国際刑事裁判所(ICC)と日本

人間の安全保障の発展に貢献する日本と世界の道筋と行く末を見つめます。

全体表示

[ リスト ]

リヒテンシュタイン、改正ICC規程の侵略犯罪条項の最初の批准国に
特定兵器使用禁止条項〔ベルギー提案)にも批准

PGA(地球規模問題に取組む議員連盟)国際本部より以下の発表がありました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/liechtenstein/image/map.gif
2012年5月10日付けのプレスリリースによると、リヒテンシュタイン公国が8日、2010年のカンパラ再検討会議で会合参加国の総意により採択された「侵略犯罪」の定義と管轄権行使の手続きに関する改正条項の批准書を付託。121のICC締約国初の改正規程の批准国となったそうです。
2010年に採択された規定に基づき、改正規程は30ヶ国の批准を経て発効します。リヒテンシュタインの批准により、残り29ヶ国で改正ローマ規程が発効する見通しとなりました。さて、発効まで何年かかるでしょうか。
PGAはさらに、同国が非国際的武力紛争における特定兵器の使用を禁止するいわゆる「ベルギー提案」を採用した改正条項についても批准したことを歓迎しました。同国は同追加条項については、2011年に批准したサンマリノ共和国に次いで2ヶ国目の締約国となりました。

画像:リヒテンシュタイン公国(外務省)より

リヒテンシュタインが批准した主な改正条項

(第5条ほか)侵略犯罪に関する規定
  • 定義及び管轄権行使の条件
  • 管轄権行使の手続き

    • (a) 1)締約国付託及び検察官の職権による捜査の開始については、国連安全保障理事会による国家の侵略行為の認定がない場合であっても、予審裁判部門の許可がある場合には、安全保障理事会がローマ規程第16条に基づき別段の決定を行う場合を除き、管轄権の行使が開始される。
          2)安全保障理事会による付託がある場合には、それにより管轄権の行使が開始される。
    • (b)ただし、実際の管轄権の開始は、当該改正条項を30か国が批准又は受諾を行ってから1年が経過した時点、又は、2017年1月1日以降に行われる管轄権行使開始についての締約国団による別途の決定の時点、のいずれかより遅い時点となる。

(第8条)非国際的武力紛争における一定の武器の使用の犯罪化
非国際的武力紛争における戦争犯罪を定めるローマ規程第8条2(e)に、「毒物又は毒を施した兵器」、「窒息性、毒性ガス又はこれらに類するガス及びこれらと類似のすべての液体、物質又は考案物」及び「人体において容易に展開し、又は扁平となる弾丸」のそれぞれの使用を対象犯罪とする。


以下、PGAプレスリリース本文の抜粋です。

New York/The Hague, 8 May 2012

Parliamentarians welcome the First Ratification of the New System to contribute to the Prevention of the Illegal Use of Force through a permanent and independent International Criminal Court

Today the Principality of Liechtenstein deposited at the United Nations its instrument of ratification to the two Amendments to the Rome Statute of the International Criminal Court (ICC) which were adopted by consensus by the Review Conference that met in Kampala in 2010. This constitutes the first ratification of the amendment that included a definition for the Crime of Aggression and a procedure for the International Criminal Court to exercise its jurisdiction over individuals who, as leaders of States Parties, plan, prepare, initiate or execute an attack against another State Party of the ICC. Additional 29 ratifications and a vote by the Assembly of States Parties are required to allow the ICC to exercise its jurisdiction over individuals who commit this crime.

The adoption of the Kampala Amendment on the crime of aggression was a historic event and a diplomatic feat. The formula guarantees the independence of the ICC from the Security Council–which has the prerogative to take action against States that violate the prohibition of the use of force contained in the UN Charter. 

The negotiations were successful largely due to the determination and skill of the Liechtenstein Mission to the United Nations, led by Ambassador Christian Wenaweser, who served as President of the Assembly of States Parties until 2011.

PGA also welcomes the ratification of Liechtenstein of the so-called “Belgian amendment,” that gives jurisdiction to the ICC for the war crime of using certain weapons in armed conflicts not of an international character. This is the second ratification to the Belgian amendment, after San Marino in 2011.

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事