国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

イメージ 1AFP通信によると、中央アフリカ案件で大きな進展が見られたようです。コンゴ民主共和国の前副大統領でありコンゴ解放運動(MLC)元指導者であもるジャン=ピエール・ベンバ・ゴンボ(Jean-Pierre Bemba Gombo)被疑者(推定45歳)が24日、ブリュッセル近郊で拘束されたいうものです。ベンバ被疑者は元は反政府勢力MLCの指導者でしたが、MLCが政権党となってからは副大統領の職に就きました。詳報を伝えているICC書記局によると、同被疑者に対しては、2002年10月25日〜2003年3月15日の間に中央アフリカ領内で行ったとされる戦争犯罪と人道に対する罪の疑いで2008年5月23日、ICCにより秘密逮捕状が発行されていました。中央アフリカ案件を担当する予審裁判部第三法廷は、当該期間中、ベンバ被疑者率いるMLCがボソンゴーアおよびモングウンバ地域において文民に対しレイプや拷問を含む組織的な暴力を行った十分な証拠があるとしています。(画像出典:外務省
今回の逮捕は中央アフリカ案件では初めてのケースであり、ICCに案件を付託したアフリカの締約国の中では2カ国目の逮捕実現となります。また逮捕が実現したのはベルギー政府の協力に依るところが大きく、欧州での逮捕が実現したのもこれが初めて。ICCに対する協力姿勢を対象周辺地域以外の締約国が明確に実践した歴史的な一例といえます。
背景情報
2004年12月21日、ローマ規程の締約国である中央アフリカ政府により、事態がICCに付託される。
2007年5月22日、綿密な調査の結果、ICC検察官が中央アフリカ案件に関する捜査の開始を発表。
2008年5月23日、予審裁判部第三法廷により1通目の秘密逮捕状が発行される。
ICC書記局プレスリリース(5月24日付)より

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

【続報】(2009.01.12)─国連情報誌SUNによると、ICCの検察局は12日、正式にベンバ被疑者を起訴したとのこと。ICCでは予審裁判部により12 日から4日間、公開審問が行なわれ同被疑者に関する訴追を認めるかどうかの判断が下される模様。ただし、20日現在当局から結果の発表は行なわれていません。

■コンゴ民主共和国元副大統領を戦争犯罪で起訴:ICC(国連情報誌SUN)
http://blog.livedoor.jp/sun_news/archives/cat_27496.html

国際刑事裁判所は、中央アフリカ共和国における人道に対する罪及び戦争犯罪についてジャン=ピエール・ベンバ・ゴンボ(Jean-Pierre Bemba Gombo)コンゴ民主共和国元副大統領を起訴した。

2009/1/20(火) 午後 0:18 etranger3_01 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事