筋、
菓子類に至る製造業の90%はオグレスビーさんの支援や
指導を受けたといわれています。
 
沖縄を愛したオグレスビーさんは、生前
「自分が死んだら沖縄に埋葬してほしい」
と遺言を残し、遺体は那覇市泊の国際墓地に埋葬されています。
 
以後、命日(12月20日)には、オグレスビーさんにお世話になった
「ものづくり産業」の方々が集い追悼式が毎年行われています。
 
死後、46年たっても「沖縄産業の恩人」として語り継がれ・人が集う
オグレスビーさん。スゴイ人ですね。
小生も人の役に立つ生き方を少しでも見習いたいと思います。
 
イメージ 1
オグレスビーさんのお墓がある那覇市泊国際墓地
 
イメージ 2
オグレスビーさんのお墓

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事