国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

ICCの機構─上訴裁判部(The Appeals Division)

以下は、国際刑事裁判所(ICC)公式サイトでの「上訴裁判部門(Appeals Division)」の説明をJNICC勝見が独自に翻訳したものを、外務省の正訳公開に伴い新たに再編成したものです。この部門に関する厳密な規定については、ローマ規程の第39条を参照してください。

上訴裁判部門(Appeals Division)の構成
上訴裁判部門には、主にリストBに属する国際人道法および人権法に関する実績を持つ判事が配属されます。(現在の人員:ウィキペディア


上訴裁判部(The Appeals Chamber)
上訴裁判部は、上訴裁判部に所属する全判事から構成されます(ローマ規程第39条2項bのi

上訴裁判部の職務
検察官または受刑者は、予審裁判部および第一審裁判部の判断について、上訴裁判部に上訴できます。

判決は、以下の理由により上訴できます。

ー蠡海の誤用による理由
∋実の誤認による理由
K[Г慮輙僂砲茲詬由
い修梁梢獲および判決の公平性または信頼性を損ねる可能性のあるあらゆる理由
(犯罪と判決の食い違いなど)

上訴裁判部はこれらの理由により、“獣如判決を覆すまたは改訂する、あるいはJ未梁莪貎該枷宿瑤魍き新たな裁判の実行(再審)を命じることができます。

上訴裁判部は、公判時に入手できなかった新たな証拠が提出され、その証拠が、ローマ規程第84条に従って上訴裁判部にとって判決を改訂または修正するのに十分な重要性を持つと判断された場合に、判決の改訂を命じることができます。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

【更新】(04.20) 追加 ─上訴裁判部所属の判事全員の顔写真をそれぞれの氏名の後に追加しました。

2006/4/21(金) 午前 1:41 etranger3_01 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事