国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1ICC-CPI書記局の発表によると、南アフリカ選出のナヴァネセム・ピッライ(Navanethem PILLAY)判事(写真)が辞意を表明されました。ピッライ判事の辞任は、国連の潘基文事務総長により、国連人権高等弁務官への就任を正式に要請され、これを国連総会が承認したことを受けての判断でした。ピッライ判事はこの任命を受けて、今年9月1日付けで国連人権高等弁務官に就任します。前任のルイーズ・アルブール(Louise Arbour)氏が今年6月で任期終了のため、後任人事としてピッライ判事に白羽の矢が立ったということになります。

ピッライ判事は母国南アで反アパルトヘイト政策活動家の弁護などを担当し、同国で女性として初めて高裁判事も務められました。またICCの情報によれば、国連設置のルワンダ国際刑事裁判所でも8年の間判事を務められ、そのうち4年を裁判所長として務めた経歴の持ち主です。ピッライ判事は、ICCでは上訴裁判部に配属されていました。

以下は、ICCプレスリリースの要約です。

要約:ナヴァネセム・ピッライ判事が辞任

南アフリカ選出の上訴裁判部判事、ナヴァネセム・ピッライ(Navanethem PILLAY)氏は30日、8月31日をもって国際刑事裁判所(ICC)判事の職を辞する意向を同裁判所のフィリップ・キルシュ所長に伝えた。ピッライ判事は所長に宛てられた辞表に、国連の潘基文事務総長に人権高等弁務官に任命され、これが7月28日の国連総会で承認されたことを辞任の理由として示した。

ピッライ氏の辞任についてICC裁判所長会議は、裁判所におけるピッライ氏のこれまでの貢献に対する感謝の意を述べるとともに、同氏の来たるべく就任についても祝福の意を表明した。また、ただちにこの事実を締約国会議(ASP)ブルーノ・ウガルテ議長に報告した。

ピッライ氏は2003年に6年間の任期で選出されたため、同氏の残りの任期を担当する後任の判事は、ローマ規程第37条〔欠員〕の規定に基づき締約国会議によって選出されることとなる。この補欠判事選挙は2009年1月、ニューヨークの国連本部にて行われる。

原文:Resignation of Judge Navanethem Pillay

The Hague, 30 July 2008

ICC-CPI-20080730-PR344-ENG  

Judge Navanethem Pillay has resigned from the International Criminal Court (ICC) effective 31 August 2008.  In her letter tendering her resignation to the President of the ICC, Judge Philippe Kirsch, Judge Pillay indicated that her appointment by the UN Secretary-General to the position of UN High Commissioner for Human Rights was endorsed and approved by the UN General Assembly on 28 July 2008. 

The Presidency congratulated Judge Pillay on her forthcoming appointment, thanked her for her contributions to the ICC and expressed the ICC’s regret at her departure.

The Presidency informed the President of the Assembly of States Parties, H.E. Mr. Bruno Stagno Ugarte, of Judge Pillay’s resignation.  Judge Pillay was elected in 2003 for a term of six years.  In accordance with article 37 of the Rome Statute, the Assembly of States Parties will elect six new judges to fill the vacancies left by judges who were initially elected for a six-year, non-renewable term, among them Judge Pillay.  The election will take place in January 2009 in New York.

Judge Pillay has served as a Judge of the Appeals Division since 2003. Her replacement in the Appeals Division will be announced by the Presidency in due course.  
2008年7月30日付けのICC-CPIプレスリリースより

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

【続報】新任の人権高等弁務官、就任後最初のスピーチ(国連情報誌SUN)
http://blog.livedoor.jp/sun_news/archives/561453.html

新たに国連人権高等弁務官の職に就いたナバネセム・ピッライ(Navanethem Pillay)氏は8日、就任後初のスピーチを行い、虐殺を防止するために差別・不平等と戦う必要性を強調した。

【背景】
ピッライ国連人権高等弁務官は第9回人権理事会の開会にあたり、「虐殺は差別の究極の形態であり、これを防止するためにあらゆる努力をする必要がある」と強調しました。
ピッライ氏は9月1日付の現職就任まではルワンダ国際刑事裁判所(ICTR)に8年、国際刑事裁判所(ICC)に5年勤めており、戦争犯罪に長年取り組んできており、それが虐殺の防止の必要性の強調につながっているのだと思います。

2008/9/9(火) 午前 11:17 etranger3_01 返信する

顔アイコン

【続報】9月2日、ICCの裁判所長会議はピッライ判事の辞任を受けて、その後任に同裁判所予審裁判部配属のダニエル・ンセレーコ( ウガンダ選出)判事を当てることを発表しました。ンセレーコ判事は9月1日付けで上訴裁判部配属判事に就任しています。

■2008年9月2日付けICC書記局プレスリリース
http://www.icc-cpi.int/press/pressreleases/416.html

2008/10/3(金) 午後 2:56 etranger3_01 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事