知財弁護士を目指して。

理系出身者→弁護士になろうかと。→まずは、無事卒業ね!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今年度の新司法試験の合格発表がありました。
巷では合格率の低さが話題になっており、
このことは、イコール「質」の低下であるとの論調となっているようです。
理系でもがんばれば法曹に!と期待していた私としては、
ロースクールという新制度を歓迎していたのですが、
「ロー制度(新司法試験)は質の低下になる」といわれ、
じゃ「質」ってなによ?と改めて考えてしまいます。
たしかに、「法」という知識については、
原則2年ないし3年(私の学校は4年もOK)で詰め込むわけですから、
旧司組の人たちから伺った学修時間・学修量と比べると、
圧倒的に限られているので、「法知識」については低下せざるを得ないと思います。
しかしながら、従前のように「法律」だけ何年もやってるだけだと、
多くの因子が絡み合い、刻々と変化する社会情勢に適した判断が難しくなるということから、
他分野の知識などを有する人材や社会経験豊富な人材を法曹にする、
そして、「法」にかかるレベルは一定の水準であれば、
「とりあえず」はOKとし、
その後は、他分野の知識や社会経験で「法」の不足分を担保しつつ、
CPD等で「法知識」のレベルをさらに上げるというのがロー制度、
という認識だったのですが。
そして、できなければ、市場原理で排斥されるという認識でした。
要するに、「質=法知識+α」と思っていましたが、
残念ですが、「法知識ONLY」であって、現実は違うようです。
難しい問題です。
ま、いずれにせよ、ロー制度は問題だらけなのは事実ですので、
現役のロー生としては、早急に改善してほしいです。

さて、標題についてです(オマケみたいになってしましましたが・・・)。
未修者の合格率が、20%を切るという、
私にとって空恐ろしい事態がつき進んでいます。
しかも、この数字、未修者「コース」出身の方々であって、
非法学出身のいわゆる「完全」未修者の数字ではないでしょう。
おそらく、「完全」未修者だけであったら、もっと数字は低くなると思います。
残念ですが・・・。
ましてや、社会人という仕事しながらの人の場合は、さらに低いのでは・・・。
やはり無理なのかな。
ますます新制度の理念から遠ざかっていく現実が悲しいです。

参考記事(asahi.com):
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200909210120.html

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事