とりあえず自作から

双眼鏡、リフォーム、オーディオ

TOA F-240W 改造

少し広い部屋用に14㎝WFを使ったSPを作った。

箱とTWはTOAの極古F-240W流用。
箱は発砲樹脂12L位で軽い、TWは金属ドーム。
WFはalpine DLX-F17W(17㎝サイズ)の振動板を14㎝サイズまで小さく改造したカーボン製。
今回は色々怪しげな実験をした結果をもとに振動板をカーボン2枚接着で作ってみた、又サラウンド幅を少し狭くした、単体foは28Hz、振動系質量は14g位、Xmaxは±5mm位。
WFとTWが離れすぎていて具合良くないが我慢。
外観は以下。

イメージ 1

TWは流用、片方がfo近辺で少々変、我慢してそのまま使う、以下はその特性。
分解して調べてみたが原因分からず、fo近辺の事なので振動板のフレームへの接着上の問題か?
あまりいじると壊すので適当な所でやめた。
2kHzでクロスするのはかなり苦しいが無理して使う、そのうちいいのが入手できたら交換か。
イメージ 2


振動板直近で測ったWFの特性は以下、分割振動周波数(約2kHz)以上を減衰させるように作ったつもり。
少し大きめの箱にしたので箱共鳴が小さい。
250、450、900Hzの凸凹は箱内共鳴、1.8kHzのピークは最低域の分割振動。
青色の線はドライブ電流の周波数特性(インピーダンス特性の逆数カーブ)。
150〜1.8kHzでドライブ電流と音圧がほぼ一致するのでここまでがピストン振動領域、WFとしてはこのエリア(2kHzまで)を使う。
150Hz以下のドライブ電流とf特の乖離も少なくしたいが大きさ重さに関係する事なので躊躇。
イメージ 7

WFの歪は以下
0,1Wでの測定なのと密閉箱なのとで、低域は非常に良い。
イメージ 3


WFのステップ応答は以下。
約2kHzのリップルが少しあるが短時間で収束し、全体に凸凹はほぼ無い、foの収束時間も1/4波長に近い数値で短い。
イメージ 4

イメージ 5


40cmで測定した総合特性は以下。

イメージ 6



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10cmスピーカ

色々問題はあるが2Lの箱に入れてみた。

実装foは60Hz近辺、歪は100Hz以上で0.3%ほど、振動系が比較的軽いので効率は良い、気になる過渡応答は未測定。
一番の問題は大振幅でのダンパの異常振動、parc audio のブログにこのことを書いてあるのに後で気が付いた。
とりあえずデスクトップ用途としては何とか使えそうなのでダンパは中断。できれば世間の良くできたやつの実力を見てみたいが簡単には入手できそうもない。
振動板の一次共振は5kHzちょうどで、深いディップが発生した、ピークはほとんどない、ただ高域は16kHzまでそこそこフラットなので少々雲り気味な感じだが、フルレンジとしても大きな違和感はない。
最近はカーボン板をダンプするのに2枚重ねの板をシリコン系の接着剤で張り付け、接着剤をダンプ材として使っているのだが、硬化に月単位の時間がかかり、性能が徐々に変わる事がわかった。最終的に最良の状態で安定すればいいのだが、その可能性はかなり低い、どうもこの方法は難しい。
少し時間を置いて、この先どうするか考える。

イメージ 1


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10僖好圈璽

磁気回路、フレーム、ダンパができた。
磁気回路はalpineDDLの改造品、フレームはダイヤトーンミッドレンジの改造品、ダンパはカーボンシート。
フレームの高さが足りないので樹脂でかさ上げ。
磁気回路は風通しを良くするために少々削った。
ダンパは適当なのがないのでカーボンで蝶ダンパにした。
カーボンは普通のダンパに比べると内部ロスが少なく、振動の減衰に時間を要するのが問題、ダンプ構造を組み込むとコンプライアンスが小さくなりがちで作るのが難しい。カーボンで作ると実質的な質量は0.3gほどで振動系質量9gに対して3%なので大きな影響はない?と考え何も対策しないで行く。ダンパ単体のコンプライアンスは目標5.4に対し完成品実測で4.7mm/NだったのでOK。
風通しは良いが、ボビンにゴミが入りやすい構造なのと耐久性が少し心配。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10cmスピーカ

とりあえず簡単なカット断面
小型SPはマグネットユニットが振動板を覆いつくすので、いい感じはしない。
小径alpineDDLネオジウム磁気回路と蝶ダンパの組み合わせで開放的な感じに。
4kHzまでは凸凹の無い特性にしたい。

目標仕様は以下
振動板径は62mm Xmax±4㎜ 単体fo40Hz 振動系質量8g

以下はカット断面
赤線はフレームとダンパ
左は上下をつなぐリブ部分
右はそれ以外
振動板、ダンパ間寸法を10㎜ほど広げたいが、・・・。


イメージ 1


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019冬

今年はまだ雪が少ない。
昨日の夜は氷点下7度で少々寒い。
イメージ 1

何度目かの穴あけ、何とか恒久対策したいが・・・。
イメージ 2

・カメムシ対策で密閉性が向上した効果で薪ストーブを使うと夜の温度上昇が21度になった、非常によろしい。2重窓にすればさらに・・・、当初は数度以下だった事を思うと隔世の感がある。
2日目になると短時間で温度が上がるところを見ると、冷え切った家を温めるのに1日かかるという事か?
北の国では一度冷えた建物を温めるのに時間がかかるので夜,人のいない仕事場も暖房し続けるという話を聞いた事がある。
・昨年末作ったコンクリートの階段が地面の凍結で持ち上がりクラックが入った、しばらく様子を見て対策を考ええる。
・今年は以前からの懸案だったロフト作りと望楼を何とかしたい、夏までにがんばろう。
・ストーブの2重断熱煙突化と少し長さを伸ばしたいのもある。
いろいろやりたい事はあるがなかなか進まない。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事