国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

国際NGO連合CICCによると、国際刑事裁判所(ICC)が第63回国連総会に対し4回目となる定例年次報告を行っていたことがわかりました。この報告は国連とICCとの協定に基づいて行われるもので、総会の場において事務総長がその要約を読み上げます。

以下は、国連総会の公式文書の内容を上から順に、独自に項目別に分類してさらに要約したものです。尚、今回の報告期間は2007年7月31日〜2008年7月31日に限定されています。

訴追案件
・4つの案件を取り扱い中であり、コンゴ民主共和国、ウガンダ、ダルフール、中央アフリカの4案件について捜査を継続中である。
・コンゴのルバンガ案件については、無罪を証明する証拠となりうる証拠について、弁護側の要請を検察側が守秘義務を理由にその提出を拒否したことから、第一審裁判部第一法廷が裁判の延期とルバンガ被告の無条件釈放を言い渡している。検察側はこの判断を不服としており、裁判延期の撤回を求めており、この問題が解決するまでルバンガ被告の身柄はICCの拘置所に留められる。

捜査状況
・報告期間中、4つの逮捕状を新たに発行。
- コンゴ案件(3件)
- 中央アフリカ案件(1件)
・コンゴ案件については2名が逮捕拘束された。
- 2007年10月17日、ジェルマン・カタンガ司令官
- 2008年02月07日、マティーウ・ンゴジョロ・チュイ大佐
- 両名に対する予備審問はそれぞれ2008年6月27日と7月16日に行われ、9月26日に判断が下される見通しである。
・中央アフリカ案件については1名が逮捕拘束された。
- 2008年7月3日、ジャンピエール・ベンバ・ゴンボ前副大統領
- ベンバ被告に対する予備審問は2008年11月4日に行われる予定。
・2008年7月14日、検察局はダルフール案件について、オマル・バシル現大統領への逮捕状発行を請求。予審裁判部第一法廷は請求を現在も検討中。
・発行済みで執行されていない逮捕状は7件。これらの逮捕状の全てが前回の報告期間から丸1年間執行されておらず、ウガンダの案件は過去3年以上執行されていない。
- ウガンダ案件(4件)
- ダルフール案件(2件)
- コンゴ案件(1件)

要請事項
・裁判所には逮捕を執行する力はない、それは国家や国際機関の責任である。ICCは国家及び国連などの国際アクターとの連携を深めてきた。現場での3年に及ぶ経験と実績に基づき、国際司法における独自の手法も編み出してきた。


出典:"Report of the International Criminal Court," UNDOC_A63/323 国連総会文書(2008年8月22日付)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事