国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

国際刑事裁判所のキルシュ裁判所長、国連総会で2回目の年次報告を発表

国際刑事裁判所(ICC)のフィリップ・キルシュ裁判所長は9日、ニューヨークの国連本部で行われた国連総会で、2005年〜2006年度におけるICCの活動に関する二回目の年次報告を行った。以下はその概要。
報告書の全概要(和訳)

報告の中でキルシュ所長は、一般への理解を広めるための啓蒙活動の重要性を強調した。
「正義が正義たる所以は、正義が行われていることを確認できることにある。ICCの存在、その役割と活動に対する理解を、(一般に)もっと広げなければならない」

“An integral part of justice is that it is seen to be done.  The ICC, its role and its activities must be understood”

またキルシュ所長は、ICCがその機能を果たすために締約国ほか関連国際機関の協力が不可欠だということを強く訴えた。
「ここ1年の経験から我々は、各国の協力を得ることがいかに重大であるかを痛感している。(中略)執行されていない逮捕状がまだまだ残っているが、当法廷には、これらの個人を逮捕・拘束する権限はない。それは、締約国およびその他関連機関の責務であり、逮捕が実現しなければ裁判は行えないのだということを理解して頂きたい」

“Our experience over the past year has reinforced the importance of cooperation to the Court (…) the Court has arrest warrants outstanding  The Court does not have the power to arrest these persons. That is the responsibility of States and other actors. Without arrests, there can be no trials”

ICCは独立機関であるため本来は国連に対する報告義務はない。ICCは2004年に独自で国連との間で地位協定を締結しているため、今回の報告はその協定に基づき行われた。前回の報告は2005年9月に行われている。

2006年10月9日付けのプレスリリースより

ICC President, Judge Philippe Kirsch, addresses United Nations General Assembly

The Hague, 9 October 2006

ICC-20061009-167-En

On 9 October 2005, the President of the International Criminal Court (ICC), Judge Philippe Kirsch presented the second annual Report of the ICC to the United Nations (UN) General Assembly. President Kirsch addressed the General Assembly about the Court activities during 2005-2006.

President Kirsch provided an update on where the Court stands today. He described current judicial proceedings as well as the Court’s activities in the field. President Kirsch underlined the importance of outreach to local populations: “An integral part of justice is that it is seen to be done. The ICC, its role and its activities must be understood”, he stated.

He also highlighted the importance of cooperation to the Court being able to carry out its functions. In particular, he mentioned that it is up to States and international organizations to arrest persons for whom warrants have been issued: “Our experience over the past year has reinforced the importance of cooperation to the Court (…) the Court has arrest warrants outstanding The Court does not have the power to arrest these persons. That is the responsibility of States and other actors. Without arrests, there can be no trials”, he stated.

The Court is independent from the UN. In accordance with the Relationship Agreement concluded between the two institutions in 2004, the Court submits an annual report of its activities to the UN. The President’s previous address to the General Assembly took place on 8 November 2005.

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事