国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

スーダン・ダルフールの案件で新たに訴追を行う件について、国際刑事裁判所(ICC)のモレノオカンポ検察官は14日午後、定刻どおりに記者会見を開きました。CICC・国際NGO連合がその内容についてメディア・アドバイザリーを公開したので以下、抄訳します。また、この逮捕状請求が及ぼす影響について世界的な国際シンクタンク(International Crisis Group: ICG)が分析を行っているのでその抄訳記事も併せて掲載します。


ICC PROSECUTOR REQUESTS ARREST OF SUDANESE PRESIDENT OMAR AL-BASHIR

ICC検察官、スーダン大統領オマル・バシル氏の逮捕を請求

何が:
▼2008年7月14日、スーダン・ダルフールの案件について、国際刑事裁判所(ICC)のモレノオカンポ検察官が予審裁判部第1法廷に対し、スーダンのオマル・ハッサン・アーメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Bashir)大統領に対する逮捕状を請求した。
▼逮捕状では、過去5年にわたりダルフール地域において行われた集団殺害(ジェノサイド)、人道に対する罪、及び戦争犯罪について、バシル氏に刑事責任があり、とくに「フール人、マサリート人、ザガワ人の民族性を問題にこれらの集団の主要部分を破壊するための計画を首謀し実行に移した」(masterminded and implemented a plan to destroy in substantial part the Fur, Masalit and Zaghawa groups, on account of their ethnicity.)として10件の訴因を記載しその責任を追及した。

誰が:
・オマル・ハッサン・アーメド・バシル、現スーダン共和国大統領

何故:
・05年03月31日、国連安全保障理事会が決議1593号によりスーダン・ダルフールの案件をICCに付託され、
・05年06月06日、ICC検察官が正式に捜査の開始を宣言しており(案件は予審裁判部第1法廷が担当)、
・07年02月27日、ICC検察官は証拠を提示し両容疑者に対する召喚状の発行を要請し、
・07年05月02日、予審裁判部第1法廷が両被疑者に対する逮捕状を発行したものの、
・08年07月15日現在に至っても、スーダン政府は両被疑者の引渡しを拒否し続け、協力を拒んできたため。

今後の展開:
▼予審裁判部第1法廷は、ローマ規程第58条(仮訳)の規定に基づき、逮捕状を発行するか否かを判断する。
▼逮捕状発行の判断は、第1法廷を構成する判事3名のうち、その担当判事となる1名の判事(以下、太字にて区別)によって判断される。(2008年4月11日予審裁判部第1法廷決定事項(英文)

▼予審裁判部第1法廷の構成
 - (ガーナ)アクア・クエニェヒア、女性、裁判所第一次長
 - (ラトビア)アニタ・ウサカ、女性
  - (ブラジル)シルヴィア・スタイナー、女性

▼逮捕状発行の判断の基準となるのは以下の点である。
 - 犯罪を犯したことを疑うに足る確たる根拠
 - 被疑者の出廷を求める上で逮捕状発行が必要か否か
 - 捜査や審理に悪影響を及ぼすか否か
 - 被疑者による更なる犯罪を防ぐ必要性の有無




国際シンクタンクICGによる本件の分析と提案

世界的な紛争予防シンクタンクInternational Crisis Group(ICG)が14日に発表したステートメント"New ICC Prosecution: Opportunities and Risks for Peace in Sudan"によれば、今回の逮捕状請求は大いなる機会とリスク(big opportunities annd big risks)の両方を孕むそうです。

ステートメントの内容を大別して要約すると次の通り。機会とリスクの比率の差は歴然です。興味深いのは、もたらされる可能性のある結果について、同一の事項について相反する主張が双方に存在することです。これが、ダルフール情勢の難しさを物語っているといえるでしょう。

大いなる機会
・ICCが現職の国家首脳を裁く最初のケースである。
・ICCの信頼性を示す絶交の機会である。
・暴力停止を促進し、UNAMIDの効果的な展開を可能にするかもしれない。
南北包括和平合意(CPA)の完全な履行など和平推進の機会になる可能性がある。

大いなるリスク
・逮捕状発行の判断は数カ月を要する可能性がある。
・治安情勢が悪化する懸念がある。
・政府系の武装勢力が行動を激化する可能性がある。
・政治的解決(CPA)の道筋が絶たれる可能性がある。
・UNAMIDの効果的な展開が不可能になる。
・人道支援活動の妨げになる可能性がある。

ICGの提案
バシル大統領への逮捕状が発行される可能性は短期的には当面の間はないと考えられる。国連安保理は逮捕状発行の判断が行われる数カ月(2〜3カ月)の間に、ダルフール情勢の総点検を行い、実効的かつ目に見える進展が見られているかどうかを判断する必要がある。もしこのような進展が認められると判断されるようであれば、安保理はローマ規程第16条(捜査または訴追の延期)の規定に基づきICCによる訴追を1年の間延期することを決定する選択肢がある。

この判断は、スーダン政府の過去の非協力的な行動などを考慮の上で行うべきであるが、年次で更新が必要となるこの措置を適用すれば、スーダン政府に協力の余地を与えることができることを考慮する必要がある。

ICGとしては、いまバシル政権や反政府勢力に対する圧力を弱めるときではないと考える。しかし最も優先すべきなのは紛争に終止符を打つことであり、惨禍の渦中にあるスーダン国民をさらなる暴力がから守ることである。国際社会は、目の前に広がる機会とリスクに有効に対処する試練に直面している。 

ICG会長のコメント
ステートメントの結びで、ICGのガレス・エヴァンス(Gareth Evans)会長はこのように述べています。
「スーダンの現支配勢力は、自国民を保護する責任をまったく果たしてこなかった。安保理に求められる行動は、ICCに訴追させることがスーダン政府に暴力を止めさせ、新しいスーダンを作り上げるためにもっとも有効な措置であるか否か、あるいは、スーダン政府の初期の反応やその後の行動をモニタリングした上で、訴追を延期することこそが和平実現の近道であるか否かを判断することである」


この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

【続報1】記事本文が文字数制限に達したのでここに追加します。
(毎日)中国:「重大な関心と憂慮表明」スーダン大統領逮捕状請求http://mainichi.jp/select/world/news/20080716k0000m030063000c.html
(毎日)スーダン:ダルフール紛争 大統領がテレビ声明 ICC訴追を改めて拒否http://mainichi.jp/select/world/news/20080715dde007030037000c.html]
(朝日)スーダン大使「容疑者引き渡し応じず」 訴追申請に反発
http://www.asahi.com/international/update/0715/TKY200807150089.html

2008/7/15(火) 午後 11:45 etranger3_01 返信する

顔アイコン

【続報2】
(朝日)スーダン大統領「容疑うそ」と対決姿勢 ICC訴追申請http://www.asahi.com/international/update/0715/TKY200807150087.html
(毎日)訴追中止目指す意思表明、逮捕状請求でスーダン大使http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080715/mds0807151020002-n1.htm
(USFL)逮捕状「受け入れない」 スーダンが反発http://www.usfl.com/Daily/News/08/07/0714_015.asp?id=62193

2008/7/15(火) 午後 11:48 etranger3_01 返信する

顔アイコン

【続報3】国連本部ルートの情報。AU要員が殺害される事件が発生。

(英)Another peacekeeper from UN-African Union force in Darfur killed
http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=27391&Cr=Darfur&Cr1=

■ダルフールで国連−AU合同ミッション要員が殺害

国連−AU合同ミッション(UNAMID)の活動に従事していた平和活動要員が16日、ダルフール地域を巡回中襲撃され殺害された。

【背景】
この地域では1週間前にも5名のルワンダ人平和維持部隊兵士と2人の警察官(ガーナ人・ウガンダ人)が襲撃・殺害されたばかりで、現地では緊張が高まっています。この事件も含めまだ捜査段階で犯人は分かっていません。しかしながら意図的に計画された攻撃と考えられており、いずれかの勢力による犯行と見なされています。

国連情報誌SUNブログ http://blog.livedoor.jp/sun_news/

2008/7/17(木) 午後 3:38 etranger3_01 返信する

顔アイコン

【続報4】アラブ連盟外相会合、ICCの逮捕状請求を拒否(CRI)
http://japanese.cri.cn/151/2008/07/20/1s122354.htm

アラブ連盟外相緊急会合は19日決議を採択し、ICC・国際刑事裁判所がスーダンのバシル大統領の逮捕状を請求したことを受け入れないと発表しました。

決議は、「スーダンの主権、領土と独立が尊重されるべきだ。国際司法原則を政治化させようとするいかなる行動も拒否する。アラブ連盟はスーダンと団結して、スーダンの主権、統一と安定を損なう計画に対応する」と強調しました。決議はまた、「国際平和と安全に責任をもつよう」国連安保理に呼びかけると同時に、安保理、アフリカ連合とアラブ連盟が協力して国際会議を開き、ダルフール問題解決を推進すると提案しました。

アラブ連盟のムーサ事務局長はこの日、「アラブ連盟は国連、アフリカ連合と協力して、ICCの逮捕状請求によるスーダンの危機に対応する」と述べました。

2008/7/20(日) 午後 8:32 etranger3_01 返信する

顔アイコン

知らない情報ありがとうこざいます。集団殺害とバジル大統領、このまま不問となるのでしょうか。

2008/7/22(火) 午前 8:12 [ kabanotakara ] 返信する

顔アイコン

【続報5】AU、スーダン大統領に対する訴追の凍結を求める
http://japanese.cri.cn/151/2008/07/22/1s122516.htm

AU・アフリカ連合は21日、スーダンのバシル大統領に対する国際刑事裁判所(ICC)の訴追を凍結させるよう国連安保理に求めました。

アフリカ連合は21日、エチオピアの首都アジスアベバで平和安全理事会を開き、ナイジェリアのマドゥエケ外相は、「訴追の凍結を求めたのは、ダルフールの平和のためだ」と述べました。

またスーダンを訪問しているアラブ連盟のムーサ事務局長は、アフリカ連合のこの要求を支持する意を表しました。

これを受けて、ロシアのチュルキン国連大使は、安保理に対し、バシル大統領の訴追の凍結を考えてほしいと述べました。

2008/7/23(水) 午前 10:12 etranger3_01 返信する

顔アイコン

kabanotakaraさん、コメントありがとうございます。

ご覧のようにアラブ連盟外相会合だけでなく、国連にスーダンの治安維持を任されているUNAMIDを指揮するAUアフリカ連合までもがバシル大統領の訴追を認めない姿勢を明らかにしました。このままでは国際政治上の理由のもとに妥協的に免責が認められてしまい、国際刑事裁判所規程が原則とする上官責任の理念が損なわれてしまいます。

しかしICCは司法機関であり、各国の協定により成り立っているため国家及びその集合体の意向を無視して強制的に管轄権を行使することはできません。できるとすれば、安保理によりこれが認められた場合です。判断は安保理に委ねられました。しかし、常任理事国のロシア代表が凍結を提案している以上、安保理がICCに有利な判断を下す可能性は残念ながらなさそうす。

2008/7/23(水) 午前 10:30 etranger3_01 返信する

顔アイコン

【続報7】スーダンのバシル大統領訴追への動きにアラブ系指導者が反発(IPS)

国際刑事裁判所(ICC)は先月、ダルフール地方で犯した複数の戦争犯罪の罪で、スーダンのオマール・アル・バシル大統領を起訴すると勧告した。しかし、その後この問題をめぐり(バシル大統領と同じ)アラブ系アフリカ人の指導者からは多くの非難が噴出。これに関して、地元関係者らは政治的な動機が伺えるとの見方を示している。

(記事の続きはコチラ) http://www.news.janjan.jp/world/0808/0808174792/1.php

2008/8/18(月) 午後 0:08 etranger3_01 返信する

顔アイコン

【続報7】スーダンのバシル大統領訴追への動きにアラブ系指導者が反発(IPS)

国際刑事裁判所(ICC)は先月、ダルフール地方で犯した複数の戦争犯罪の罪で、スーダンのオマール・アル・バシル大統領を起訴すると勧告した。しかし、その後この問題をめぐり(バシル大統領と同じ)アラブ系アフリカ人の指導者からは多くの非難が噴出。これに関して、地元関係者らは政治的な動機が伺えるとの見方を示している。

記事の続きはコチラ→ http://www.news.janjan.jp/world/0808/0808174792/1.php

2008/8/18(月) 午後 0:09 etranger3_01 返信する

顔アイコン

ICC(国際刑事裁判所)は・タリバンを提訴できないんでしょうか、・・・
★ 伊藤和也さんの遺体が無言の帰国
アフガニスタンで拉致され、殺害されたNGO(=非政府組織)「ペシャワール会」職員・伊藤和也さん(31)の遺体が30日午後5時40分、中部国際空港に到着した。

逮捕された犯人はタリバンから、指令があったとの事ですが・・・どうなんでしょう?

2008/8/31(日) 午前 7:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

アフガニスタンはICCの加盟国です。したがって、ICCは管轄権を行使できますし、実は大規模犯罪についてはすでに検察局により調査が開始されています。しかし、国家間における「大規模かつ組織的な犯罪」を裁くICCにおいて、人一人の人命が失われたということは、国家の警察権の範疇で取り扱われるべき事案です。これは、ミャンマーでのジャーナリスト殺害についても同じことがいえます。

日本政府が早急に行わなければならないのは、日本人が活動する各国との犯罪人引渡し協定など、司法共助条約を結ぶことでしょう。日本はまだ、やっと韓国や中国とこれを結んだところのようです。とても足りません。世界各地で献身的に活動する日本人のNGOや民間ボランティアを守る術を、日本は確立していないんです。この整備がまず急務です。

【参考】http://blogs.yahoo.co.jp/givingtree/26994112.html

2008/8/31(日) 午前 9:00 etranger3_01 返信する

顔アイコン

早速のご返事ありがとうございます。残念ですね!
事件の詳細はともかく、大いなる志をもって海外での活動中に、タリバンの拉致および殺人事件はどうにも合点がいきません!、早急なる対策を念じて止みません。
「参考」拝見して勉強しますネ。

2008/8/31(日) 午後 5:22 [ - ] 返信する

顔アイコン

本日、鹿児島 椅子 店舗用品 事務用品 買取 ★ チェアー レザー 革 本革 黒の記事

を書いたら、貴方の記事が出てきました。

是非 当方のブログもご訪問 宜しくお願い致します。

今後供、宜しくお願いします。

2010/11/1(月) 午前 7:49 [ コロ助 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事