国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

http://www.icc-cpi.int/library/cases/c0106_intro.jpg トマ・ルバンガ氏【奥】と公選弁護人のジャン・フラーム氏【手前】
(写真:ICC-CPI/Hans)

ルバンガ氏の審問結果、29日に発表

(ハーグ 24日)国際刑事裁判所(ICC-CPI)の書記局によると、コンゴ民主共和国(DRC)で児童の強制徴用などを行った罪で起訴されている武装勢力(FPLC)の元司令官、トマ・ルバンガ氏の容疑を確認する公開審問について、近く判断が下される。ICCの第一予審法廷(PTC I)は、2007年1月29日午後3時から公聴会を開きこの発表を行う予定。同法廷裁判長のクロード・ジョルダ判事(フランス選出)により、同法廷の判断の要旨が読み上げられる。この判断は2006年11月9日から28日までの期間、被害者、被疑者、検察及び弁護側同席のもと行われたルバンガ氏に対する公開審問に基づくもの。

ルバンガ氏にかけられている容疑は以下の3点。
(i) 15歳未満の児童に協力させた罪
(ii) 15最未満の児童を徴兵した罪
(iii) 15歳未満の児童を戦闘行為に利用した罪

これらの罪に対し、PTC Iが下す可能性のある判断として以下の4つが想定される。
(1)十分な証拠があるという認識のもと容疑を確定し公判に移行する。この場合、裁判所長により、公判に関する全責任を負う第一審法廷の設置が指示される。
(2)証拠が不十分であるという認識のもと容疑の確定を否認する。但し、この判断が下されたとしても、検察官は、新たな証拠に基づいて新たな公開審問の開廷を要求することが可能。
(3)審問を延期し、検察官に更なる証拠の提示又は捜査を求める。
(4)審問を延期し、検察官に容疑の変更を求める(容疑に対する証拠が別の容疑に該当すると判断された場合)
ICC-CPI(2007年1月24日付)のプレスリリースより

●原文
Decision on the Confirmation of Charges Hearing

The Hague, 24 January 2007

ICC-CPI-20072401-194-EN

Situation: Democratic Republic of the Congo
Case: Prosecutor v. Mr Thomas Lubanga Dyilo

On Monday 29 January, at 3 p.m. Pre-Trial Chamber I of the International Criminal Court will hold a public hearing in The Hague to render its decision regarding the charges presented by the Prosecutor in the case of Mr Thomas Lubanga Dyilo. 

During the hearing the presiding judge, Claude Jorda will read a summary of the Chamber’s decision. The decision will be the result of the Chamber’s deliberations after the confirmation of charges hearing held on 9 to 28 November, 2006, in the presence of the Prosecutor, the suspect and his counsel and the representatives of the victims in the case.

Mr Lubanga Dyilo was charged by the Prosecutor on the basis of individual criminal responsibility with three war crimes: (i) enlisting children under the age of fifteen, (ii) conscripting children under the age of fifteen and (iii) using children under the age of fifteen to participate actively in hostilities.

There are several possibilities as to what decision the Pre-Trial Chamber will render. The Pre-Trial Chamber can:

    * Confirm the charges for which it has found sufficient evidence in which the case will proceed to trial. Upon confirmation, the Presidency of the Court will constitute a Trial Chamber responsible for subsequent proceedings.
       
    * Refuse to confirm charges for which it has not found sufficient evidence. That decision does not prevent the Prosecutor from presenting a subsequent request for confirmation of the charges on the basis of additional evidence.
       
    * Adjourn the hearing and request the Prosecutor to provide further evidence or conduct further investigations.
       
    * Adjourn the hearing and request the Prosecutor to amend a charge if the evidence appears to establish a different crime than the one charged. 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ご指摘ありがとうございました。修正しました。

2007/1/31(水) 午後 10:04 [ hiromichit1013 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事